なぜ新型カローラは「セダンよりワゴン」が売れるのか?


バランスとれたカローラツーリングの注意点は?

海外仕様と差別化し、コンパクト化を図った日本仕様のカローラツーリング。そのバランス感覚が美点だが、それゆえの注意点もあるという

 つまり、「サイズと価格が手頃なワゴンが欲しい」と思った時、カローラツーリングは数少ない適度な選択肢になる。

 商品企画担当者は「カローラの場合、ワゴンも法人のお客様が意外に多く、従来型のフィールダーでは25%前後に達しました」というが、ワゴンはセダンに比べるとパーソナルユーザー比率も高い。そうなるとツーリングであればボディを3ナンバー化した時の抵抗感も弱く、好調な売れ行きになった。

 カローラツーリングは、機能が全般的に充実しているが、購入するなら後席と荷室の広さは確認した方が良いだろう。

 身長170cmの大人4名が乗車した場合、従来型となるフィールダーの膝先空間は握りコブシ2つ分だったが、新型は握りコブシ1つ半にとどまるからだ。着座姿勢も腰が落ち込みやすい。

 開発者は「ツーリングは3ナンバー車になりましたが、前後席に座る乗員同士の間隔は、5ナンバーサイズのフィールダーを30mm下まわります。床と座面の間隔も40mm減りました。荷室の奥行寸法も50mm短くなっています」という。

 それでもカローラツーリングは堅調に売れる。ワゴンの需要は日本ではミニバンに押され、北米などの海外ではSUVに奪われとはいえ、車種数が過剰に減ったからだ。

 トヨタのカルディナやクラウンワゴン、日産のアベニールやステージアなど、豊富に用意されていたワゴンの大半が生産を終えた。

 その結果、行き場を失ったワゴンの需要がカローラツーリングに集まるわけだ。

【画像ギャラリー】後席はちょっと狭め!? 新型カローラツーリング

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ