【フィット キックス MX-30 レヴォーグ…】 トヨタに負けてられるか!! 2020年国内メーカー注目の新型車 5選


 もうあと7つも寝れば大晦日が目前である。早い、早いぞ2019年。どうしてそんなに早いのか。

【Tj、新型MIRAIと大物目白押し】 トヨタ/レクサス 2020年期待の新車ざくざく 4選では、トヨタが来年に向けて着々と準備を進める新車たちを特集したが、「目白押し」というなら、他の国産メーカーだって負けてはいない。

 ホンダ フィット&ホンダe、日産 キックス、マツダ MX-30、スバル レヴォーグ。いずれ劣らぬ各メーカーの基幹モデル、または来年以降のメーカーの存続そのものを占う重要なクルマたちばかりだ。

 2020年はこのクルマたちを中心に動く!! 1台1台じっくり紹介してゆこう。

【画像ギャラリー】フィット&ホンダe キックス MX-30 レヴォーグ…2020年の主役たちを画像ギャラリーで!!!

※本稿は2019年11月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年12月26日号


■ホンダ 新型フィット(2020年2月発売予定)

●どんなクルマか?

 正常進化版。5ナンバーサイズのボディをキープしながら、室内空間を最大限に活かせるパッケージングはこれまでのフィットが築き上げてきたユーティリティ性を重視したものである。「ベーシック」、「ホーム」、「リュクス」、「ネス」、「クロスター」とユーザーのタイプや好みに応じた5タイプのモデルを設定する。

上の水色が「ベーシック」、下のホワイトが売れ筋になりそうな「ホーム」。ホンダが満を持してフルモデルチェンジをする最量販モデルのフィット。当然、期待のモデルである

●期待のポイントは?

『e:HEV』と呼ばれる2モーター式ハイブリッドを、従来の「i-DCD」に代えて搭載したパワートレーンはドライバビリティや燃費の面で大いに期待。

 これまで「i-MMD」と呼ばれていたシステムで、1.5Lエンジンで発電し、一般道走行領域はモーター駆動で走行する。モーター出力は153ps/27.2kgmと大トルク。

1.5Lエンジン+2モーターの「i-MMD」と従来呼ばれていたハイブリッドシステムは「e:HEV」と名称変更

●不安要素があるとしたら?

 ガチンコライバルとなるトヨタヴィッツ改めヤリスがドンピシャのタイミングで登場すること。価格やデザインなどで好みが分かれそう。

新型フィットでも特に個性派ポジションとなる「クロスター」(下)は最低地上高を30mmア高めたSUV的モデル。上の「ネス」はファッショナブルなカラーコーディネート。真ん中はラグジュアリーなバリエーションの「リュクセ」

●渡辺陽一郎よりひと言

 クルマとしては間違いなくよくなっているだろうから、そこは心配していない。e:HEVも2.5Lガソリンエンジン級のトルクでドライバビリティは高いだろう。

 ただ、妙に柔和な感じのするフロントマスクがちょっと心配。また、2本スポークのステアリングはメーター視認性など優れるのだが、デザイン的にも質感的にもイマイチ。そのあたりをお客さんがどう判断するか!?

原点回帰の使い勝手1.5Lハイブリッドで走りも燃費もよし

■ホンダ 新型フィット予想諸元
・全長×全幅×全高:4050×1695×1520mm
・ホイールベース:2530mm
・車両重量:─
・エンジン:直列4気筒DOHC 1.5Lハイブリッド
・最高出力(駆動用モーター):153ps
・最大トルク(駆動用モーター):27.2kgm
・サスペンション:ストラット/トーションビーム
・価格:150万~225万円

■日産 キックス(6月登場予定)

●どんなクルマか?

 欧州では発表されたものの、日本には導入予定がないとされた次期型ジュークの代わりに投入されるSUVで、ブラジルや中国、北米でも同名のモデルが販売されている。

ジュークに代わって投入される、期待のコンパクトSUV。上は北米仕様の外観だが、女性にもウケそうな「ゴツかわいさ」を持っている

 日本版のスペックはまだ明らかにされていないが、全長4350×全幅1790×全高1650mmと、C-HRやヴェゼルと近しいボディサイズで登場するはずだ。

 搭載するパワーユニットは1.5L NAと1.6Lターボ、2種のガソリンエンジンと、1.2Lのe-POWERが用意される。このe-POWERユニットは、ノートやセレナに搭載されているものを大幅に改良したものだ。

●期待のポイントは?

 より多くのユーザーに訴求するであろう、エグ味の薄れた外観も魅力だが、一番の注目ポイントは、やはりブラッシュアップされたe-POWERユニットだ。発電用の1.2Lエンジンは専用に開発されたもので、静粛性が向上。EVユニットも洗練され、従来型で目立った極端なエンジンブレーキも、ドライバーが違和感を抱かぬように最適制御される。

 日産としては月販5000台以上の量販戦略モデルに仕立てたいと考えているため、そうとう気合の入った仕上がりとされるはずだ。

ブーメラン型のコンビランプが現行ジュークを彷彿とさせるリアスタイル。なかなか魅力的だ

●片岡英明よりひと言

 サイズ的にも日本で受け入れられるものですし、エンジンの選択肢がそれなりに多いのもいいと思います。e-POWERに注目ですね。現状、日産ファンは乗り換えたくてもクルマがない状態なので、出れば人気になるでしょう。

次ページは : ■スバル 新型レヴォーグ(2020年12月登場予定)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ