次期型リーフ&N-BOXにも動きあり! マツダCX-3に新型追加の情報アリ!


■ソリオとスイフトのマーケット評価に明暗

 スズキの有力小型車、ソリオとスイフトのマーケット評価が明暗を分けています。

 ソリオは’15年8月にフルモデルチェンジして2年近くが経過していますが、今なお月間5000台ペースでコンスタントに売れていて、スズキ登録車のトップセラーモデルとして君臨しています。

 対するスイフトは’16年12月にフルモデルチェンジし、今年からフル販売に入っているわけですが、月間2500台そこそこの売れゆきでソリオの半分に留まっています。

 ソリオは両側スライドドアのトールワゴンで、広い室内空間や使い勝手のよさがウリ。’16年11月にはスズキ初のフルハイブリッドを設定したことでさらに人気に加速がついています。

 スイフトはフルモデルチェンジでより個性的なエクステリアデザインを採用し、クオリティアップ、燃費向上、走りのさらなるポテンシャルアップで商品力を高めているのに、月販計画を下回る推移となっています。

 年末にはスイフトスポーツのフルモデルチェンジ、それにフルハイブリッド車の追加で巻き返しを目指すことになりそうです。

■レヴォーグは新型登場まで在庫販売中

 レヴォーグの現行型は5月22日にいったんオーダーストップしましたが、メーカーのモータープールや販売店に在庫があるため、7月いっぱいは販売する方針です。

 これに対して、6月5日にティザー広告が実施される新型は7月に正式に発表され、発売は8月からとなります。

 レヴォーグは発売後3年経過しており、今回はビッグマイナーチェンジとなります。

 フロント周りの大幅変更をはじめ内外装デザインを一新するほか、安全パッケージの「アイサイトバージョン」のさらなる進化版が、ライバルに対する大きなアドバンテージとなりそうです。

次ページは : ■2017年10月にもリーフをフルモデルチェンジ?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ