【シティ シルビア チェイサー RX-7…】 もう一度乗りたい!!! レストアしてほしい往年の名車たち 9選


 最近、静かにではあるが確実にその裾野を広げつつあるレストアサービス。

 かつての愛車をもう一度新車状態で乗りたい…というのはもちろん、あの時手が届かなかったあの名車たちに触れられるチャンスが! と聞けば、往年のクルマ好きたちが黙っちゃいまい(実際黙ってられなかった編集部内の人間たちが続々とネタを投下する事態に)。

 そこで、本企画では「レストアしてほしいクルマ」にクローズアップ。5名の自動車評論家、そしてなぜか4名もの編集部員に思いの丈を語ってもらった。

【画像ギャラリー】レストア渇望…!!! 往年の名車たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年2月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月26日号


■メーカーが取り組むレストアサービス

 まずは、すでに実施されているレストアメニューやパーツの再供給についてご紹介しよう。

NA型初代ユーノスロードスターレストアプロジェクト……2017年12月に発表された初代ロードスターのレストアサービス。その第5号車の納車式の模様と工房の様子についてはすでにベストカーでもお伝えしたとおり。54人の申し込みがあったが、基準を通過できたのはその半分だった。基本メニューは250万円で、さまざまな追加メニューを入れると総額500万円オーバーに。また、レストアとは別に初代ロードスターの部品の再生産も2018年から開始された。

ビートの補修部品再生産……2018年6月から販売開始となり、シートベルト、ヒーターブロアモーター、ライセンスライト用レンズなどが販売。

NISMOヘリテージ・パーツ・プログラム……2017年4月に発表された「ニスモ・カーズ事業部」の新設に伴い、その第1弾としてR32スカイラインGT-Rの部品再供給が同年秋からスタートした。

ファクトリーライン……R32~34型スカイラインGT-Rを対象としたリフレッシュメニューでNISMO大森ファクトリーで展開。

マツダのレストアサービスのホームページ

■ホンダ 初代シティカブリオレ(小沢コージ)

 断然、1980年代のイケててトガってたホンダ車。CR-Xとかワンダーシビックとかそれこそシティカブリオレとかレストアしてほしい。

 あの頃のホンダは、今アラ50世代で響く人がある程度確実にいる。ってか個人的にハコスカとかケンメリは演歌調入ってるのでさほどほしくなくて、山下達郎風味のオシャレホンダのほうがぜんぜんほしい。

 ってか実は自分自身数年前シティカブリオレに乗ってたが、一瞬にして20年前が蘇った。なにが面白いって、欠点だらけなこと。

初代シティ登場から3年後の1984年、オープン仕様のカブリオレが登場。ホンダではS800以来となるオープンで、幌の設計はピニンファリーナが担当していた

 ボディ剛性はヘナヘナだし、ホンダマティックも滑り感バリバリ。でも、ステアリングの効きが妙によかったり、路面の轍に取られまくりだったり、幌を上げると風をガンガンに巻き込んだり、エンジンの吹けだけは意外によかったりして超面白い。

 今のエンジンみたいに軽く回らないんだけど、1度勢いついたら止まらないというか。

 とはいえレストア遡上に上がらない理由もわかる。シティ・カブリオレ、今探したらネットで89万円。俺が乗ってた頃より70万円くらい上がっているけど、これだとレストアしてもさほど元は取れない。

 このあたり、平気で1000万円はつくハコスカGT-Rの敵じゃないです。幌とかパーツもぜんぜんないし、もっと価値が上がらないとなぁ。ってかもっとアラ50世代がお金持って競い合えばいいのか? って不況の今じゃ難しいよそれも。

次ページは : ■日産 5代目‌S13型シルビア(片岡英明)

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ