新型グランエース どうなる? 受注順調なのに販売店が冷淡な訳

 登場前から注目を集めていたトヨタの大型ミニバン「グランエース」が、2019年11月25日に発売された。Lサイズミニバンとして人気の「アルファード/ヴェルファイア」もあるが、それを超えるド迫力のサイズとなっている。

 全長は5300mm、全幅1970mm、全高も1990mmに達するから、試乗会で隣り合って展示されていたアルファードが、まるでヴォクシーのように小さく見えるくらいだ。

多少の前後差はあるが、アルファードってこんなに小さかった? と感じるグランエースの存在感

 そんなグランエースだが、トヨタが明らかにした初期受注台数は2020年1月末までの約1カ月間で950台。年間の販売計画台数(600台)を上回るペースとなっている。

 さて、そんなに好調と聞くと「いったいどんな人が購入しているのか?」が気になるところだ。今回は販売の現場を取材し、グランエースの販売現場での評判や、販売状況について取材した。

文/遠藤徹
写真/編集部

【画像ギャラリー】これで送迎してもらえたら得した気分? グランエースの内外装をチェック!!


■受注は好調! でも現場ではまだ1台も売れてない!!?

 トヨタが2019年11月25日に発表、発売した大型ミニバンの「グランエース」は、その後どのようなマーケット評価になっているのだろうか。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している「乗用車ブランド通称名別順位」では、2019年12月:40台、2020年1月:101台という登録実績だった。これをどう見るかで肯定的にも、否定的にも評価できる。

大型ミニバンのアルファードに対して全長で350mm、全幅で120mmさらに大きいグランエース。商用車ベースとは思えない快適な乗り心地を実現している

 扱い店は全国のトヨタ全系列店であるが、「評価を下すには時期尚早」といえそうである。全国275社、4615店、約5万人の営業マンの一部ではあるが話を聞くと、まだ大部分の店舗や営業マンは発売以来1台も売っていないのが現実のようだ。

 販売店が、宣伝用のデモカーとして1台ずつ自社登録しただけで合計275台になってしまうから、これだけの台数だと、ほとんど一般のユーザーには渡っていないと考えられる。

 首都圏にある全系列店の営業担当者にコメントを求めると、「クルマとしての出来はよいかもしれないが、一般のユーザーが自分で運転を楽しむ乗り物ではない。高級ホテル、高級旅館が旅行で訪れるお客さんを送迎するために使う、運転手付きの車両だ」と受け止めているのが現実である。

 そのためにトヨタ系列店のどこの店舗を回っても、展示車を置いているわけではなく、各地区で1台あればいいほうで、ゼロの地区もある。試乗車はほとんどないのでハンドルを握ってから購入するというわけにはいかない。トヨタ系列店のどこでも、購入の受け付けをしているが、2020年3月上旬現在の納期は4カ月待ちの7月中旬以降となっている。量産モデルではないので常時作っているのではなく、受注がある程度たまった時点で組み立てて納車する方式としている。

 グレードは、3列シート6人乗りの「プレミアム」(650万円)と4列シート8人乗りの「G」(620万円)とふたつある。現時点では4列シートの引き合いが圧倒的に多い。8人乗りは観光地での送迎用、6人乗りは企業のVIPがクルマで移動中でも、社内と同じように事務作業ができるように想定したつくりになっている。とはいえ、まだどちらも少数という状況にある。

「プレミアム」の2列目シート。3列目にスペースを残した状態でも足元は広々
「G」の2~4列目シート。1列増えたぶんだけ、シートピッチは狭め。最後列の4列目はベンチシートながら2人掛け
エンジンは、177ps/46.1kgmを発揮する直列4気筒2.8Lクリーンディーゼルターボを搭載。「G」は2770kgという重量級のボディだが、パワー不足を感じることはない

 エンジンは、クリーンディーゼルの2.8Lターボで2WDのみのラインアップだが、これは使用を想定した地域の登坂路や、走行距離の長さを配慮しての対応のためと思われる。

 ボディサイズは全長5300×全幅1970×全高1990mm、最小回転半径5.6mであるから、都市部での一般家庭の車庫や駐車場では出し入れがしにくいケースがあるだろう。狭い道路での運転も難しいので、その点も普及の壁になるといえる。

 グランエースの買い方はほかの量販モデルと同じで、カタログによる営業マンとの交渉で進められる。基本的には車両本体からの値引きはゼロで、10万円程度の用品、付属品サービスのみの場合がほとんどである。トヨタ全系列店扱いだから、他系列店との競合はできないこともないが、営業マンが積極的に売り込む性質の車種ではないので、値引きを要求しても乗ってくる確率は少ないと考えてよい。

■現場が語るグランエースの特殊性 どう売るのか!?

●証言1:トヨタモビリティ東京営業担当者
 東京地区はメーカーの指示で、お台場にある「メガウェブ」で現車を見て欲しいとの要請があり、展示車や試乗車は置かず、カタログだけで販売するようにしている。今のところ、まだ1台も売れていない。

 東京地区は駐車場や車庫が狭く、ファミリーユーザー、法人でも販売は難しい。郊外にある観光地、高級ホテル、旅館などは多少ニーズがあると思うが、グランエースではなく、バンやミニバン、マイクロバスでも間に合うのだから、売り先は限られる。

●証言2:千葉トヨタ営業担当者
 この地区は大型の観光施設や高級旅館もあまりないので、VIPを送迎するような車両のニーズは少ない。したがって、グランエースの展示車、試乗車などは1台も置いてない。店頭にカタログを置いて、必要なお客さんに配布しているだけである。

 エスティマは2019年いっぱいで生産中止になったが、2020年5月からは代わりにアルファード、ヴェルファイア、ハイエースワゴン&バンが扱い車に加わるので、グランエースの必要はあまりない。欲しいお客さんがいれば相談に乗るといった程度である。

●証言3:茨城トヨペット営業担当者
 当社では、デモカーとして使うことを目的に自社名義で1台登録している。必要な用品を装着して、各店舗に持ち回りで展示あるいは試乗用として活用している。

 ほかの扱い車と同様にカタログのみで販売し、現物が見たいとか試乗がしたいという希望があれば、置いてある店舗を紹介するが、まだ当社としては発売以来1台も売っていないので、あまり販売に積極的に取り組んではいないのが現状だ。

 最寄りの観光地やホテルがあれば、送迎用の需要が期待できるが、大企業のVIPが業務用で使うニーズはほとんどない。これまでのアルファードやハイエースで十分に間に合うと考えている。

●証言4:神奈川トヨタ営業担当者
 当社は観光地や高級ホテル、高級旅館を県内に多く抱えているので、グランエースのニーズはあると考えている。このため、ナンバーを取得したデモカーを8人乗りの「G」、6人乗りの「プレミアム」を1台ずつ、合わせて2台を用意して、観光地域の店舗を中心に持ち回りで展示、試乗車として活用している。

 現在までのところはまだ売れていないが、これからは多少売れるのではないかと期待している。ただそれほど多数の台数は出ないと思うので、積極的に売り込みをかけるわけにはいかないだろう。

【画像ギャラリー】これで送迎してもらえたら得した気分? グランエースの内外装をチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ