ロッキー&ライズ首位奪還!! 圧巻の強さと独走の理由は?


第2のロッキー/ライズは今後現れるのか?

2020年に日本でも発売予定の日産 キックス。小型ではあるものの、海外仕様は3ナンバー幅

 このような事情から日本メーカーもSUVについては5ナンバーサイズに消極的だったが、ライズのヒットで売れ行きを伸ばせることがわかった。

 今後はほかのメーカーからも、コンパクトカーと共通のプラットフォームを使う5ナンバーサイズのSUVが登場してくるかもしれない。

 直近で発売が予定されるコンパクトSUVには、ジュークの後継となる日産キックスが挙げられるが、これはほかのコンパクトSUVと同じく全幅が1800mm弱の3ナンバー車になりそうだ。

 ブラジルなどで売られるホンダ WR-Vは、全長が4000mmのコンパクトSUVで、全幅は1734mmとされる。キックスとWR-Vは、日本で販売することを考えて開発されたSUVではないから、いずれも5ナンバーサイズには収まらない。

ホンダの海外専売車、WR-V。こちらは全長も4mちょうどで、全幅も1.7mをやや上回るものの、ロッキー/ライズに近い車格

 それでも1.5Lエンジンを搭載する2WD仕様の価格を170~200万円に設定するなど、ロッキー&ライズやコンパクトカーの上級グレードと同等の値付けにすれば、好調に売れる余地は充分にある。

 SUVはコンパクトからLサイズまで、ボディやエンジンの排気量が多岐にわたり、クルマの性格もシティ派からオフロード派まで幅広い。海外には5ドアクーペ風のSUVもある。

 大径サイズのタイヤを履かせてボディの下側を力強いデザインに仕上げると、どのようなクルマでもSUVになるから、メーカーもラインナップを充実させやすい。

 そして、SUVの流行が廃れると、もはや次はなく(ほかのカテゴリーはブームを一度経験している)、実用重視の軽自動車とコンパクトカーだけが売れる乾いた市場になってしまう。

 メーカーは付加価値を伴うSUVの人気をなるべく長く保つ必要があるから、今後もいろいろな車種が登場する。

 特にSUVは、電気自動車と相性が良い。背が高いため、床下に電池を搭載しやすいからだ。SUVは将来的にも有望なカテゴリーだから、今後のカーライフを豊かにしてくれるだろう。

【画像ギャラリー】ロッキー&ライズと微妙にズレてる!? 国産各社の小型SUVとサイズは?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ