【ロッキー&ライズ発売後すぐSUV首位奪取】圧巻の強さと独走の理由は?

 発売後即、SUV販売首位奪取!! 大人気トヨタ ライズ&ダイハツ ロッキー、独走とライバル不在の理由は?

 2019年11月5日に発売されたダイハツ ロッキー&トヨタ ライズの売れ行きが好調だ。

 トヨタが扱うライズは、2019年11月の登録車販売台数ランキングで早くも4位。カローラシリーズ、シエンタ、プリウスに次いで売れており、瞬く間に身内のRAV4を上回るSUVトップセラーに躍り出た。

 ダイハツ ロッキーと台数を合わせれば計1万1778台に達し、これは1位のカローラシリーズをも凌ぐ驚異のバカ売れっぷり。

「5ナンバーサイズで、価格も100万円台からと手ごろなSUV」と、明らかに売れそうなロッキー/ライズだが、実はガチンコの競合SUVは今のところ他社から出ていない。

 なぜ、競合激しいSUVで早くもトップセラーに輝くことができたのか? そして第2のロッキー&ライズが出てこない理由とは? その背景に迫る。

文:渡辺陽一郎
写真:編集部

【画像ギャラリー】ロッキー&ライズと微妙にズレてる!? 国産各社の小型SUVとサイズは?


ロッキー/ライズ 人気の秘訣と絶妙なポジショニング

写真はダイハツ版のロッキー。全長4m未満、全幅1.7m未満の5ナンバーサイズSUVは、今まで「あるようでなかった」絶妙なサイズ感

 人気の秘訣は、前輪駆動をベースにしたシティ派SUVながら外観はオフロードSUV風で、ボディが5ナンバーサイズに収まることだ。最近のSUVはカッコ良くなったが、C-HRやCX-30など、外観はいずれも都会的に仕上げている。

 そこで原点回帰というか、RAV4のような悪路の走破を意識させるSUVが注目され、ロッキー&ライズは5ナンバーボディでそれを実現させた。

 そして、登録車販売台数ランキングを見ると、上位には5ナンバー車が多く並ぶ。カローラシリーズとプリウスは3ナンバー車だが、シエンタ、ノート、ルーミー&タンク、フリード、アクアといったランキング上位の常連はすべて5ナンバーサイズに収まる。

 ロッキー&ライズが売れ行きを伸ばした背景には、人気のSUVで、なおかつ使いやすく馴染みやすい5ナンバーサイズに収まることがある。

トヨタ版のライズ。フロントマスクはロッキーと異なるものの、基本は同一。2019年11月は7484台を販売し、早くもSUVトップセラーに

 不思議に思えるのは、ロッキー&ライズのライバル車になるような、5ナンバーサイズのSUVがほとんど存在しないことだ。

 5ナンバー車をカテゴリー別に見ると、フィットやノートのような5ドアハッチバックのコンパクトカーが圧倒的に多い。

 そのほかはシエンタとフリード、ヴォクシー系3姉妹車やセレナの標準ボディといったミニバンで占められる。セダンはグレイス、ワゴンはシャトル程度だ。

 このような事情もあり、先代カローラは、ベーシックなグレードを継続販売している。5ナンバーサイズのセダン&ワゴンがほとんどないためだ。

 SUVの5ナンバー車については、スズキがクロスビー、ジムニーの拡大版となるジムニーシエラ、コンパクトカーとの中間的な存在のイグニスを用意するが、ほかのメーカーでは見当たらない。

 堅調に売れるコンパクトSUVのヴェゼル、C-HR、CX-30は、全長は短いものの全幅は1700mmを超えて3ナンバー車になる。

なぜ第2のロッキー&ライズは出ないのか

人気小型SUV、ホンダ ヴェゼルの全長4330×全幅1770mmという数値は、ロッキー/ライズのそれよりひと回り大きく、実はサイズ面ではさほど競合していない

 なぜ第2のロッキー&ライズが出ないのか。

 日本では5ナンバー車の人気が高く、3ナンバー車ではSUVの売れ行きが伸びているから、ロッキー&ライズのような「5ナンバーサイズのSUV」が豊富にあって良いだろう。

 ロッキー&ライズの対抗車種が登場しない一番の理由は、SUVというカテゴリーが、もともと海外市場をターゲットにしているからだ。

 SUVには全高が1600mm前後に達する車種が多く、なおかつ走りの良さも求められる。背の高い車で走行安定性を向上させるには、全幅を広げるのが効果的だ。

 そうなると5ナンバー規格のない海外では、コンパクトなSUVでも全幅を1700~1800mmに設定する。1800mmを超えると、欧州でもコンパクトとは呼べなくなるから1700mm台には収めるが、5ナンバーサイズには入らない。

 背景には5ナンバー車の小回り性能もある。ボディ底面に配置された骨格の配置とタイヤサイズによっては、全幅を5ナンバーサイズに抑えると、前輪の最大舵角が小さくなって小回りの利きが悪化することだ。

写真は新型カローラの最小回転半径を示した図。カローラの場合も、15インチ車の最小回転半径は5.0mとなるが、16、17インチ車は同5.3mとなる

 例えばノートの場合、14インチタイヤ装着車の最小回転半径は4.7mだが、15インチになると5.2mへ一気に拡大する。全幅を抑えることで、取りまわし性が悪化する場合もあるわけだ。

 このほか充分な室内幅を確保しながら、側面衝突時の乗員安全性も高めようとすれば、5ナンバーサイズの商品開発には困難が伴う。SUVに限らず、車両を開発する上では、3ナンバー車の方が都合の良いことが多い。

 ユーザーニーズもある。コンパクトカーやミニバンは、日常的な買い物などで便利に使えることを目的に購入するから、裏道や駐車場での取りまわし性、乗降性などの優れた5ナンバー車を求める。

 しかし、SUVは格好良さや走る楽しさなど、趣味性を重視して選ばれるから、5ナンバーサイズの全幅にはあまりこだわらない。ハリアーは国内向けのSUVとして企画されたが、全幅は1800mmを超えている。

第2のロッキー/ライズは今後現れるのか?

2020年に日本でも発売予定の日産 キックス。小型ではあるものの、海外仕様は3ナンバー幅

 このような事情から日本メーカーもSUVについては5ナンバーサイズに消極的だったが、ライズのヒットで売れ行きを伸ばせることがわかった。

 今後はほかのメーカーからも、コンパクトカーと共通のプラットフォームを使う5ナンバーサイズのSUVが登場してくるかもしれない。

 直近で発売が予定されるコンパクトSUVには、ジュークの後継となる日産キックスが挙げられるが、これはほかのコンパクトSUVと同じく全幅が1800mm弱の3ナンバー車になりそうだ。

 ブラジルなどで売られるホンダ WR-Vは、全長が4000mmのコンパクトSUVで、全幅は1734mmとされる。キックスとWR-Vは、日本で販売することを考えて開発されたSUVではないから、いずれも5ナンバーサイズには収まらない。

ホンダの海外専売車、WR-V。こちらは全長も4mちょうどで、全幅も1.7mをやや上回るものの、ロッキー/ライズに近い車格

 それでも1.5Lエンジンを搭載する2WD仕様の価格を170~200万円に設定するなど、ロッキー&ライズやコンパクトカーの上級グレードと同等の値付けにすれば、好調に売れる余地は充分にある。

 SUVはコンパクトからLサイズまで、ボディやエンジンの排気量が多岐にわたり、クルマの性格もシティ派からオフロード派まで幅広い。海外には5ドアクーペ風のSUVもある。

 大径サイズのタイヤを履かせてボディの下側を力強いデザインに仕上げると、どのようなクルマでもSUVになるから、メーカーもラインナップを充実させやすい。

 そして、SUVの流行が廃れると、もはや次はなく(ほかのカテゴリーはブームを一度経験している)、実用重視の軽自動車とコンパクトカーだけが売れる乾いた市場になってしまう。

 メーカーは付加価値を伴うSUVの人気をなるべく長く保つ必要があるから、今後もいろいろな車種が登場する。

 特にSUVは、電気自動車と相性が良い。背が高いため、床下に電池を搭載しやすいからだ。SUVは将来的にも有望なカテゴリーだから、今後のカーライフを豊かにしてくれるだろう。

【画像ギャラリー】ロッキー&ライズと微妙にズレてる!? 国産各社の小型SUVとサイズは?

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型続々!! エボリューション新時代|ベストカー3月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、 環境、安全が叫ばれる時代に誕生する、各メーカーが開発中の最新“エボ”モデルの最新情報をお届け。  そのほか、マイナーチェンジするシビックタイプR情報から、ももクロ高城れにちゃんによるハスラー…

カタログ