自動車文化を守れ!! 13年超車の重課税に反対せよ

 ゴールデンウィーク明けに郵送されてくる自動車税の納付通知は、自動車ユーザーにとって毎年ズシリと重い。

 それが複数所有、重課税される13年超の古いクルマに乗っている人、その両方というにはダブルパンチ、トリプルパンチである。

 車種によっては15%増しでたかが数千円の負担増という見方もできるが、果たしてそれでいいのだろうか。

 さらに言うならば旧車は環境負荷が高いというが、一律でくくるのはどうだろう? 燃費が悪いクルマならば、それだけ多くガソリン税を払っているというのに!

 当記事ではそのトリプルパンチを食らっている筆者が古いクルマに対する重課税廃止を自分の経験を交えながら訴える。

 文:永田恵一/写真:TOYOTA、SUBARU、SUZUKI、Adobe Stock(naraz-stock.adobe.com)


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ