新型グランエース どうなる? 受注順調なのに販売店が冷淡な訳

 登場前から注目を集めていたトヨタの大型ミニバン「グランエース」が、2019年11月25日に発売された。Lサイズミニバンとして人気の「アルファード/ヴェルファイア」もあるが、それを超えるド迫力のサイズとなっている。

 全長は5300mm、全幅1970mm、全高も1990mmに達するから、試乗会で隣り合って展示されていたアルファードが、まるでヴォクシーのように小さく見えるくらいだ。

多少の前後差はあるが、アルファードってこんなに小さかった? と感じるグランエースの存在感

 そんなグランエースだが、トヨタが明らかにした初期受注台数は2020年1月末までの約1カ月間で950台。年間の販売計画台数(600台)を上回るペースとなっている。

 さて、そんなに好調と聞くと「いったいどんな人が購入しているのか?」が気になるところだ。今回は販売の現場を取材し、グランエースの販売現場での評判や、販売状況について取材した。

文/遠藤徹
写真/編集部

【画像ギャラリー】これで送迎してもらえたら得した気分? グランエースの内外装をチェック!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ