スタイルよし走りよし価格よし 実力はクラス1位マツダCX-8の真骨頂

 マツダは販売面で苦労しているといわれているが、いまや車業界のトレンドであるSUVは堅調に売れている。新型CX-30はなかなかの人気だし、既に認知されているCX-5、そして3列シートのCX-8が着実に売れているのだ。

 CX-8は2019年に2万3271台(月販平均約2000台弱)を販売。今年に入っても同じような販売ペースを推移している。これはLクラスSUVとしてはかなりの数だといえる。 

 そこでどこにそんな魅力があるのか? 詳しくし教えて!! という要望に応え、松田秀士氏が自らの経験をもとにレクチャーする。

文:松田秀士/写真:MAZDA

【画像ギャラリー】月販平均約2000台を販売する人気LクラスSUVのマツダCX-8の細部に迫る!!


CX-8の魅力を検証する!!

 実は筆者・松田秀士、この1月から連続3カ月CX-8に乗っていました。はい、広報車を長期借用したのです。

 冬、ボクはスキーに行きます。我々の仕事は土日も関係なく、明後日空いていません? などとドタ依頼も多く大変なのですが、平日にポッカリお休み(しょっちゅう?)というのがある。

 で、急に思い立ち一人でスキーに出かける、ということがよくあるのだ。そんな時、四駆でスタッドレスタイヤを履いたSUVがあるととても重宝する。そんなわけでCX-8を借りてみた。お借りしたのはディーゼルの4WD仕様だ。

全長4900×全幅1840×全高1730mmというLクラスSUVのマツダCX-8は、ディーゼル搭載モデルが3列シート仕様となる

 ボクが大好きなスキー場は長野県にある白樺高原国際スキー場。都内からは片道約2時間半の距離。160cmのカービングスキー板はリアシートを畳めばたすき状に置くことでそのままラゲッジスペースに納まるし、2列目シートの片方の背を倒せば縦に置くことも可能。

 この場合、2列目シートに2名乗車+リアシートに1名と、助手席と運転手合わせて5名で移動が可能だ。CX-8のディーゼルは3列シートだから使い勝手に合わせて乗車できるのがすばらしい。

高速走行で抜群の安定感

 高速道路を移動して感じるのは室内静粛性の高いこと。究極に静かというほどではないけれども、耳障りでなく、運転席の声が3列目までしっかり通るように人の声の周波数に干渉するノイズを徹底的に消したのだという。

 ノイズが少なければ長距離移動でも疲労感が少なく快適。また好きな音楽を聴くのにもオーディオの性能がより生きてくる。

CX-8は高速道路でも一般道でも走りのスタビリティが高い。足も硬すぎず柔らかすぎず、しなやかな動きをする

 サスペンションのフィーリングはソフト系。それでもレーンチェンジをした時のロールの速さや復元性も速く、不安を感じることもない。

 高速走行だと路面の凸凹や継ぎ目を通過する時の入力が速いけれども瞬間的に強い。こういう状況はサスペンションのストローク性よりもサスペンションブッシュやサブフレームそしてボディーの共振が原因で不快感が生まれるもの。

 実はCX-8は北米仕様のCX-9のプラットフォームを採用している。CX-9は北米で人気のラージサイズSUVだ。つまり格下のCX-5をベースとしていない。

 サスペンションアームもCX-9のモノをリサイズして装着しているのだ。つまりワンランク上のクォリティがCX-8にはあるのだ。

CX-8は下のクラスのCX-5ではなく北米で販売されている上級のCX-9のプラットフォームをはじめコンポーネントを使用しているためチープ感がない

運転支援機能が充実して疲れない

 もうひとつ高速移動で素晴らしいのは、これは安全運転にも重要なADAS(運転支援機能)が充実していること。

 ACC+LKA、ACCが渋滞対応でしっかりしている。さらに車線内中央維持機能のLKA(レーンキープアシスト)はレーンキープアシストの強さを好みにセットできる。

アクティブドライビングディスプレイはフロントウィンドウに投影するため視線の移動も少ないうえに疲労軽減にも大きく役立つ

 またACCとLKAはセットではなく(他メーカーはセットが多い)独立して作動させることができるのだ。ボクは運転疲労軽減にLKAを重要視するのでこれは助かる。

 スキーで疲れた帰路、ADASがあると本当に助かるのだ。ADASがあることで行動半径が広がるといえる。

気持ちのいいハンドリング

 諏訪南ICで高速を降りるとすぐ傍のGSで給油する。理由は現地の冬季用軽油を入れてトラブル予防のため。気温が低い山に登るので軽油の凍結防止。以前、エンジンが掛からなくなった経験から必ず行う。

 とここまで燃費は少し飛ばし気味だったので15km/Lほど。巡航速度を80km/hに落とせばいきなり19~21km/Lにまでアップする。いかにこのクラスのSUVは空気抵抗が大きいのかが窺えるが、次期モデルでこの点は改善の余地がある。

CX-8のインテリアはほかのマツダ車同様に非常にクォリティが高く満足度も高い。デザイン、素材にもこだわりが感じられる

 高速を降り給油しスキーブーツを出して助手席の足元に置き温める。ボクのスキーブーツは温めてシェルを柔らかくしないと履くのに時間がかかる。セパレート可能なエアコンがしっかりと助手席足元に温風を吹き付けてくれる。

 そこからは山道のワインディング。サスペンションはしなやか。柔らかすぎるでもなく、もちろん硬くはない。コーナーでの切り返しや、奥深く曲がり込んだ中速ヘアピンなど、コーナリングがとても気持ちいい。

 軽快と重厚の中間のハンドリングで、そのフィーリングに安っぽさがないことも重要だ。民家の多く狭い田舎道では視界が良好なことも重要。

CX-8はアイポイントが高いだけでなく後方視界も良好だ。大きなボディながら安心して運転できる重要なファクターだ

 対向車とすれ違う時など、思わぬ障害物や人、動物に注視しなくてはならない。CX-8の視界はすこぶるいいと感じる。

 ただしひとつだけ改善を要求したいことがある。

 フロントサイドウィンドウに降雪時や雨の時に水滴が付着しドアミラーが見辛くなる。このとき窓を上下させるだけでCX-30などは水滴除去でき視界がクリアになる。CX-8は出来ないのだ。上級車種なのに。

安心感の高い4WDがオススメ

 雪道やウェットなど滑りやすい路面では4WDの性能がモノを言う。オンデマンド式だがマツダの4WDは最近制御がとても進化していて、滑りやすい路面状況下では常にわずかなテンションをかけていていち早く駆動を配分する。

 またマツダ独自のGベクタリングコントロールは雪道で特に有効なので不安に感じることはほとんどなかった。

 スキー場に到着するとウェアを着替える。2列目シートに移動して我儘にスペースを使い切ってウエアチェンジ。足元も広いから温めておいたスキーブーツも外に出て寒気の中で勇気を絞ることなく室内で履ける。

雪道やウェットなど滑りやすい路面では4WDが安心。マツダの4WDはオンデマンドながら進化を続け、高いスタビリティを持っている

 電動で開け閉めできるリアゲートを開けると荷室の高さはちょうどよく、スキー板などの長尺ものの出し入れなどストレスなく行える。

 バンパー下に足を差し入れるだけでオートパワーオープンできる機能があればもっといい。とはいえ、ドアの鍵がかかったままリアゲートのみ開閉できる機能はなかなか便利だった。

LクラスSUVながら安い!!

 総括しよう。

 CX-8は車幅が1840mmと広すぎず日本の交通事情にもマッチする。一般道、高速道路とも運転して快適だ。

 フロントガラス投影型のヘッドアップディスプレーを装備していて運転もしやすい。また750㎏までのトレーラーをトーイング(牽引)することも可能なのだ(ディーゼルのみ)。

 トータルしてとても実用的で安全・快適な1台といえ、堅調な売れ行きに納得ができるのだ。

ディーゼルモデルは750kgまでのトレーラーをけん引可能。それゆえ、ボートなどをけん引して楽しむこともでき、非日常の世界が味わえる

 あと、全長4900mmのLクラスSUVでガソリンモデルは294万8000~458万9000円、ディーゼル搭載モデルは382万8000~467万600円という価格設定も非常に魅力的だ。

 乗車定員はガソリンが2列5人、ディーゼルが3列6人/7人ということで、ディーゼルを選べばミニバンのように多人数乗車が可能なのもポイントが高い。

【画像ギャラリー】月販平均約2000台を販売する人気LクラスSUVのマツダCX-8の細部に迫る!!

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ