独りでもこんなに愉しいぞ!? 新型コロナ禍の“ぼっち”カーライフ指南 5選

独りでもこんなに愉しいぞ!? 新型コロナ禍の“ぼっち”カーライフ指南 5選

 39県の非常事態宣言解除からはや2日。解除された地域の人も、そうでない人も、まだまだ予断を許さない状況であることに変わりはない。

 とはいえ、さすがにこうも自粛生活が続くとダレてきてしまう。こういった状況下では、クルマの運転と同じで一瞬の緩みが思わぬ事態を引き起こす。

 そこでだ、日夜編集・取材に明け暮れた末に晴れて「ぼっちマスター」となり果てたベストカー編集者たちが、独りでも楽しめる“ぼっち”カーライフ術を指南する!

※ただし、現在もなお新型コロナウイルス感染症で全国の医療資源が逼迫しており、また緊急外来も立て込んでいる状態が続いている。クルマを運転する際は、事故にはくれぐれも気を付けていただきたい。

【画像ギャラリー】“コロナ明けにはクルマの達人になれる!? “ぼっち”カーライフの極意をギャラリーチェック!!!

※本稿は2020年4月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年5月10日号


■“ぼっち”カーライフVol.01 ミニサーキットで走って遊べ!

 日本全国には、手軽に走れる「ミニサーキット」がたくさんある。富士や鈴鹿のような本格的なサーキットはちょっと敷居が高いと思っているアナタ、確かにサーキットライセンスを取得したり、走行料金が高い、レーシングスーツが必要だったりと、ハードルは高い。

ミニサーキットでクルマを楽しもう!

 でも、多くのミニサーキットは簡単な講習会を受けて会員になれば、15〜20分あたり1500〜2000円程度で思いっきり走ることができる。

 ミニサーキットではヘルメットは必須だがレーシングスーツは不要というところも多いので、費用面でも助かる。山道走るより安全で、クルマを楽しむには最高だ。ATだってOK、軽だってもちろんOKだ。

●全国ミニサーキット図鑑(ギャラリーで各サーキットのリンク先を公開!)
・新千歳モーターランド(北海道千歳市/0123-23-5115)
・オートスポーツランド砂川(北海道砂川市/011-864-3393)
・エビスサーキット(福島県二本松市/0243-24-2972)
・筑波サーキットコース1000(茨城県下妻市/0296-44-3146)
・ヒーローしのいサーキット(栃木県宇都宮市/028-669-1031)
・つくるまサーキット那須(栃木県/080-7823-6773)
・本庄サーキット(埼玉県本庄市/0495-72-9611)
・袖ケ浦フォレストレースウェイ(千葉県袖ケ浦市/0438-60-5270)
・茂原ツインサーキット(千葉県茂原市/0475-25-4433)
・南千葉サーキット(千葉県市原市/0436-52-4400)
・スポーツランドやまなし(山梨県韮崎市/0551-22-8226)
・日本海間瀬サーキット(新潟県新潟市/0256-85-2201)
・タカスサーキット(福井県福井市/0776-87-2330)
・モーターランド三河(愛知県新城市/0536-37-5501)
・スパ西浦モーターパーク(愛知県蒲郡市/0533-58-1111)
・オートランド作手(愛知県新城市/0536-39-3611)
・名阪スポーツランド(奈良県山添村/0743-87-0007)
・セントラルサーキット(兵庫県多可町/0795-32-3766)
・中山サーキット(岡山県和気町/0869-93-2333)
・スポーツランドTAMADA(広島県広島市/082-818-7198)
・TSタカタサーキット(広島県安芸高田市/0826-59-0055)
・阿讃サーキット(徳島県東みよし町/0883-79-3705)
・SPEED PARK恋の浦(福岡県福津市/0940-52-7171)
・HSR九州(熊本県大津町/096-293-1370)

■“ぼっち”カーライフVol.02 洗車&クルマいじりで汗をかけ!

 そうはいっても、やっぱり「ミニ」でもサーキットはちょっとな〜、というのであれば、一転、じっくりと、愛車を徹底的にきれいにしちゃうってのはいかがだろうか?

 洗車だったら、それこそ一人で黙々と進められるし、なにしろ屋外だ。「三密」には該当しない。

 せっかくだから、普段の洗車ではなかなか手の届かない細部を徹底的に磨き上げちゃおう。

タイヤを綺麗にするなら、ついでにエア圧の確認もしておこう。タイヤのエアは少しずつ減っていく。内圧が低いと燃費にも悪影響をおよぼす

 まずはボディをザっと水洗いしたら、窓磨きだ。

 窓の汚れは水垢に加え油膜も付着してなかなか頑固。窓ガラス用コンパウンドが市販されているので、こいつでキュッキュッ磨いてやる。そんなの持っていないというなら、通販で買っちゃおう。買い物に行かないですむので、「三密」抑止にもなる。

 お次はヘッドライト。ちょっと古いクルマだと、ヘッドランプカバーが摺りガラスのように曇ってきたり、黄ばんでしまっているものが多い。

樹脂製のヘッドランプカバーは紫外線の影響などで徐々に表面が曇ったり黄ばんだりしていく。コンパウンドで根気よく磨いていけば綺麗になる

 昔はガラスだったカバーだが、最近はプラスチック(ポリカーボネート)のものが多く、紫外線による劣化や表面の細かい傷などで曇ったり黄ばんだりしてしまうのだ。

 このままだとライトの照度が低下して夜間危険だし、見た目にもクルマがボロっちく見えてしまう。

 これも専用ケミカルが市販されているのだが、まずは汎用コンパウンドで磨いてみよう。正直、腕がパンパンになるほど磨きをかけないと、なかなか曇りは取れないのだが、次第にクリアになっていくのを実感すると俄然元気が出る。コンパウンドは塗りすぎるとダメなので、少量をウエスにとって、磨きこむように、根気よく作業するのがポイント。ヘッドライトカバーがきれいになると、なんかクルマがグッと引き締まったように見えるぞ。

 ここまでやるとかなり疲れてきたし、時間だって2時間くらい経っている。

 でも、窓とライトがきれいになると、今度は足元の汚れが気になる。そう、タイヤだ。

 しばらく放っておくとタイヤは妙に白っちゃけて見える。まずは洗剤で汚れをきれいに落としたら、トレッド面の傷や異物の刺さりなどがないかチェックしよう。

タイヤは洗剤でキレイに洗ったあと、トレッドやサイドウォールの傷や異物の刺さりなどを確認し、最後の仕上げはタイヤワックスでピカピカにする

 で、サイドウォールだ。タイヤワックスでピカピカに磨き上げてやる。

 ここまでやると、ボディが少々やつれていても、クルマ全体が生き生きして見えるから不思議なもの。半日はクルマ磨きで「遊べる」ぞ!!

次ページは : ■“ぼっち”カーライフVol.03 一人でもぜんっぜん楽しい! 愛車の燃費記録に挑戦!

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ