【1回8km以内は要注意】「チョイ乗り」はシビアコンディション 愛車ケアの注意と方法

 クルマの使用環境はさまざまであるが、その中にはシビアコンディションと呼ばれる文字どおり「厳しい使われ方」もある。

 シビアコンディションが該当する使い方には意外にも、「(俗にチョイ乗りと呼ばれる)短距離の走行が多い」というのも含まれる。

 クルマの利用目的には地域を問わず「近所に行くアシとして使うのがほとんど」とか「エンジンをかけた後はすぐ次の目的地を目指す配送用」という場合も少なくないだけに、チョリ乗りを行うことによるクルマへの弊害や対策は知っておきたい知識だ。

文:永田恵一/写真:HONDA、平野学、池之平昌信、Adobe Stock

【画像ギャラリー】あなたはいくつ当てはまる? シビアコンディションの恐怖!!


シビアコンディションとは?

クルマを普段のアシとして使っている人は多いと思われるが、1回の走行が8km以下の短距離走行、チョイ乗りばかりしているとクルマを傷める

 シビアコンディションに該当する使われ方はクルマに付属するメンテナンスノート(整備手帳)などに記載されており、ここではトヨタ車を例に挙げると以下のような事例が紹介されている。

(1)悪路(凹凸路、砂利道、雪道、未舗装路)での走行が走行距離の30%以上ある
 具体的には運転者が体に突き上げなどの衝撃を感じる荒れた路面、石を跳ね上げたり、わだち等により下廻りが当たる機会が多い路面、ホコリの多い路面を指す。

日本の道路の舗装率は高いが、仕事、趣味などで未舗装路、悪路を頻繁に走る人もシビアコンディションとなるので要注意

(2)走行距離が多い
 過走行と言われる目安としては年2万km以上だ。

(3)山道、登坂路の頻繁な走行
 具体的には上り下りが多く、ブレーキの使用回数が多い場合。目安としては走行距離の30%以上が該当するケース。

(4)短距距離走行の繰り返し
  1回の走行距離が短く、水温などの各部の温度が低い状態での走行が多い走り方をする場合。目安としては1回あたりの走行距離が8km以下が該当する。

都市部で頻発する渋滞は、知らず知らずのうちにクルマにストレスを与えている。クルマがダメージを受けていることを把握すべし

(5)長時間のアイドリングが多い
 目安としては1日のアイドリングでの累積時間が2時間程度。

(7)1回の運転で低速での走行頻度が多い(ディーゼル車は除く)
 目安としては1日で10~15km/hでの走行距離が30km程度ある。

(8)高地走行が多い(ディーゼル車のみ)
 標高2000m以上の高地での走行頻度が多い場合。目安としては走行距離の30%以上。

 というように、前半のいかにもクルマへの負担が大きそうな使い方に加え、後半にはチョイ乗りやチョイ乗りに近い使われ方も含まれている。

 なおシビアコンディションが該当する使われ方は日本車であればどのメーカーでも概ね共通だ。

燃費を気にするがあまりエンジン回転数を極力上げないように運転している人もいるが、燃費にはよくてもクルマには悪影響を及ぼしている

チョイ乗りがなぜシビアコンディションに該当するのか?

 クルマに負荷がかかってないように思えるチョイ乗りだが、シビアコンディションと言われる理由を挙げると以下のようになる。

■冷却水や各部のオイルなどが適温まで上がらない
 クルマを構成する部品が動く際にはすべてに適温があり、冷却水やエンジンオイルであれば80~90℃といったところだ。

 冷却水が適温まで暖まらないとエンジン内部が熱膨張を考慮した適正なクリアランス(隙間)にならない、エンジンオイルなら適温になるまでに出る水分が蒸発せずエンジンオイルの劣化が進みやすいといった弊害がある。

短距離走行のチョイ乗りを繰り返していると、通常状態よりもエンジンオイルの劣化が早い。もしチョイ乗りしかしていないようなら早めのオイル交換が必須

■ストップ&ゴーが多いことによる負担増
 これはチョイ乗りというより街乗りといったほうが正しいが、発進と停止を繰り返すストップ&ゴーが多いとブレーキやエンジンルーム内の熱が抜けにくいことなどにより、クルマへの負担は大きい。

 といったことが挙げられる。

 そのため同じような年式の同車種で、「チョイ乗りばかりで走行距離が短いクルマ」と「高速道路での使用が多かったので過走行」というクルマがあったら、後者のほうが調子はいいということも珍しくないのだ。

 人間ならチョイ乗りはイライラの溜まるデスクワーク、高速道路はノビノビと体を動かす運動と例えられ、ストレスが少ないのはどちらかは明白だろう。

サーキット走行はクルマの各部に大きなストレスを与えるが、チョイ乗りの連続は、そのサーキット走行よりもクルマには害となるケースもある

シビアコンディションだと整備はどう変わる?

 これも日本車であれば概ね同じで、ひとつは「法定点検ではあるけどやらなくても罰則はない」12カ月点検の項目が増える。

■ステアリングギヤボックスの取付けの緩み
■ロッド、アーム類のボールジョイントのダストブーツの亀裂、損傷
■ブレーキドラムの摩耗、損傷
■ブレーキディスクの摩耗、損傷
■サスペンションの取付部、連結部の緩み、ガタ
■サスペンション各部の損傷
■ドライブシャフトのユニバーサルジョイント部のダストブーツの亀裂、損傷
■燃料もれ

シビアコンディションにさらされ続けると重要保安部品であるブレーキも大きな影響を及ぼすのでマメな整備が必要になる

 これらが加わり、シビアコンディションに悪路の走行や山道の走行が多いというのが該当するのを見ると、緩みがあってはいけない箇所やブレーキ関係のより入念な確認が必要になるのはよくわかる。

 そのためシビアコンディションに対応した12カ月点検を受ける際はマツダの場合クルマのサイズにもよるが、点検料はノーマルコンディションに対し2000円から3000円高となる。

 数万円高くなるなら迷うだろうが、このくらいの金額でできるならやらない手はない。

 もうひとつは前述したようにアイドリング時間が長いクルマも含めエンジンオイルの劣化が進みやすいため、エンジンオイルの交換サイクルが通常のノーマルコンディションの半分になる。

 具体的にはノーマルコンディションが1年もしくは1万km走行の早いほうなら、チョイ乗りの多い場合は半年もしくは5000kmの早いほうといった具合だ。

チョリ乗りが多い人向けの対策は?

チョイ乗りがメインという人は、暇な時間を見つけてエンジンを回して走行するとクルマへのストレスは軽減される。そのためには高速道路を走るのが打ってつけ

 チョイ乗りの移動範囲ならクルマを使わず徒歩や自転車、公共交通機関を使うというのが理想なのだろうが、送迎や荷物のある買い物などクルマでないとならないことも多々あるのを考えると、それは難しい。

 対策としては、シビアコンディションに応じたサイクルでエンジンオイルの交換を行う、時間がある時には空いた道を10km程度、できればエンジンを適度に回すのも含め走らせる。高速道路の走行はそれに最適だ。

 それから最後にひとつ。チョイ乗りは燃費にも悪影響を及ぼすことを覚えておこう。愛車の燃費がよくない、と感じる人は、自分では気づかないが、チョイ乗りしかしていない、というケースも多いのでは?

 チョイ乗りはクルマを傷める感覚など皆無、というよりも丁寧に乗っているつもりでいるのに、クルマに悪影響が出るというので本当に厄介な存在だ。

チョイ乗りはクルマにダメージを及ぼすだけでなく、燃費も悪化してしまう傾向にある。チョイ乗りはまさに百害あって一利なしなのだ

【画像ギャラリー】あなたはいくつ当てはまる? シビアコンディションの恐怖!!

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ