起死回生なるか レクサスISの大幅変更最新情報

 レクサスは2005年から日本で販売展開するにあたり、IS、GS、SCをスターティング車種としてラインナップ。

 現行ISは約8年販売された先代モデルの後を受けて、2013年5月にデビューした。先代ISからエクステリアデザインを大幅に一新し、新世代レクサスの象徴的存在となった。

 2015年にレクサス初のターボ、2Lターボを搭載するIS200tの追加ほか、ラインナップの見直し、特別仕様車の設定などを積極的に展開したが、現在まで先代モデルのような販売実績を残せていない。

 先代ISがレクサスの屋台骨を支える存在だったのに対し、現行ISは販売面で苦戦している。2020年に入ってからは、100台に満たない台数となっている。

 2018年10月にデビューしたESが好調なことを見ると、単にセダン受難という言葉では片付けられない。

 そのISがマイチェンを敢行するという。もちろん狙いは、起死回生の販売力アップだ。どのような変更が施されるのか、最新情報に迫る。

【画像ギャラリー】セダン受難時代で苦戦 マイナーチェンジで復活を期すレクサスISの7年間の軌跡


GSの消滅がマイチェンに大きく影響

2013年にフルモデルチェンジして現行モデルがデビュー。先代ISからエクステリアデザインはガラリと変更された

 現在のレクサスのラインナップを見ると、2013年デビューのISは、2011年デビューのCT、2012年デビューのGSに次ぐ古いモデルとなっている。

 デビュー時には新世代レクサスの象徴となっていたが、その後に登場したモデルの進化は著しく、設計の古さは否めない。

 レクサスはGSを2020年8月で生産中止することを正式に発表し、同時にファイナルエディションともいえるEternal Touringという特別仕様車を6月1日から発売開始する。現状では、GSは次期モデルは存在しないという。

 ISがマイチェン、しかもかなりの規模のマイチェンになるという情報も出ているが、これはGS消滅と無関係ではない。

 現在のレクサスの販売のメインは言うまでもなくSUVだ。2014年にNXを投入して勢いづいたレクサスは、SUVブームということもあり、UX、NX、RX、LXとSUVのラインナップを充実させている。

2020年8月に生産中止となるGSのファイナルモデル、Eternal Touringは6月1日から販売開始予定だ。オレンジ色のキャリパーが生える

 それに対しセダン系は、レクサスで唯一のFセダンであるESが販売面でも好調ながらLS、GS、ISは販売面で苦戦している。

 先代、現行とも販売苦戦したGSがラインナップから消滅することになるが、販売サイドではGSとISはともにその俎上に上がっていて、最終的にどちらかと言えば台数が見込めるISが残ったと見ているようだ。

 デビューから丸7年が経過したISがビッグマイチェンを行うというのは、『延命』のためであると考えられなくもないのだ。

ISはジャストサイズのスポーツセダンとして根強い人気がある。特にインテリアは古さを感じさせず、素材にもこだわり質感が高い
ESは2018年10月にデビュー。ISは2013年デビューで古いとはいえ、ISの販売台数はESの5分の1レベルで推移している

ボディ大型化の可能性

 ISのビッグマイチェンについてはいろいろな情報が出てきていて、注目すべきは、全長、全幅が変更され、大型化されるというものだ。

 バンパー形状の変更でマイナーチェンジを機に全長が長るケースというのは珍しくないが、全幅まで広げるというのはあまり多くない。

 現時点では販売会社にはマイチェンに関する具体的な情報は入っていないようなので、ボディサイズの変更については断定できないが、トヨタ&レクサスならば充分に考えられる。

現行ISのボディサイズは全長4680×全幅1810×全高1430mm。ワイド化するにしても全幅が1850mmを超えるとユーザーは限定される懸念もある

 というのは、レクサスではそのような大掛かりなマイチェンの前例がある。全長だけでなく全幅まで広げるというマイチェンは、先代LSで行われている。2012年にマイチェンを受けたLSは部品点数の約半数を変更したという。

全幅まで広げるレベルのマイチェンの場合、当然コストは膨大なものになる。販売面で苦戦しているISにそこまでお金をかけるのか? というのは疑問ではある。ブランドのフラッグシップであるLSとISでは置かれている立場はまったく違う。

 しかし、フルモデルチェンジするよりも安上がり、という考え方もある。ビッグマイチェンをすることで、最低でも3年間はフレッシュな状態がキープできる。

 もうひとつ、前述のとおりGSの消滅により、レクサスはメルセデスベンツEクラス、BMW5シリーズに対抗する駒を失った。本来ISはメルセデスベンツCクラス、BMW3シリーズの対抗馬だが、GSのユーザーを取り込むためには大型化も必要になってくる。

2012年にビッグマイチェンを受けた先代LSは半数以上の部品が新しくされリフレッシュ。その後現行の登場まで約5年間販売された

最新の安全装備の充実は確定

 大型化の件やエクステリアデザインについてはまだわからないが、現時点で判明しているのは安全装備の充実が施されるという点だ。これはISを欲しいというユーザーにとっては朗報になるだろう。

 実は販売会社では、ISの安全装備の遅れが販売に大きな影響を与えているという。安全装備が見劣るためISの購入を断念する人や、販売店でも安全装備が充実しているSUVやESを勧めるケースは多いようだ。

ISを購入しようというお客さんに対して、安全装備が充実していないことからNXなどのSUVを勧めるケースは少なくなかったという

 現在ISの安全装備は、プリクラッシュセーフティ(歩行者昼検知)、レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付き:LDA)、オートマチックハイビーム(AHB)、レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)ということでレクサス内だけでなく、他社モデルと比較してもかなり劣っている。

 これに対しレクサスでは、マイチェン後のISには現在推進している「次世代Lexus Safety System+(LSS+)」を採用してくるのは間違いない。

 具体的には、プリクラッシュセーフティシステム(歩行者昼夜、自転車昼検知)、レーダークルーズコントロール(全車速域追従機能付き)、レーントレーシングアシスト(LTA)、アダプティブハイビームシステム(AHS)ロードサインアシスト(RSA)、先行車発進告知機能(TMN)など、ESに搭載されているレベルの先進安全装備が用意されるだろう。

ISのマイナーチェンジでは安全装備の充実、アップデートが必須ということで、ES並みのLexus Safety System+が与えられるのは間違いない

マイチェンは2020年秋が有力

 ISのビッグマイチェンについて、現状を踏まえての予測、判明していることを交えてきたが、ISのビッグマイチェンは2020年秋(9月または10月)が有力だ。

 新型コロナ影響によりほかのモデル同様に、若干の遅れが出るかもしれないが、現行のISは6月中旬にオーダーストップとなり、マイチェン後のISについては8月末から事前予約を受け付ける予定だという。

 レクサスはワンプライス販売を継続しているため、マイチェン直前と言っても大幅な値引きの上乗せは期待できない可能性が高い。その場合、ISを狙っているなら新型まで待つのが得策だろう。

SUVブームのいっぽうでセダン受難時代が続いているが、ISはGS消滅後のミドルクラスセダンユーザーの受け皿になる必要もある

【画像ギャラリー】セダン受難時代で苦戦 マイナーチェンジで復活を期すレクサスISの7年間の軌跡