永遠の憧れが現実的な価格で手に入る!? スバルの旗艦アルシオーネSVX 今こそ買い時

 水平対向エンジンを作っているメーカーは少数派で、ポルシェと並び日本のスバルが有名だが、その中でもスバルのフラット6はかなり希少価値が高い。

 スバルのフラット6は1987年にアルシオーネに追加されたのが始まりで、現状では先代レガシィアウトバック3.6Rに搭載されたEZ36が最後になっている。

 そのスバルのフラット6の歴史の中で燦然と輝いているのが1991年にデビューしたスペシャルティクーペのSVXと言っていいだろう。SVXはまさにスバルのフラット6のシンボルと言える存在だ。

 そのSVXは日本での販売台数が少ないうえに生産終了してから20年以上という年月が経過しているため中古車のタマ数も多くない。

 本企画では、スバルのスペシャルティクーペの中古車のタマ数、相場などについて最新情報をレポートする。

文:萩原文博/写真:SUBARU

【画像ギャラリー】現在はスバルのラインナップから消滅!! スバルのフラット6搭載車ヒストリー


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ