いよいよチケット販売開始!! 「東京モーターショー」10/27〜11/5に行くべき3つの理由

いよいよチケット販売開始!! 「東京モーターショー」10/27〜11/5に行くべき3つの理由

2017年8月1日より、東京モーターショーのオンライン先行チケット販売が開始されました。
開催日程とチケット価格は以下のとおり。
10月27日(金)プレビューデー 3500円
10月28日(土)〜11月5日(日)一般公開日 一般1600円、高校生500円
(当日入場券は一般1800円、高校生600円)
先行チケット購入はこちらから。
会場:東京ビッグサイト 東京都江東区有明 3-11-1
(150枚限定の「【自動車ジャーナリストと巡る東京モーターショー】参加券付き入場券」は即日完売しました)
いよいよ開催まであと2カ月半となった車好きの祭典、東京モーターショー。当企画では、車好きなら東京モーターショーに行くべき3つの理由を自動車評論家の渡辺陽一郎氏に挙げていただきました。皆さま! 会場で会いましょう!!
文:渡辺陽一郎



■この先、車はどう変わっていくのか


クルマが好きなら東京モーターショーに出かけてみたい。理由は大きく分けて3つある。まずは東京モーターショーの展示を見ることで「車の世界が今後どのように変わっていくのか」が分かることだ。

東京モーターショーの展示は、将来の車を表現したコンセプトカーと、同様に将来の技術展示に大別され、それぞれに役割がある。


今回の東京モーターショーの目玉のひとつが、「ロータリーエンジン50周年でマツダがどんな提案をしてくるか」。写真は2015年に出典されたRX-VISION

コンセプトカーは壇上に華やかに飾られ、外観や内装のデザインと、シートアレンジなど車内の機能を見せている。以前は絵空事というか、将来の商品化を視野に入れないコンセプトカーもあったが、近年ではこのタイプが減った。ヘッドランプのデザインとかドアの開閉方法はコンセプトカー特有の現実離れしたものでも、ボディ全体の形状は将来の市販化を視野に入れていることが多い。

従ってコンセプトカーを見る時は、頭の中でランプ類、ドアやホイールの形状などを常識的なデザインに置き換えると、これからどのようなクルマが発売されるのか見えてくる。

また発売を1年以内に控えたプロトタイプ(試作車)は、現実的なデザインで登場する。細かな部分の変更はあるとしても、基本的にはその形状で発売されると考えて良い。いずれにしろ今後の新型車やデザインの方向性が具体的に分かる。

■「技術展示」に未来の可能性を見る


技術展示も重要だ。コンセプトカーの展示に比べると地味だが、エンジンが単体で置いてあったり、ハイブリッドシステムや燃料電池などのユニット、全体の構成を見せることが多い。

特に今の自動車業界は、電動化と自動運転という2つの課題に直面している。電動化ではフランスとイギリスの政府が2040年(23年後)にはガソリンとディーゼルエンジン車の販売を禁止すると発表した。理由は二酸化炭素の排出抑制と大気汚染の防止で、実現すればこの2か国では電気自動車と燃料電池車しか走れない。

フランスとイギリスの自動車需要はEU(欧州連合)全体の約30%で、ほかのEU加盟国の追従も予想されるから、各メーカーにとって電気自動車の開発が急務になった。先般発表されたトヨタとマツダの業務資本提携も、理由のひとつに電気自動車の共同技術開発を挙げており、東京モーターショーでも技術展示を活発に行う。

自動車運転も同様だ。そのセンサーにはカメラやレーダーが使われ、自動運転の基礎となる運転支援技術は、緊急自動ブレーキを作動できる安全装置とセットになっている。各メーカーとも「安全技術+運転支援技術の進化=将来の自動運転技術」という考え方で展示を積極的に行う。

自動車にとって環境と安全は古くから重要な課題だったが、特に近年は地球温暖化、高齢ドライバーの増加などにより状況が切迫している。その一方で技術が向上して、電気自動車や運転支援が高い実用性を発揮できるようになった。

従って今後は自動車技術が急速に変化する。まさに激動するクルマ時代の転換点だ。モーターショーでは株価の上昇も狙って積極的なアピールを行うから、会場に出かけると、転換期の証人になることができる。

このように将来のクルマ社会の行く末が分かることが、モーターショーに出かける一番の理由だ。


各メーカーのブースは、華やかなコンセプトカーの横に、地味ではあるが技術展示が出展される。これがよく見ると数年後に市販化される夢の技術だったりする

■車の「今」を見る楽しみもある


2つ目は将来の話ではなく、今のクルマが良く分かること。モーターショーの会場には主だった市販車がズラリと並べられ、商用車を含めてドアを開いて車内を見られる展示車も多い。今のクルマがどのようになっているのかを具体的に知ることができる。例えば軽自動車の車内を見れば、好調に売れる理由も納得できるだろう。

クルマを買いたいユーザーにも便利だ。各メーカーのブースを巡りながら、購入の候補に挙げている展示車をチェックすると、内外装の様子はおおむね把握できる。つまり東京モーターショーに出かける理由として、クルマ選びの情報収集も挙げられるわけだ。

■各ブースの説明員と話すチャンス


そして3つ目の理由は、メーカーの開発者と直接話ができること。東京モーターショーのスタッフは多岐にわたるが、説明員の中にはメーカーの開発者も混ざっていて、来場者と話をしながら反応を探っている。開発者は頭脳明晰で記憶力も優れているから、読者諸兄が印象に残ることを言えば、将来の車両開発に影響を与えるかも知れない。

また日頃そのメーカーに対して抱いている不平や不満を開発者にぶつけても良いだろう。もちろん程度をわきまえる必要はあるが「私は御社の製品を使っているが、こんな故障が発生して頭にキテるんだぞ!」といえば、ストレスの発散になる。またそれはメーカーにとって、貴重な情報にもなり得る。

とまあ3つの理由を挙げたが、東京モーターショーはユーザーと自動車業界が一緒になって盛り上がるお祭りだ。大いに楽しみましょう!


写真は2015年の日産ブース。東京モーターショーで発表されるさまざまな目標やビジョンがあり、説明員はそうしたことも答えてくれる

 

最新号

ベストカー最新号

S-FRに代わるトヨタの小型スポーツ計画、オーリスターボのデザイン判明!! 『ベストカー』1月10日号

 いつもより1日早く、12月9日に、2018年最初のベストカー1月10日号が発売となりました。今号は、トヨタS-FRに代わる新たなスポールスポーツ計画を、スクープ班が独自入手。その詳報をスクープ...

カタログ