CH-Rでエコカーカップ2017に参戦!! WEBベストカーチームまさかの?

 2月11日に富士スピードウェイで開催されたエコカーカップ2017。エコランでありながら燃費だけの勝負でもないこのイベント。

 一周3分15秒より遅く走らなければならず、並み居る猛者たちも燃費との両立に悪戦苦闘。

 そんななか、WEBベストカーチームは若手編集者、そして広告部の女性部員が1名、さらにある助っ人を擁して挑戦するも……。

 その一部始終を紹介しよう。

 文:WEBベストカー編集部/写真:富士スピードウェイ(成田大助)、WEBベストカー編集部


エコカーカップのルールとは?

 エコカーカップには大きく分けて3つのルールがある。

  • (1)ラップタイムは3分15秒より遅く走ること
  • (2)ピットインは最低5回
  • (3)助手席にはナビゲーターが乗車すること

 この3点を守り、マナーを守れば誰でも楽しく参加できるイベントだ。装備もヘルメット、長袖長ズボン、そしてグローブがあればOK(レーシングスーツとレーシンググローブを推奨したい)。

 車種もガソリン、ハイブリッド問わず参加可能でBMWのM3もいれば、アクアやプリウスも参加している。もちろんクラス分けを行うから、不利になることはない。ベストカーはC-HRで参加した。

クロスオーバーとは思えないハンドリングを見せるC-HR。ニュルで鍛えた性能はさすがだ

東名高速通行止めから始まる混乱

 2月11日、土曜日。前日深夜からの降雪によって当日は冷え込みが激しい。先遣隊の編集部塩川はスタッドレス装着車で中央道経由で現地入り。

 早朝の御殿場周辺はアイスバーンの見本市のような状況。輪をかけて困ったことが、イベント参加車のC-HRが東名高速の積雪による通行止めで海老名SAから身動きが取れないこと。

 富士スピードウェイには前日から宿泊していた参加者も多く、どうやら当日の朝に現地入りする参加者は少ないようだ。

 そのような状況もあってか、東名高速通行止めでもプログラムの順延はないとのこと。早速C-HRに乗る編集部高瀬に連絡をして、国道246号線経由で富士スピードウェイ入りしてもらうことに。

 予定から3時間遅れのAM9:30に全員が現地到着。急遽車検を受け、臨時のドライバーズミーティングをクリアし参戦許可をゲット。

 グリッドへの整列時間5分前に準備が終わるという駆け込みで、練習走行もないままコースインとなった。

ゼッケン708番。この番号の意味するものとは?

助っ人はこの人だ!!

 ゼッケン708番。この番号でピンと来た人はかなりのベストカー好き。「708=なおや」ということで鈴木直也氏だ。

 実は同氏、エコカーランでは腕を鳴らす名人。業界屈指のメカ好きでいかに燃費を稼げるかということに精通しているのも大きい。

 以前もこのイベントへの参加経験もあり、ルールに詳しいのも初参加のWEBベストカーチームにはかなりのアドバンテージ。そんな直也氏に聞くとこのイベントを勝ち抜くためのコツは次の一点にあるという。

 ■精密にラップタイムを管理すること

 前述の3分15秒のラップタイムをずっと記録できればタイムとしては最速の部類になる。燃費に関しては下りがメインになる1コーナーからダンロップコーナー付近までで稼ぎ、残りをバッテリーパワーを全開にするというのが定石だ。

 タイム管理にはスマートフォンのアプリを使用するのが一般的なようだが、なぜか今回はストップウォッチでの計測とした。それが後々の悲劇を生むとはこの時は誰も知らない……。

鈴木直也氏と編集部高瀬。スタートドライバーはこの二人だ。ナビゲーターがピットイン後にドライバーに、そして新たにナビゲーターが乗るというローテションで乗車した

コースイン、そして結果はいかに?

 スタートドライバーは鈴木直也氏。3分16秒台という規定ギリギリのラップタイムを刻み、順位も着実にアップ。

 今回はスタートグリッドが68番という最後尾近くをくじで引いたこともあり、かなり苦戦を強いられること間違いなしだっただけに、この好調なスタートは嬉しい限り。

 交代した編集部の2人、広告部の紅一点ササキも順調にラップを重ねる。

 ここでドライバーとして参加中のトヨタ広報部のN氏がピットに慌てて飛んできた。

 「WEBベストカーさん、3分14秒台で走ってるよ!?」

 なんと計測ポイントを勘違いしており、規定ラップタイムより速い周回を重ねていたのだった。挙句の果てにファステストラップも記録。人生でなかなかない瞬間をこんなところで達成してしまうとは……。

 そうこうしているうちにチェッカーフラッグ。総走行距離234.9km、そして平均燃費14.0km/L。

 これだけ聞くと好成績に思えるが実際はペナルティなどが積み重なり、総合68台中66位、クラス18台中18位の大惨敗ともいえる成績だった。

 現行プリウスと同クラスで物理的に不利な部分もあったが、次回以降はしっかりとしたマネージメントを行いながら参戦する必要がありそう。

楽しく走ってなんぼ?

 このイベント、順位が出るから悔しい部分も大きいがとにかく「気軽」が売り。ライセンスも不要だし、車両への大きな改造も必要ない。それでいて一筋縄でいかないルール設定もあり、速くて低燃費で走らなければならないのが奥深い。

 今回参加した広告部のササキ女史もクルマは好きなれど、富士スピードウェイを走るのは初めて。それでいて3分25秒前後でラップを重ねていて、降りてきてひと言。

 「いやー、楽しい!! けど難しいから悔しい」とササキ女史。

 そして直也氏は……、

 「この奥深さは癖になるね。欲を出すと3分15秒なんて超えてしまうし、とても楽しいイベントです。次回も絶対リベンジします。金曜日から練習走行します」ともう次戦の意気込みを発表。

 エコカーカップは夏にも開催されるから詳細はこちらから確認してほしい。

国内随一の1500mのストレートを誇る富士スピードウェイ。数々のレーシングドライバーが戦ってきたのと同じコースを走れる

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ