日産キックスの実力はいかに? もうすぐ日本市場投入へ!!


まとめ

 キックス国内導入に対し、期待している日本のユーザーは多いのだが、個人的には憤りを感じている。

 新型ジュークを欧州向けに大きく作って、国内にはありものを投入するということであり、経営層が日本市場を軽視しているのは明らかだ。

 日産の世界販売台数において日本市場の販売台数が占める割合は約10%。こう見ると、小さな日本市場で頑張るよりも、世界の市場で戦った方が利益を追求できるのはその通りだろう。

 だが、足元となるべき日本のユーザーとの心がここまで離れてしまったら、取り返しのつかない事態になる。

 今日産では、開発エンジニア達の日産離れが急激に進んでいるという。日産の経営層が、日本国内市場をないがしろにしてきたツケは、すでに日産の身に降りかかっている。

【画像ギャラリー】日本導入予定の日産キックス2020年モデルをみる