日本限定!! ロータス エリーゼ スペシャルカラーエディションは特別な色ばかり!!


 英国の名門スポーツカーメーカー「ロータス」の中核モデル「エリーゼ」に、日本だけの限定車が登場。

 厳選されたカタログモデルでは選べないボディカラーを始め、数々のオプションを特別装備しているのが特徴となる。一体どんなカラーが登場するのだろうか。

文:大音 安弘、写真:エルシーアイ

【画像ギャラリー】より華やかに開花した!ロータス エリーゼ スペシャルカラーエディションを全色披露


厳選された特別カラーのエリーゼ

 ロータスカーズ⽇本正規販売輸⼊総代理店であるエルシーアイは、2020年2月28日、限定車ロータス エリーゼ スペシャルカラー エディションを発売した。

 特徴であるボディカラーは、全8色をラインアップ。限定数は、各色5台ずつの計40台を用意する。価格は、全仕様統一の699万6000円だ。

全8色を用意する「ロータス エリーゼ スペシャルカラー エディション」は、日本専用の限定車だ

 ベースとなるのは、カタログモデルの「エリーゼ スポーツ220Ⅱ(6MT)」だ。

 パワーユニットは、1.8L直列4気筒DOHCスーパーチャージャーエンジンをミッドに搭載。最高出力220ps/6800rpm、最大トルク250Nm/4600rpmを発生する。車両重量904㎏(ベースモデルの本国参考値)の軽量なボディとの組み合わせで、ライトウェイトスポーツらしい刺激的な加速が楽しめる。

厳選された8色のボディカラー

 最大の特徴となるボディカラーは、現在、カタログモデルで、オーダーすることができない厳選された8色を採用したもの。

最大の特徴である特別仕様のボディカラー。写真は、ゼストイエロー

 各色を紹介すると、通常モデルには設定のない「ブロンズカッパーレッド」。以前に設定され、人気が高かった「ゼストイエロー」と「ナイトフォールブルー」。

 そして、今後プレミアムペイントとして、オプション設定が予定される新色「アイソトープグリーン」「バーンとオレンジ」「デイトナブルー」の3色を採用。

 さらに他モデルの人気色も取り入れており、3-ELEVNの「メタリックレッド」とエキシージ カップ430の「バトルシップブレ―」をそれぞれを取り入れた。

 これらは、有償色となるスペシャルペイント及びプレミアムペイントに相当するものだ。

外装パーツの一部をブラック仕上げとする「ブラックパック」も標準化

 さらに エクステリアでは、リアトランサムパネル、ロールフープカバー、ミラーキャップ、フロントアクセスパネルをブラック仕上げとする「ブラックパック」とアルミホイールのブラック化を行うことで、よりシャープなスタイリングとしている。

次ページは : 外装色に合わせたコーデのインテリア