【Tj、新型MIRAIと大物目白押し】 トヨタ/レクサス 2020年期待の新車ざくざく 4選

 スープラにRAV4、ビッグネームの復活とヤリスの登場に沸いた2019年のトヨタ。

 それでは2020年はどうなるか。むろん2019年以上に強力な新車群が登場を控えている。最量販車としては、新型ヤリスが今年12月発表、2020年2月発売だが、そちらはこちらの記事を見ていただくとして、2020年内の登場が確実視されるトヨタ・レクサス期待の4モデルの情報を、余すところなくお伝えする!

【画像ギャラリー】Tj、MIRAI、UX300e、LCコンバーチブル…トヨタ/レクサスの2020年を占う4モデルをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年11月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年12月26日号


■Tjクルーザー(2020年春登場予定)

アメリカ、西海岸ノリを感じさせる外観は、従来のトヨタ車にはないもの。このデザインに魅力を感じるユーザーは多いはずだ

●どんなクルマか?

 SUVとバンのクロスオーバーモデルで、全長4300×全幅1775×全高1620mmと、全幅以外は意外とコンパクト。2017年の東京モーターショーに出展されたコンセプトモデルには、ボンネットやルーフ、フェンダーに強化塗装が施され、キズや汚れに強い仕様とされていたが、これは市販モデルにもそのまま採用されるだろう。

 パワーユニットは2Lのガソリンエンジンのほか、プリウスなどにも採用される1.8Lエンジンベースのハイブリッド(THSII)が用意される予定。

●期待のポイントは?

 トヨタにも主流となるデザイントレンドがあるが、そこに縛られないユニークな外観は、新たなファンを獲得する可能性が高い。

 バンとSUVのクロスオーバーということで積載能力も高く、前後2つのシートの背もたれを前倒しにすれば、3mまでの長尺物も積載可能になるというから、スタイリッシュギアとして、注目を集めることになるだろう。

 悪路走破性に関する情報は今のところ出ていないが、その外観に見合うだけのものを与えられれば、デリカD:5と同様のキャラクターとして認知されるだろう。

上はコンセプトモデルの内装だが、市販に向けてのハードルは極めて低いと思わせる完成度だ

●渡辺陽一郎よりひと言

 シティ派SUVが多いなかでこういう土臭いデザインはいいと思う。無駄に大きすぎないのもいい。問題は価格だけど、上限280万円くらいなら、かなり売れると思う。

■新型MIRAI(2020年 夏登場予定)

初代の近未来感あふれるデザインから、いい意味でオーソドックスになった外観。ブラックのアルミホイールもスポーティだ

●どんなクルマか?

 ボディサイズは全長4975×全幅1885×全高1470mmで、ホイールベースは2920mm。このホイールベース長はクラウンのものと同じであり、これはすなわち初代のFFに対して2代目はFRとなることを意味する。

 搭載するFCスタックが水素を燃料に発電し、後輪をモーターで駆動するが、そのモーターも初代のものより改良されており、よりパワフルな走りを披露すると思われる。

●期待のポイントは?

 先に挙げたモーターの改良による出力向上も、もちろん注目だが、TNGAコンセプトに基づいて作られたクラウン用プラットフォームを採用するだけに、優れたハンドリングにも期待したい。

 チーフエンジニアの田中義和氏も「カッコよくて走りの楽しいクルマを選んだら、それが燃料電池車のMIRAIだった、ということを考えて開発した」と発言している。新型MIRAIは、ただ環境性能に優れるだけのクルマではないのだ。

 そのほか、航続距離の延長も注目すべきポイント。水素タンク容量のアップにより、初代モデルの約30%アップ、約850kmを目標に開発が行われている。現状、水素ステーションの数はまだまだ充分とはいえない状況なので、この航続距離アップは歓迎すべき改良点といえるだろう。

大型ディスプレイが目立つインパネまわり。メーターも液晶パネルにグラフィカルに表示される。幅広のセンターコンソールは上質感あふれるもので、存在感タップリだ

●不安要素があるとしたら?

 クルマとしての完成度アップが、販売価格に影響する可能性がある。そうなるとせっかく走りの楽しさが向上し、外観もスタイリッシュになったとしても、所有に踏み切る人間はやはり限定的になる恐れがある。

●国沢光宏よりひと言

 クルマの仕上がりを見る限り1000万円級の価格になりそうだけど、トヨタは踏ん張って、さほど値段上げてこないと思います。FRになることで走りの楽しさも出たというし、航続距離も実走で550kmくらいは走ってくれるでしょう。それくらい走ってくれれば、充分です。

■新型MIRAI予想諸元
・全長×全幅×全高:4975×1885×1470mm
・ホイールベース:2920mm
・駆動方式:FR
・モーター:4JM型改良版
・パワーユニット:FCスタック
・乗車定員:5人
・航続可能距離:850km
・予想価格:850万円

■レクサス UX300e(2020年12月登場予定)

レクサス、というかトヨタ初の量産EVということで、その完成度に注目が集まる。ベース車両との差はどこにあるのかという点も含めて、期待させてくれる存在だ

●どんなクルマか?

 12月1日まで開催された広州モーターショーでワールドプレミアされたピュアEV。容量54.3kWhのリチウムイオンバッテリーをフロアに固定することで重心高を低め、優れた車両運動性を実現した。

 EV化による運動特性の変化に合わせ、ブレースの追加やショックの減衰力最適化など、細部にわたってチューニングが施され、EVながらレクサスらしい「すっきりと奥深い走り」を実現している。

 1充電あたりの航続可能距離は400kmで、モーター出力は150kW/300Nm(約204ps/30.6kgm)。充電に要する時間は急速充電で50分程度が想定されている。

●期待のポイントは?

 重心位置が低く、ドライバーのヒップポイントに近いため、SUVながらスポーツカーに近いヨー慣性モーメントを実現しているといわれるだけに、運動性能にはかなり期待ができそうだ。

 EVということで従来モデル以上に静粛性が大事となるが、これはバッテリーに遮音壁としての機能を持たせたほか、ロードノイズや水はね音の低減に工夫したという。室内空間の心地よい静けさが期待できるだろう。

ダッシュボード上部の上品な色味のブルーが目立つコックピット周り

●不安要素があるとしたら?

 価格。現段階で価格に関する情報はないが、ベースのUXからの価格上昇は、やはり避けられないだろう。が、レクサスを購入する人のなかには、価格は高くてもいいという人も多いので、実際に販売が開始されたら、不安は懸念に過ぎなかったということになる可能性もあるが。

54.3kWhのバッテリーは床下に。後席フロアが10~15mm標準より上がった

■レクサスUX300e予想諸元
・全長×全幅×全高:4495×1840×1540mm
・ホイールベース:2640mm
・車両重量:1850kg
・モーター:4KM
・モーター出力:150kW/300Nm
・バッテリー:リチウムイオン
・バッテリー容量:54.3kWh
・航続可能距離:400km

■レクサス LCコンバーチブル(2020年春登場予定)

優雅という言葉がシックリくる外観。ホワイトレザーシートが乗る人を華やかに見せるはずだ

●どんなクルマか?

 今年1月開催のデトロイトショーでワールドプレミアされ、その後7月に行われた英国のグッドウッドフェスティバル・オブ・スピードで、市販化が正式発表されたモデル。レクサスのフラッグシップクーペ、LCをオープンにしたモデルで、電動開閉式のソフトトップを備える。

 クーペモデルとの外観上の差はルーフ部分を除くとわずかで、オープンとされたことでLCの優雅なボディデザインがより強調されている。

●期待のポイントは?

 なによりもその優雅な外観だけで期待が高まるが、注目したいのは搭載するパワーユニット。クーペモデルには3.5L、V6エンジンベースのハイブリッド(システム出力359ps)と、477ps/55.1kgmを発生する5L NAのV8エンジンが用意されるが、LCコンバーチブルが搭載するのは3.5LのV6ツインターボと予想されている。

 出力は422ps/61.2kgmというもので、5LのV8と比較した際にどのような走りの差が出るのか、注目だ。

 気になるのは価格だが、これに関しては現時点でのアナウンスはない。おそらく1500万円級のプライスタグを下げることになるだろうとは予想されるが……。

先の東京モーターショーに出たものは輸出仕様だったが、日本仕様も同様の感じになるだろう

●国沢光宏からひと言

 3.5LのV6は燃費対策の面もあると思うけど、走りは見てみたいね。LCはレクサスのなかで一番高級感を感じさせてくれるから好きなんだけど、ライバルも多いからね。


■【番外コラム】渡辺敏史の……私、UX300e乗りました!

 EVになると音がしなくなるぶん、クルマとしての完成度のアラが出やすくなるんですけど、テストコースで試乗した範囲では、そういう粗いところは感じませんでしたね。

 EV=急激な加速感というイメージもあるでしょうが、そこもテスラのようにドーンと出すんじゃなくて、あくまで上品なつながり感のようなものを大事にした感じになっています。

事実上トヨタ初のEVとして期待の高まるUX300e。その実力のほどは?

 また、バッテリーを搭載することで車重が200~300kg程度増えているんですが、これがいい方向に作用していました。

 クルマのドッシリとした感じは、完全にひとつ上のセグメントのものになっていましたよ。

 トヨタ初のEVですが、上手くまとまってましたね。

【画像ギャラリー】Tj、MIRAI、UX300e、LCコンバーチブル…トヨタ/レクサスの2020年を占う4モデルをギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ