BMW M8グラン クーペが日本デビュー!! 実用的でありながら超刺激的!!

 BMWの最上級4ドアクーペである「8シリーズ・グラン クーペ」をベースとしたハイパフォーマンスモデル「M8グラン クーペ」が登場。4ドアモデルの実用性とBMWトップクラスのスポーツ性を併せ持つ、新たなラグジュアリー4ドアクーペの詳細をお届けしよう。

 文:大音安弘 、写真:BMW

【画像ギャラリー】BMW 8グラン クーペの全貌


BMW8シリーズの最新作は、最上級4ドアクーペのMモデル

 BMWは、2020年1月28日、BMWのハイパフォーマンスモデル「M」シリーズの最新作となる「M8 グラン クーペ」の日本導入を発表し、同日より発売を開始した。価格は、2194万円~2397万円となる。

 新型車である「M8 グラン クーペ」は、2019年10月25日より販売が開始された最上級4ドアクーペ「8シリーズ グラン クーペ」をベースに、BMWのモータースポーツ活動及びハイパフォーマンスモデルの開発などを手掛ける「BMW M」社が開発した、BMWらしい走りの魅力によりフォーカスしたモデルだ。

 ボディサイズは、全長5105mm×全幅1945mm×全高1420mmと最上級クーペらしい堂々たるもの。4ドアスタイルと3025mmというロングホイールベースにより、ゆとりある後席空間を確保しているのも特徴だ。

 ベースとなる8シリーズも内外装ともにスポーティさを意識したモデルではあるが、BMW M社による手が加えられることで、よりアグレッシブな装いとなっている。

Mモデル最強となる4.4Lツインターボ搭載

 高性能な走りを支えるパワートレインは、BMW M社が手掛けた4.4L V型8気筒ツインターボを搭載。最高出力600ps/6000rpm、最大トルク750Nm/1800~5600rpmを発揮する。

BMW M社による最強ユニットとなる4.4LのV8ツインターボエンジン。

 トランスミッションには、パドルシフト付きの8速ATが組み合わされる。

 駆動方式は、4WDのみとなるが、Mモデルに相応しいユニークな「BMW M xDrive」 を搭載する。

 これはBMW M社が開発した電子制御式4WDシステムだが、 前後の駆動配分を無段階かつ可変的に振り分けるだけでなく、左右後輪のトルクも最適に配分することが可能。

 さらに後輪駆動車らしい走りが楽しめる「4WD SPORT」モードに加え、完全な後輪駆動走行となる「2WD」モードも用意するなど、まさに4WDとFRの魅力が1台で味わえるように仕立てられている。

ラグジュアリーカーらしい先進の安全機能も抜かりなし

 BMWによる先進の安全運転支援機能も充実した内容となっており、アクティブ・クルーズ・コントロール(ACC)、レーンチェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)、レーン・チェンジ・アシスト及びレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)などを全車に標準化。

 さら直前の前進走行ルートを最大50mまで記憶し、同じルートを正確に後退する「リバース・アシスト」や高速道路での渋滞時に、ステアリングからの手放し走行が可能となる「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」も備わっており、ドライバーの運転負担の軽減を図る。

よりアグレッシブな「コンペティション」も設定

 グレード構成は、標準仕様となる「M8 グランクーペ」に加え、より性能とビジュアル面の強化を図った「M8グラン クーペ コンペティション」を設定する。

 この「コンペティション」では、ハイグロス・ブラックのキドニー・グリルやドア・ミラー、バイカラーとなる20インチMホイール、カスタマイズ仕様となるBMW Individualの内装などのアクセントを取り入れることで、よりアグレッシブさを強調。

 エンジンパワーも、標準仕様車よりも25ps向上の625psへと高められている。いずれもステアリング位置は左右の選択が可能となる。

【画像ギャラリー】BMW 8グラン クーペの全貌

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ