一番いいのはWRXか? ベンツAMGか!? それとも……? 2Lターボ世界選手権!!


 いま実用性を兼ね備えたスポーツカテゴリー部門で最も熱いのが2Lターボ、それもハッチバック。日本代表だとスバルWRXやシビックタイプR、ベンツA45AMGにポルシェ718ケイマンと実力派がズラリと並ぶ。

 それなら気になるのが、「カテゴリーで一番いい車はどれよ?」という話。

 価格を考慮に入れるとどうしても国産車に甘くなってしまうので、あえてここでは「走りだけで決めてください!」とお願いして決定していただきました!!(順位は本文末尾にありますので、順位だけ知りたい方はスクロールを!!)

文:鈴木直也 写真:池之平昌信
初出:ベストカー2017年8月10日号


■いきなり評価! まずはベンツA45AMG

 まずアクセルを踏んだ瞬間、「パン!!」と響くエンジン音がいい。大してアクセルを踏んでいない時でも、スポーツエンジンを載せたクルマに乗っているという気にさせる。典型的なレーシングターボエンジンそのもの。

 今のダウンサイズターボだと下があって上はカットというトルクカーブだけど、これは素直にタービンが吐き出すエネルギーをトルクに変換したっていう古典的な過給スポーツエンジンの味がある。

 今のダウンサイズターボは作り込み過ぎている嫌いがあるから、サーキットで速くても人工的で今ひとつな部分も。が、このエンジンにはそれがなく、猛獣を自分が御しているという満足感がある。

 採点はクルマ単体で87点、エンジンは94点。

全長4370×全幅1780×全高1420㎜、最高出力381ps/最大トルク48.4kgm、7速DCT、JC08モード燃費(公表せず)

■続いて伏兵、ボルボS60ポールスター

 こちらは先ほどのベンツとは対照的に、最新のテクノロジーを使ってスポーツターボに仕立てている。

 過給はターボとスーパーチャージャーの2段過給で、ハイブーストにタービン設定するとどうしても下のトルクがなくなるところをスーパーチャージャーでカバーして、低速からリニアにものすごく大きなトルクを供給している。

 人工の極致ともいうべき凄みがあり、ターボとは思えない、まるでスーパーチャージャーでそのまま過給しているかのようなストレートなトルク感は他車にはない。

 サーキットやワインディングで走った場合、エンジン単体ではピークパワーが上となるA45AMGでもポールスターには敵わないかと。2Lターボの最強エンジンだと思う。

 採点はクルマ単体97点、エンジンは99点。かなりボクの理想に近いエンジンです。新世代ターボはこのエンジンがベンチマークになると思う。

全長4635×全幅1865×全高1480㎜、最高出力367ps/最大トルク47.9kgm、8速AT、JC08モード燃費12.2km/L

次ページは : ■いよいよ本命、ポルシェ718ケイマン

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ