新型フィット発売!! クロスター絶好調&納車4か月待ち!! 真のライバルはヤリスにあらず!?


白系のボディカラーが人気

 新型フィットのボディカラーはモノトーンが10、ツートーンが10、アクセントツートーン5の合計25色のワイドバリエーションを誇る。

 人気カラーはモノトーンのプレミアムサンライトホワイトパール、プラチナホワイトパール、ルナシルバーメタリック、クルスタルブラックパールでこれらを合わせると70%を占める。ツートーンは20%程度、アクセントツートーンは5%以下と少ない。

ボディカラーを全25色ラインナップしている新型フィットでプレミアムサンライトホワイトパール、プラチナホワイトパールの白系が人気

ヤリスとの熾烈なデッドヒートは1年後!?

 新型フィットは今のところ、歴代フィットからの代替えが最も多い。量販戦略モデルは世代交代すると、まず歴代モデルからの代替えが多く発生する傾向がある。これは新型フィットも同様である。

 N-BOXからの代替えは多くはないがそれでも相当数存在する。N-BOXが新型になった時も逆にフィットからの代替えも目立っていた。

ホンダ車で最も売れているN-BOXは、ほかのホンダ車からの乗り換えが多い。旧型時代フィットも多くのユーザーが食われていたが、新型で食い止められるか?

 だからといって両モデルが競合するライバル車であるかというと必ずしもそうではない。ユーザーの好み、家族構成の変化などでの鞍替えといえる。

 ライバルのトヨタヤリスとは当然競合し、取ったり取られたりの状況が続いている。しかしながらこちらも現段階では少数派にとどまっている。

 新型車が発売になると、まず発生するのは自社銘柄からの代替えである。量販戦略モデルになるとその率は余計に高くなる。

ヤリスと車名を変更すると同時に、デザインと走りに特化したプレミアムコンパクトとなった新型ヤリス。販売合戦はデビュー1年後から激化!?

 営業マンは新型車が発売になる先行予約の段階で、まず自分のお客さんに先にモデルチェンジ情報を流し、代替えを勧める作業を開始するので、当然のことながら自銘柄の下取り車が多く発生することになる。

 こうした傾向は最低でも1年は続く。ライバル車との競合が激化するのはそれ以降である。

 ヤリスの場合、4月いっぱいはネッツ店の専売で、5月から全国規模でトヨタ全系列店の専売になる。その時点でトヨタ系列店同士の戦いが激化する。

 従って新型フィットvs.ヤリスが頻繁に競合するようになるのは1年以上先になる見通しである。

パッケージングという点ではコンパクトカーナンバーワンのフィット。旧型よりもさらにユーティリティ面で進化を遂げているのが最大の強みとなる

次ページは : メーカー資本のホンダカーズが狙い目