コンパクトカー作りにこそメーカーの「心意気」が見えてくる【水野和敏が斬る!】

コンパクトカー作りにこそメーカーの「心意気」が見えてくる【水野和敏が斬る!】

日産自動車でV35スカイライン、Z33フェアレディZ、そして何より現行型GT-Rを作り上げた水野和敏氏が、スズキスイフトRSハイブリッド、VW up!、マツダデミオ13Sツーリングに試乗。
「コンパクトカーは、エントリーカーだからこそそのメーカーの思想が最も顕著に現れる」と評しました。
記事末尾にはスペシャル動画もありますのでぜひそちらもお楽しみください。
ベストカー2017年9月10日号 写真:小宮岩男



■コンパクトには「メーカーの賢さ」が現れる


こんにちは、水野和敏です。今回はコンパクトカーに焦点を当ててみたいと思います。コンパクトカーにとっては価格の安さやサイズの使いやすさなどから、エントリーカーとしての位置付けは大切な要素です。「限られた原価やサイズ、そして軽い重量や法規の達成」、特に「メーカーの賢さ」が顕著に現われるカテゴリーでもあります。

スポーツカーのようにクルマに興味を持つ人が指名買いをするのではなく、「生活必需のパートナー的道具」として買っている人がほとんどでしょう。免許取り立ての娘さんも乗るでしょうし、お年を召したドライバーもいらっしゃるでしょう。そのようなコンパクトカーだからこそ、基本性能や効率のよさが求められると思います。今回はこれらを重点に評価してみましょう。

■最高の効率を追求したエクステリアデザイン


スイフトは新たに加わったストロングハイブリッドではない、売れ筋のマイルドハイブリッドRSをチョイス。先日改良モデルが登場したデミオは、独特の存在であるディーゼルではなく、今回はエントリー、ポピュラー的な1.3Lガソリンエンジン搭載モデルとしました。欧州コンパクトカーは、本当ならVWポロあたりが妥当と思いますが、今日の時点ではまだ新型は日本に入っていないので、あえてVW up!を試しました。

こうして3台並べて外から見ているだけでもそれぞれの思考がよくわかります。

独特のちょっとずんぐりしたスイフトのフォルムは、プラットフォーム、居室、トランク、全てに無駄がなく効率的な設計がされています。それぞれの場所を真面目にコツコツと積み上げて作り上げたパッケージです。使いやすい取り回しのための短いフロントオーバーハング、室内空間のために前進させて角度を立てたAピラー配置、後席後ろのルーフの傾斜などまったく無駄な部分がなく、最高の効率を追求した「賢さの塊」という印象のクルマです。軽自動車で培ったスペース効率設計のノウハウを生かしたスズキだからこそできるクルマです。ただしこの特異なスタイルもパリの街中で見ると決まっているんですが……。


■「インダストリー」と「アート」の違い


いっぽうデミオはというと、中型車や小型車を主力にしているマツダがスケールダウンして作ったクルマという印象です。スペース効率からみると、以前も指摘させていただきましたが、フロントノーズ先端の15㎝ほどが取り回し実用性、荷室容量、後席居住性と引き換えに〝前顔のデザインだけ〟のために、機能性のないスペースとして使われています。

自動車のデザインは性能や機能を作り出す使命を持つ「インダストリー(工業)デザイン」であり、その形から感性を創る「アートデザイン」とは違います。特にその部分は、コンパクトで安価なクルマほどお客様に対して大切な商品要件になっていると思います。

かつては軽自動車技術や5ナンバー枠の高級車技術を持つ「賢さの日本車」が、欧州車やアメ車に対して絶対的な商品力を築き上げてきました。いわば日本のお家芸なのです。最近のマツダ車はアクセラやCX-3などでも同様のデザイン手法で統一感を出そうとしていることはわかるのですが、パッケージングの考え方からみると、ある種アメ車的になっているようにも見えるのです。

■アウトバーンで走るからこその設計思想


up! は明らかに考え方が違います。日本のコンパクトカーのようにスペース効率をギリギリまで追い詰めて「小さい車両サイズと最高の居室、荷室ユーティリティを両立」させようとするパッケージングの妙味はドイツ車にはありません。これはベンツAやスマート、BMW1シリーズでも共通なのですが、速度無制限のアウトバーンや、100㎞/h以上で一般道を走るドイツ車にとって大事なのはスペース効率ではなく、プラットフォームやモノコックの頑丈さやブレーキ&シャシーレイアウトの設計自由度だというのがひしひしと伝わってきます。

【水野和敏氏スペシャル動画 #25】



☆    ☆    ☆


ここらは水野さんは、いよいよ3台の実車に乗り込み、試乗して、インプレッションを語ってくれました。以降は2017年8月10日発売の『ベストカー 9/10号』をご確認ください!


最新号

ベストカー最新号

S-FRに代わるトヨタの小型スポーツ計画、オーリスターボのデザイン判明!! 『ベストカー』1月10日号

 いつもより1日早く、12月9日に、2018年最初のベストカー1月10日号が発売となりました。今号は、トヨタS-FRに代わる新たなスポールスポーツ計画を、スクープ班が独自入手。その詳報をスクープ...

カタログ