次期型リーフ&N-BOXにも動きあり! マツダCX-3に新型追加の情報アリ!


 月に200店舗のディーラーを訪れるという遠藤徹氏。その情報量はベストカースクープ班も舌を巻くほどだ!! 

 今回もディーラーを回って掴んだ、マツダの人気クロスオーバーSUVの新設定やN-BOX派生モデル情報、日産リーフの次期型などなど、盛りだくさんでお届けします。

文:遠藤徹
ベストカー2017年6月26日号


■マツダCX-3に2Lガソリン車を設定

 マツダは6月29日にCX-3の2Lガソリン車を発表、7月に発売します。現行シリーズは1.5Lのクリーンディーゼル車のみで、性能や燃費では申しぶんありません。

 しかし、ライバル他社のガソリン車に比べると20万円以上高く、価格競争力の弱さが売れゆき不振の要因となっています。このためリーズナブルな価格のガソリン車を設定することで、販売回復につなげる狙いがあります。

マツダCX-3、クリーンディーゼル搭載で評価は高いものの、ライバルがトヨタC-HR、ホンダヴェゼル、日産ジュークと強力なため販売面で苦戦中。ガソリン仕様追加でテコ入れを図る  

■どうなるN-BOXスラッシュ??

 N-BOXシリーズのヒンジ開閉ドア仕様である「N-BOXスラッシュ」の行方が揺れているようです。

 N-BOXシリーズは既報のとおり、2017年9月中旬にフルモデルチェンジを迎えて2代目へと移行しますが、販売店によると「N-BOXスラッシュに関してはどうなるかわからない」とのこと。

 一説には「コンセプトをクロスオーバー型SUVにする」という噂も出ています。

ノーマル仕様のN-BOXに比べてルーフを低く設定し、クーペ風に見えるスタイルで登場(2014年12月に追加)。カスタマイズ仕様などが登場して一部には人気が高いモデルだが……  

次ページは : ■ソリオとスイフトのマーケット評価に明暗