新型フィット発売!! クロスター絶好調&納車4か月待ち!! 真のライバルはヤリスにあらず!?

 ホンダの主力コンパクトカーのフィットが2020年2月13日に正式発表され、翌14日から販売を開始した。

 東京モーターショー2019で世界初公開した後に先行予約を開始していたこともあり、大量のバックオーダーを抱えていると言われている。

 新型フィットの競合車は、同門のN-BOXなのか? それとも奇しくもほぼ同時期に発売開始となった新型トヨタヤリス(2020年2月10日発表・発売)なのか?

 また、すでに早期納車は難しい状況にある新型フィットをちょっとでも早く手に入れる方法はないのか? 得する買い方はあるのか? などなどについて、遠藤徹氏が考察していく。

文:遠藤徹/写真:HONDA、TOYOTA

【画像ギャラリー】どれを選ぶ? 5タイプで登場した新型フィットをもっと見る!!


デビュー時点で初期受注は3万台オーバー!!

新型フィットは5タイプ同時デビュー。複雑でわかりにくいオプションを減らすというホンダの新たなチャレンジでもある。一番人気はHOME(写真中央)

 2020年2月13日発表、14日発売の新型ホンダフィットは2019年12月中旬から先行予約をスタートさせている。2月上旬現在、つまり正式デビューの時点での納期は4カ月待ちの6月以降となっている。受注累計は3万台以上に達していると推定される。

 首都圏にある某有力ホンダカーズ店によると、「5タイプの仕様のおおよその受注構成比は最も手頃な装備のホームが全体の40%と最も多く、次いでSUVテイストのクロスターが30%、残りのベーシック、ネス、リュクスがそれぞれ10%ずつになっている」という。

最も安いベーシックでもホンダセンシングをはじめとする安全装備、快適装備が充実しているので不満はない

 ベーシックは最も買い得で装備が簡素だが、それでもホンダセンシング、LEDヘッドライト、助手席サイドエアバッグシステム、フルオートエアコン、電子制御パーキングブレーキ、オートブレーキ機能などが標準装備になっている。

 最も受注構成比の高いホームはベーシックの装備に加えて本革巻ステアリングホイール、コンビシート、ソフトパッド、クロームメッキフロントグリルモールディングを装備している。

SUVが人気ということもあり、立ち上がり時点ではクロスターの販売比率も高くなっている。全幅が1725mmで3ナンバーとなる

 2番人気のクロスターはベーシックの装備に加えて専用デザインの16インチアルミホイール、専用エクステリア、撥水ファブリックシート、シフトパッド、ルーフレール(メーカーオプション)を標準装備。

 クロスターは2019年10月18日にマイナーチェンジしたフリード/フリード+(プラス)に初めて設定した。こちらの販売構成比は25%だが、新型フィットのほうが購入希望者は多い。SUVブームにあやかって設定したといえるが、今のところこの戦略は成功しているといえそう。

5タイプ用意される新型フィットは、インテリアの色遣い、素材などによってそれぞれが差別化されているので、選ぶ時の重要なポイントになる

3月末まで限定の残価設定ローンがお得

 パワーユニットは1.3L、NAガソリンと1.5Lハイブリッドのふたつで受注構成比は半分ずつで納期に差はない。

 ハイブリッドは従来の1モーター&2クラッチ方式から2モーター方式に切り替え、性能、燃費ともに大幅に向上させたが、価格もかなりアップした。

 これをカバーするために3月末までの決算セール期間中に1.9%の残価設定クレジットを設定。従来の3.5%よりも1.6ポイント引き下げて、15万円程度の実質値引きで販売しており、これがスタートダッシュのよさに貢献している。

1モーター&2クラッチからe:HEVと呼ばれる2モーターのハイブリッドになったフィット。走りの質感、燃費性能とも進化を遂げている

白系のボディカラーが人気

 新型フィットのボディカラーはモノトーンが10、ツートーンが10、アクセントツートーン5の合計25色のワイドバリエーションを誇る。

 人気カラーはモノトーンのプレミアムサンライトホワイトパール、プラチナホワイトパール、ルナシルバーメタリック、クルスタルブラックパールでこれらを合わせると70%を占める。ツートーンは20%程度、アクセントツートーンは5%以下と少ない。

ボディカラーを全25色ラインナップしている新型フィットでプレミアムサンライトホワイトパール、プラチナホワイトパールの白系が人気

ヤリスとの熾烈なデッドヒートは1年後!?

 新型フィットは今のところ、歴代フィットからの代替えが最も多い。量販戦略モデルは世代交代すると、まず歴代モデルからの代替えが多く発生する傾向がある。これは新型フィットも同様である。

 N-BOXからの代替えは多くはないがそれでも相当数存在する。N-BOXが新型になった時も逆にフィットからの代替えも目立っていた。

ホンダ車で最も売れているN-BOXは、ほかのホンダ車からの乗り換えが多い。旧型時代フィットも多くのユーザーが食われていたが、新型で食い止められるか?

 だからといって両モデルが競合するライバル車であるかというと必ずしもそうではない。ユーザーの好み、家族構成の変化などでの鞍替えといえる。

 ライバルのトヨタヤリスとは当然競合し、取ったり取られたりの状況が続いている。しかしながらこちらも現段階では少数派にとどまっている。

 新型車が発売になると、まず発生するのは自社銘柄からの代替えである。量販戦略モデルになるとその率は余計に高くなる。

ヤリスと車名を変更すると同時に、デザインと走りに特化したプレミアムコンパクトとなった新型ヤリス。販売合戦はデビュー1年後から激化!?

 営業マンは新型車が発売になる先行予約の段階で、まず自分のお客さんに先にモデルチェンジ情報を流し、代替えを勧める作業を開始するので、当然のことながら自銘柄の下取り車が多く発生することになる。

 こうした傾向は最低でも1年は続く。ライバル車との競合が激化するのはそれ以降である。

 ヤリスの場合、4月いっぱいはネッツ店の専売で、5月から全国規模でトヨタ全系列店の専売になる。その時点でトヨタ系列店同士の戦いが激化する。

 従って新型フィットvs.ヤリスが頻繁に競合するようになるのは1年以上先になる見通しである。

パッケージングという点ではコンパクトカーナンバーワンのフィット。旧型よりもさらにユーティリティ面で進化を遂げているのが最大の強みとなる

メーカー資本のホンダカーズが狙い目

 新型フィットの賢い購入法は扱うホンダカーズ店を可能な限り多く回り、同一車競合を軸にヤリス、ノート、マツダ2、スイフトなどのライバル車との対抗も組み合わせて好条件を引き出すようにすることだ。

 ホンダカーズ店はメーカー資本の大型店と小規模な地場資本店のふた通りがある。メーカー資本店は販売台数重視の戦略を取っている店舗が多いので大幅値引きをゲットしやすいい状況にある。

 ただ現時点では多数のバックオーダーを抱えて強気の商売をしているところが多い。車両本体からの値引きゼロを基本にしている。

アクセントカラーは販売比率としては少ないが、インパクト抜群だ。外装だけでなく、インテリアにもアクセントカラーが盛り込まれていてオシャレ

 ところがなかには試乗車、展示車用、あるいはすぐに売れることを見込んで先行発注しているぶんが在庫になったりしているケースもある。

 このようなケースにうまいタイミングで巡り合ったりすれば、1カ月以内の納車で、しかも10万円以上の大幅値引きをゲットしたりすることも可能になるから、これを試す手もある。

 要するにホンダカーズ店でもメーカー資本店を中心に多くの店舗を回ることがポイントになる。

電気式無段変速装置:電気式CVT、無段変速オートマチック:CVT
諸元はFFモデルで、新型フィットは価格表からもわかるとおり、全モデルにハイブリッドとガソリン、FFと4WDを設定している

【画像ギャラリー】どれを選ぶ? 5タイプで登場した新型フィットをもっと見る!!

最新号

ベストカー最新号

【2021年新型Z登場!!】日産怒涛の新車戦略|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、日産が2023年度までに国内投入する新型車10モデル最新情報ををお届け。  そのほか、2Lエンジン搭載カローラ、レクサスLCコンバーチブル、プジョー208など注目車種の情報から、2020年1/2ベ…

カタログ