【ワゴン不況でも異例人気!?】なぜ新型カローラツーリングはセダンより売れるのか

 2019年10月の日本国内における登録車販売台数1位は、カローラシリーズであった。

 カローラスポーツや継続生産されるカローラアクシオ/フィールダーを含めたシリーズ全体で1万1190台を登録している。

 カローラが販売台数No.1に躍り出るのは11年振りのことだが、実はそのなかで最も売れているのは王道のセダンではなくワゴンの「カローラツーリング」。

 近年、ワゴンの人気は低迷し、数多くの国産ワゴンが消滅するなか、なぜカローラツーリングは人気を集めているのだろうか。その背景に迫る。

文:渡辺陽一郎
写真:編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】後席はちょっと狭め!? 新型カローラツーリング


新型カローラは7割がツーリング! 「セダンよりワゴン」な理由は?

ワゴンボディの新型カローラツーリング。3ナンバー化されながらも全長4495×全幅1745×全高1460mmと適度なサイズ感に抑えられている

 カローラの商品開発担当者によると、新型になったカローラセダンとワゴンのツーリングでは、販売比率が30:70になるという。理由を尋ねると以下のように説明した。

「カローラセダンでは、営業車などに使う法人のお客様が約50%を占めています。この比率は、先代セダンのアクシオでも、3ナンバーサイズになった新型でもほとんど同じです。

 そして法人のお客様は、社内的な規定で5ナンバー車しか購入できない場合もあるため、3ナンバー車になった新型カローラセダンの売れ行きは伸び悩む傾向にあります。

 また、従来型カローラアクシオでは、お客様の平均年齢が70歳に達していました。そのために3ナンバーサイズになってディスプレイオーディオを標準装着した新型セダンは、馴染みにくい面もあるでしょう。

 それにしてもクルマの実力を考えると、もう少し売れて良いと思います」

こちらはセダンの新型カローラ。王道ともいえるモデルだが、売上比率はワゴンのツーリングを大きく下回る

 カローラが3ナンバー車になったのは確かだが、全長は4500mm以下に収まり、全幅も1745mmだから、今でもセダン&ワゴンでは小さな部類に属する。

 ノーマルエンジンのCVT(無段変速AT)仕様には、コスト低減可能な直列4気筒1.8Lを搭載して、緊急自動ブレーキ、運転支援機能、サイド&カーテンエアバッグなどを標準装着しながら、価格を割安に抑えた。

 そして、プラットフォームの刷新により、走行安定性と乗り心地を大幅に向上させている。3ナンバー車の不利をカバーすべく、工夫を凝らしたわけだ。この点を踏まえると「もう少し売れて良い」という商品開発担当者の思いも納得できる。

 理想をいえば、新型ヤリスの上級に位置する5ナンバーサイズのプラットフォームを新開発して、プレミアムなコンパクトセダン&ワゴンを目指して欲しかったが、3ナンバー車とはいえ使いやすく仕上げた。

実は競合少ない? カローラツーリング人気の背景に国産ワゴンの現状

ミドルクラスワゴンで唯一販売堅調なスバル レヴォーグ。マツダ6ワゴンはかなり大柄で、レヴォーグの下は5ナンバーのシャトルしか選択肢がないなど国産ワゴンの選択肢は意外に少ない

 セダンよりもツーリングの売れ行きが約2倍と多い背景には、国産セダンとワゴンの車種ラインナップも関係している。

 コンパクト&ミドルサイズのセダンは、インプレッサ G4、マツダ3セダン、シルフィ、グレイス、設計は古くなったがプレミオ&アリオンなども選べる。

 しかし、ワゴンは圧倒的に少ない。カローラを除くと、Lサイズのマツダ6ワゴン、ミドルサイズのレヴォーグ、コンパクトな5ナンバーサイズのシャトルだけだ。

 このうち、マツダ6はボディが大きいうえに、売れ筋価格帯も350~400万円に達する。レヴォーグも300万円以上で、今は1.6Lターボを搭載する「1.6STIスポーツアイサイト」の人気が高い。この価格は363万円だ。

 シャトルは割安で、ノーマルエンジンの「G ホンダセンシング」は180万8400円、「ハイブリッドX ホンダセンシング」でも241万8900円だが、フィットをベースに開発されたから外観のワゴンらしさが乏しい。

 後席と荷室は3ナンバーサイズのカローラツーリングよりも広いが、外観がズングリしていて、ミニバンやハイトワゴン風に見えてしまう。

 そうなるとワゴンらしい車種としては、カローラツーリングの買い得感が際立つ。1.8Lエンジンを搭載して装備も充実させながら、「S」の価格を221万6500円に抑えたからだ。

 レヴォーグで価格が最も安い「1.6GTアイサイト」と比べて70万円、フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント「1.2TSIコンフォートライン」に対しては80万円、マツダ6ワゴンにクリーンディーゼルを搭載した「XDプロアクティブ」と比較すれば130万円ほど安い。

バランスとれたカローラツーリングの注意点は?

海外仕様と差別化し、コンパクト化を図った日本仕様のカローラツーリング。そのバランス感覚が美点だが、それゆえの注意点もあるという

 つまり、「サイズと価格が手頃なワゴンが欲しい」と思った時、カローラツーリングは数少ない適度な選択肢になる。

 商品企画担当者は「カローラの場合、ワゴンも法人のお客様が意外に多く、従来型のフィールダーでは25%前後に達しました」というが、ワゴンはセダンに比べるとパーソナルユーザー比率も高い。そうなるとツーリングであればボディを3ナンバー化した時の抵抗感も弱く、好調な売れ行きになった。

 カローラツーリングは、機能が全般的に充実しているが、購入するなら後席と荷室の広さは確認した方が良いだろう。

 身長170cmの大人4名が乗車した場合、従来型となるフィールダーの膝先空間は握りコブシ2つ分だったが、新型は握りコブシ1つ半にとどまるからだ。着座姿勢も腰が落ち込みやすい。

 開発者は「ツーリングは3ナンバー車になりましたが、前後席に座る乗員同士の間隔は、5ナンバーサイズのフィールダーを30mm下まわります。床と座面の間隔も40mm減りました。荷室の奥行寸法も50mm短くなっています」という。

 それでもカローラツーリングは堅調に売れる。ワゴンの需要は日本ではミニバンに押され、北米などの海外ではSUVに奪われとはいえ、車種数が過剰に減ったからだ。

 トヨタのカルディナやクラウンワゴン、日産のアベニールやステージアなど、豊富に用意されていたワゴンの大半が生産を終えた。

 その結果、行き場を失ったワゴンの需要がカローラツーリングに集まるわけだ。

【画像ギャラリー】後席はちょっと狭め!? 新型カローラツーリング

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ