【フィット キックス MX-30 レヴォーグ…】 トヨタに負けてられるか!! 2020年国内メーカー注目の新型車 5選


■マツダ MX-30(2020年9月登場予定)

●どんなクルマか?

 全長4395mm、全幅1795mm、全高1570mmでホイールベースは2655mm。ボディサイズはかぎりなくCX-30に近い。プラットフォームを共用して開発されたクーペSUV。CX-30と違うのは後席ドアが観音開きになっているという点。全高はMX-30のほうが30mm高い。

内燃機関にこだわっているかと思ったマツダが、あれれ!? とビックリするほど早いタイミングでピュアEVを市販化するという。これは注目だ。

 パワートレーンは最高出力143ps、最大トルク27.0kgmを発揮するモーター。バッテリーは比較的小容量35.5kWhのリチウムイオンとしている。

●期待のポイントは?

「マツダは電動化車両においても走る楽しさ、走る喜びを大切にします」とアピールするように、MX-30はEVらしからぬ、内燃機関車のようなドライブフィールを実現しているという。その走りっぷりに期待だ。

後席へのアクセスは観音開きドアを採用

●不安要素があるとしたら?

 35.5kWhのバッテリー容量で航続距離がどの程度となるのか!? 実用航続距離が200kmを切るようだと実用面での心配が生じる。

丸形ルーターを配置したインパネはオーソドックスなデザイン。サイドへの広がりを感じさせる造形。欧州ではすでに予約受付開始

●鈴木直也よりひと言

 ホンダeと同じ35.5kWhバッテリーだが、MX-30はセカンドカーではなくファーストカーの位置づけ。現実的には今後登場が予測されるロータリーエンジンを使ったレンジエクステンダーモデルやPHEVでこそ真価が発揮されるモデルではなかろうか!?

 デザイン的にもちょっと疑問。観音開きドアを採用する意味があったのか!? RX-8のようなクーペ寄りのクルマなら意味があるが、MX-30はSUV。CX-30との差別化をアピールするための観音開きなのか!?

センターパネルに配置されるシフトレバーはオーソドックスな形状で操作系に対するドライバーの慣れは必要なさそうだ

■マツダ MX-30主要諸元(欧州仕様)
・全長×全幅×全高:4395×1795×1570mm
・ホイールベース:2655mm
・車両重量:─
・モーター:交流同期電動機
・最高出力:143ps
・最大トルク:27.0kgm
・サスペンション:ストラット/トーションビーム
・価格:400万円

【画像ギャラリー】フィット&ホンダe キックス MX-30 レヴォーグ…2020年の主役たちを画像ギャラリーで!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)