R34 FD 86…車名ではなく型式で呼ばれがちな名車たち 12選


「これまで、EF2、AE101、N15、NA6と乗り継いで、イマはDC2R96とAP1を所持してます」

「私はF15とE36M3の2台です。これまではE30 318MT、E30 325MTとE30ばかりでしたケド(照)」

 こんな会話、普通の人であればまずわからない……というか、多分ひいてる。普通じゃ理解できないですしね。書いてて企画担当もややイラついています。

 なんで一部のクルマ好きはクルマを型式で呼びたがるのか? 自動車評論家の永田恵一氏に尋ねたところ「世代を重ねたクルマをいちいち○○年の××って説明するのが面倒だからじゃない?」との答えが返ってきた。

 クルマに興味のない人にクルマを型式で呼ぶのは避けるべきだろうが、クルマ好きとしては型式を覚えて会話についていきたいところ。

 ただ全部覚えるのは大変……ということで、永田氏によくクルマ好きが通称を型式で話すクルマで、覚えておくといい12台を教えてもらった。呼び方は諸説あるが、まずはここから勉強していこう。

【画像ギャラリー】いくつわかる? 歴代の“名”車たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年12月のものです
文:永田恵一・ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年1月10日号


■マツダ ロードスター(ND)

 ロードスターは30年で4世代とモデルは多くないが、伝統あるスポーツカーだけにクルマ好きなら型式がわからないのはちょっとマズイ。

 型式はNA、NB、NC、NDと単純で、そのあとに排気量やルーフなどを示す数字とアルファベットが続く。

■日産 シルビア(S14・14シルビア)

 絶版車ながらドリフトのベース車などにいまだ絶大な人気のシルビアは型式で呼ばれる筆頭車種だ。

「S+数字2桁(12/13/14/15)」となった4代目モデル以前は1970年代以前の日産の型式命名規則のため、初代はCSP311、2代目はS10、3代目はS110だった。

次ページは : ■マツダ RX-7(FD3S・FD)

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ