ついに新型キックス日本発表秒読み!! 日産が2代目ジュークを国内導入しない理由とは?

 2020年5月15日、タイ日産が現地仕様を発表したことで、ついにその姿が明らかとなった、新型コンパクトクロスオーバーSUV「日産キックス」。

 新しいフロントフェイスにe-POWERを搭載し、新たに14の先進安全技術を採用。日本でも6月以降に導入される計画であり、日本市場での活躍が大いに期待できる一台だ。

 もともと日産には、「ジューク」というコンパクトSUVがあった。昨年の9月に欧州市場で2代目ジュークがデビューしたが日本国内には投入されず、ジュークは日本市場からは撤退となってしまった。

 新型ジュークと新型キックス、どちらも日本市場にもぴったりな、コンパクトクロスオーバーSUVであるが、なぜ日産は、2代目ジュークではなく、キックスを日本導入することにしたのだろうか。

文、表:吉川賢一

写真:日産、トヨタ/動画:日産タイ公式チャンネル

【画像ギャラリー】5月15日に発表した新型キックスと2代目ジュークをみる


2代目ジューク、新型キックスはどういったクルマか?

2代目ジューク(日本未発売)

 2代目ジュークの全体的な印象は、初代譲りの丸型ライトなど、基本的には初代ジュークのキープコンセプトではあるが、ボディサイドのキャラクターデザインや大きなVモーショングリル、シャープなテールランプなど、ずいぶんと洗練された印象を受ける。

 「普通にカッコ良い」というのが、筆者の印象だ。エンジンは最大出力117ps、最大トルク200 Nmを発生する1.0リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンのみ。

 トランスミッションは7速DCTもしくは6速MTとなる。空気圧モニタリングシステムや6つのエアバッグも備え、ボリュームのあるフロントシートには、ヘッドレストの左右にBOSE製スピーカーが装備されており、ドライバーを包み込むような極上のサウンドを提供する。

 また、APPLE CARPLAYとANDRIOD AUTOに対応したナビゲーションシステムを採用している。

2020年5月15日にタイにて発表された日産キックスe-POWER。

 一方の新型キックスであるが、今回の日本導入に合わせて、かなりブラッシュアップされている。2016年から販売されている現行のキックスに対し、ヘッドライトを大型化し、グリル周りの主張を強め、シャープなフロントマスクへと変わる。

 ボディサイズは全長4295×全幅1760×全高1585mm。トヨタC-HRや、ホンダヴェゼルと比べてみても小さく、日本人がコンパクトSUVとみなせるサイズに、ぴたりと当てはまっている。

 また、搭載されるパワートレインはe-POWERで、モーター出力や制御の向上、アイドリング時のエンジン騒音低減、ワンペダル操作でのスムーズな走行性など大幅に改良が施されている。日本市場向けには当然、プロパイロットや各種の先進安全装備も搭載されるだろう。

 なお、今回はe-POWERのFFのみだが、4WDや1.5LのNAガソリン、1.6Lターボを遅れて追加される、というのが有力情報だ。

日産タイ公式チャンネルより

2代目ジュークではなく、新型キックスを導入するワケ 

その1「大きさと価格」

 2代目ジュークのサイズは、キックスよりも幅広くて短い。ライバルとなるヴェゼルよりも40ミリ広く、C-HRよりも5ミリ広い程度ではあるが、1800ミリという大台にのっているため、ライバルたちよりもちょっと大きく感じられてしまう。

 コンパクトSUVを求める日本人のユーザーには、キックスのほうが、より適していると考えられるのだ。

 さらに、キックスは、南米やアジア、北米など、世界各国で販売されているため、世界の数か所の生産工場でつくられており、日本から比較的近いタイにも生産工場がある。

 しかし、2代目ジュークは現在のところ、欧州のみでの販売のため、生産工場はイギリスのサンダーランド工場のみ。

2代目ジュークを製造しているサンダーランド工場(イギリス)

 直線距離で約900キロのタイと、約9000キロのイギリス、完成車は海上輸送なので実際の移動距離はもっと伸びるが、ロジスティックスは当然、タイの方が近く、納期も輸送コストもはるかに抑えられる。

 そのため、新型キックスと2代目ジューク、似たようなサイズ感と装備だとしても、日本市場での販売価格は、おそらく10~15万円ほどの価格差がついてしまうのだ。

 もちろん、初代ジュークは、日本の追浜工場で生産されていたので、そこへ製造ラインをつくることはできたであろうが、新型車に合わせて製造ラインを一本構築するのには、非常に大きな投資が必要であり、今の日産には困難であったのだろう。

 ジュークは、より販売が見込める欧州に生産工場をおき、タイでつくったキックスを日本へ輸入するのが、いちばんコスパがいい、と日産は判断したと思われる。

グレード(基本価格) /タイ現地通貨バーツ(日本円換算)
VL/1,049,000(350万6295円)
V/ 999,000(333万9169円)
E / 949,000(317万2043円)
S /889,000(297万1493円)
※1バーツ=3.35円(2020年5月現在)

その2「デザイン」

 時が定かではないが、筆者はとある現場で、ボディに偽装をした初代ジュークの最終実験車を目にしていた。当時は、どう見てもカッコいいとは思えなかった。

 前後が短く、背が高く、タイヤもアンバランスに大きい。「デザイナーの暴走、どうしてあんなのが出てきたのだ」と同僚と話していたのを思い出す。

癖の強いデザインが特徴的な初代ジューク

 正直なところ、筆者レベルのデザイン感度だと、売れるとは思っていなかった。しかし、デビューするや否や世界中で大ヒット。

 「キモカワ」、「ブサカワ」など、散々言われていたが、かえってあの「癖の強さ」がウケけたのかもしれない(筆者の父も、知らぬ間にジュークターボを買っていた…)。

 初代ジュークのヒットは、ライバルが誰もいなかったときに、あのチャレンジングなデザインで出したことが、見事にはまったのだろう。

 だが今や、ライバルとなるホンダヴェゼルやトヨタC-HR、そして、ヤリスクロスやライズなど、魅力的なデザインのコンパクトSUVが多くおり、事情が違う。クセの強いデザインは、ヒットは早いが、飽きられるのも早い。

ライズ(2020年1月・2月で販売台数首位になった)

 デザインでアドバンテージを持つ2代目ジュークは、「出せば」それなりに売れるとは思うが、長く売れ続けるかというと、ちょっと不安があるのだ。

日産としては、よりクセがないデザインで、価格を抑えられるコンパクトSUVを提供したかったのではないだろうか。

まとめ

 日本国内では6月に登場予定となっている、新型キックス。最大のライバルは、今秋デビュー予定のトヨタのヤリスクロスだろう。

 欧州車のようなデザインと、コンパクトなボディ、新型ヤリス譲りの驚異的な燃費など、こちらも大変魅力的なクルマではあるが、日産の復活の狼煙として、新型キックスには、大いに期待している。

表1.国産メーカーのコンパクトSUVの主要諸元比較

【画像ギャラリー】5月15日に発表した新型キックスと2代目ジュークをみる

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ