変わらない安心感とスイスポ絶好調!! スイフトの販売が堅調な理由


 現在日本のコンパクトカー業界の注目はホンダフィットがフルモデルチェンジされ、トヨタヴィッツもヤリスに移行したこともあり、この2台に集中している。

 フル販売最初の2020年3月は登録車でフィットが2位、ヤリスが3位と幸先のいいスタートを切った。

 そんなコンパクトカー業界においてあまり目立たない存在ながらスズキスイフトの販売も堅調だ。当記事では現行スイフトの軌跡や販売状況を交えながら、現行スイフトの販売が堅調な理由を考察する。

文:永田恵一/写真:SUZUKI、MAZDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】スズキスイフト&スイフトスポーツは初代からガラリと変わった後は超キープコンセプト!! 


現行スイフトは4代目

初代スイフトから数えて4代目となる現行モデルは、エクステリアはキープコンセプトながら大幅な進化を遂げて登場

 スイフトは初代モデルこそ軽自動車をベースに拡大した成り立ちだったが、2004年登場の2代目モデル以降、「ボディサイズやポジションはヴィッツ&ヤリスとデミオ&マツダ2に近い広さは重視しないコンパクトカーのド真ん中。

 ヨーロッパでも販売される世界戦略車だけに走りは骨太でスポーツモデルのスポーツも設定し、価格は安価」という基本的なコンセプトは変わっていない。

 2016年12月登場の4代目モデルとなる現行スイフトは、リアドアのドアハンドルを上方に置いた一見3ドアハッチバックに見えるエクステリアやD型ハンドルを採用したインテリアなどにより、視覚的なスポーツ性を向上。

スイフトは下がフラットになったD型ハンドルを採用。計器類の視認性、操作性にもこだわり、インテリアの質感も高い

 機能面ではスズキが展開する新世代のプラットホームであるハーテクトの採用により、十分なボディ剛性を確保しながら100kg級の軽量化を実現した点が注目された。

 パワートレーンはベーシックな1.2L、直4ガソリン、1.2L、直4ガソリンのオルタネーターを強化した簡易ハイブリッドとなるマイルドハイブリッド、1L、3気筒ターボでスタート。

新型スイフトではスズキの新世代プラットフォームのハーテクトを採用。大幅な軽量化により走り、燃費面でも大きく向上(写真はスイフトスポーツ)

2017年にスイフトスポーツを追加

 2017年7月には1.2Lガソリンに5速MTのクラッチ操作とシフト操作を自動化した5速AGSを介して14馬力の小型モーターを組み合わせたかつてのホンダIMAのようなハイブリッドを追加。

 グレード展開は標準系に加え、現行モデルから先代モデルで追加されたヨーロッパ仕様のサスペンションやチューニングを施した電動パワステなどを持ち、より走りに磨きを掛けたRS系の存在感が目立つものとなった。

現行スイフトは2016年のデビュー時はマイルドハイブリッドをラインナップ。2017年7月にハイブリッドを追加して2本立てとなった

 また現在も変わっていない自動ブレーキ&運転支援システムは単眼カメラとレーザーセンサーを使ったもので、約40km/h以上の速度域で作動する先行者追従型のアダプティブクルーズコントロールも装備している。

 これは現在でもコンパクトカーとしては水準程度の性能を備えている。なおハイブリッドが追加されるまでの月間販売目標台数は3000台だった。

 2017年9月にはスイフトスポーツが追加された。

 現行スイフトスポーツはヨーロッパ仕様と共通の3ナンバー幅となるボディを持つ(つまり5ナンバー幅となる標準のスイフトのボディは日本専用ということだ)。

2017年9月に追加されたスイフトスポーツの全幅は1735mm。4代目にしてシリーズ初の3ナンバーボディとなったがネガは感じられない

 パワートレーンは6速MTと6速ATと組み合わされる1.4L、直4ターボ(140ps&23.4kgm)にパワーアップされ、そのパワーを受け止める足回りなどの強化も抜かりないものとなっている。

 またスイフトスポーツが追加された時点で月間販売目標台数は3500台に増やされた。

 その後スイフト、スイフトスポーツはスイフトの特別仕様車の追加やグレード体系の見直しがあったくらいで、現在まで目立つ改良は受けていない。

次ページは : 現行スイフトの販売推移

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ