新型タフトは新型ハスラーに勝てるのか!? ダイハツとして難しいかじ取りも?


■タフトのハスラーへの下克上なるか!?? 気になる戦況

 結論をいえば、タフトは商品力が弱く、発売のタイミングも遅かった。仮に1年前に発売されていれば、新型ハスラーは登場しておらず、居住性や積載性の優れたSUVタイプの新しい軽自動車として注目されただろう。1年前なら現行型のデイズやN-WGNも登場していないから、全車速追従型クルーズコントロールも、軽自動車で初採用というインパクトがあった(N-BOXのクルーズコントロールは25km/h以下でキャンセルされる)。

 ところが1年遅れると、ハスラーが新型にフルモデルチェンジされてSUV感覚をさらに強め、デイズは新型になってプロパイロットを装着する。N-WGNには全車速追従型クルーズコントロールと電動パーキングブレーキが備わり、衝突被害軽減ブレーキは自転車も検知する。そして車内の広いSUV感覚の軽自動車として、eKクロスに続いてeKクロススペースまで登場するのだ。

軽トールワゴンというカテゴリーでも、先進安全装備がクルマ選びの重要なポイントになっている。タフトも全車速追従型クルーズコントロールが採用されることがあれば、非常に大きな武器になる

 この発売時期がわずか1年遅れただけで、市場の評価が大きく変わる進化の速さと競争の激しさ、これこそが軽自動車の新車市場シェアを40%近くまで高めた原動力だ。従ってタフトは残念なクルマになってしまった。仮にプロトタイプ通りに発売して相応に成功させるには、価格を思い切り割安に設定するなどの対策が必要だろう。

 少なくとも、ダイハツ、スズキともに、2014年の悪夢だけは繰り返さないでいただきたい。

【画像ギャラリー】新型ハスラー対抗である「タフト」を詳しくご覧いただこう!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ