【エコカーカップ2020冬の決戦!!】速さと燃費の両立に終わりはない!!


デジスパイスはサーキット走行の必需品

 鈴木直也氏の原稿にもあったとおり、ベストカーWebチームのプリウスにはデジスパイスIIIを装着して参戦。

 このデジスパイスIIIは超小型GPSロガーと解析ソフトを組み合わせたスポーツドライビング解析システムでデータロガーとして人気絶大の商品だ。価格は4万4000円(税込み)だ。

デジスパイスIIIの本体は48×37×15.5mmのサイズで、重量はわずか28gの超軽量コンパクト。どんなクルマにも装着できるのが魅力。価格は4万4000円(税込み)

 富士スピードウェイでもオフィシャルで使っているし、プロドライバー御用達ということで、サーキット走行には欠かせないアイテムとなっている。

 手のひらサイズで軽量コンパクト。ルーフなどに貼り付けるだけでOKの優れもの。充電式なので配線の必要がないものうれしい。無料アプリをスマホやタブレットにダウンロードすればすぐに使用できる手軽さも魅力だ。

ベストカーWebプリウスに装着したデジスパイス本体。両面テープを使ってルーフに貼るだけでOKだの手軽さがナイス!!

 最高速、走行距離といった車両の各種データを取得し、解析することができるのはもちろんのこと、データをダウンロードすることでプロドライバーの走りやスーパーGTマシンとの違いなどを比較することもできる。

 今回エコカーカップでは主にラップタイマーとして使用し、3分15秒という規定タイムとの差が一目瞭然でわかりドライバーからも大好評。

 サーキット走行で使用する場合、国際コースからミニサーキットまで幅広く対応しているので「速く走りたい」、「タイムを縮めたい」人にオススメだ。

【画像ギャラリー】新旧いろいろなクルマが参戦~エコカーカップ2020~

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

水野和敏が斬る!!「ボルボXC40リチャージ&三菱エクリプスクロスPHEV」  大人気連載の『水野和敏が斬る!!』はボルボXC40リチャージと三菱エクリプスクロスPHEVの2台を試乗&チェックしています。  この2台に共通するのは、プラグイ…

カタログ