「手放すべきでない車ランキング」から新型ヴォクシー情報ほか満載!【今週の人気記事ランキング】

 ランキングものから人気車の新型車情報まで盛りだくさんでお送りした今週7/9(日)〜7/15(土)の『ベストカーWeb』。

 本記事ではその一週間の中で特によく読まれた記事をダイジェスト&編集後記を交えてご紹介いたします。

 見逃した方、もう一度読みたい方はぜひご参照ください。以下、アクセスの多かった順に紹介いたします。

文:ベストカーWeb編集部


■【1位】 こんな車もう二度と買えなくなるかも!? 『手放すべきではない車』 ベスト5

◎お得情報
◎中古車関連情報
◎走行性能の話
◎人気車関連情報

 と、最近アクセスが伸びるキーワードが「全部盛り」となったこの企画が今週のアクセスナンバーワンを記録(といっても公開前はこんなに人気が出るとは思わなかった)。

 本記事で筆頭(つまり「最も手放すべきでない車」)にあがったのはBMWの1シリーズとなったわけですが、個人的にはマークXとシビックタイプRが出てきて嬉しかったです。

 いい車ですよマークX。生産中止の噂が耐えませんが、生き延びてほしいです。はい。

>> 続きはこちら

※関連記事 「マークX消滅説」を追う!!! あと2年!?? 日本を代表するFRセダンが窮地に立たされている!! はこちら

■【2位】値引き20万円!!??】この顔で大人気の新型ヴォクシー/ノア/エスクァイアどこよりも早い値引き&攻略情報!!

 7月3日にマイナーチェンジ発表、7月8〜9日に全国各ディーラーで店頭発表会を実施し、反響の大きかった新型ヴォクシー/ノア/エスクァイア。

 その売れっぷりと特徴、値引きを引き出すにはどんな交渉方法がいいかを記した本記事が今週のアクセス2位。

 なお実質の値引き額は装備付きで20万〜30万円だそうです。よく考えるとものすごく大きい金額ですよね。海外旅行に行けちゃうくらい。

 キッチリ交渉するかしないかでこの額が手に入るかどうかが変わるんですから、ぜひしっかり準備してから商談に臨みたいものです。はい。

ヴォクシー

>> 続きはこちら

※関連記事 新型ヴォクシー/ノア/エスクァイアに見る「勝利の方程式」このド派手顔、どう思う??はこちら

■【3位】【緊急入電!!】ヴェルファイア&アルファード、カローラ10~11月にマイチェン!! トヨタの新車情報続々入荷!

 当サイトではもはやおなじみ「販売店の鬼」こと流通評論家の遠藤徹氏が、トヨタ各販売店の2017年下半期新車スケジュールを入手。

 そこには「ヴェルファイア/アルファードのマイナーチェンジ」という表記があったとのこと。

 遠藤氏によればまだ詳しい内容は入ってきていないものの、東京モーターショーには新型が出品されるだろうとのこと。

 さらなる「派手顔」になることが予想されるが、ポイントはもうひとつ。最近トヨタが消極的なV6エンジンは存続するのか? 

 はたまた燃費のいい直4,2Lダウンサイジングターボに切り替わってしまうのか? ここらへんも注目したい。

>> 続きはこちら

※関連記事 ヴェルファイア/アルファード、2017年新型へチェンジ!!はこちら

■【特別エントリ】 スバルSTIより「最強の座」を狙うコンプリートカー情報をキャッチ!! スバリストたちよ、準備せよ!!

 今秋発表予定の、WRXのSTIコンプリートカー「S208」とともに(この車だって充分すごいが)新情報、STI三十周年記念となる2018年に向けて開発が進んでいる、WRXの新型コンプリートカー情報をぜひここでもう一度取り上げておきたい。

 この来年登場する「隠し球」は実に360〜380psを引き出すというモンスター仕様。

 もちろん細かい仕様はいっさい明かされていないが、来年のデビューに向けて着々と開発が進んでいるという。

 推定価格は700万円。おそらく限定販売となり即日完売は必至だろうから、スバリストの皆さまはぜひ今から準備しておいていただきたい。

>> 続きはこちら

※関連記事 新型スバルWRX STIの実力検証 死ぬまでに一度は乗りたい!はこちら

 そんなわけで、今週のベストカーWebもよろしくお願いします!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ