鈴鹿F1日本GPに行ったら、ルノーF1チームが新型カングーをテスト利用してた??


 フラッシュニュースとしてお届けします。

 10月8日(日)に決勝レースを実施したF1日本GP(鈴鹿サーキット)を観戦していたところ、サーキット〜ホテルの足にルノーF1チームが見慣れぬカングーを利用しておりました。

 最大の違和感は、フロントのルノーエンブレム、別名「ロザンジュ」(フランス語で「菱形」のこと。冠詞を付けて「ル・ロザンジュ」というと、それだけでルノーのことを指す)がブラックに塗装されているところ。

 エンブレムの仕様規定はどのメーカーもかなり厳しくて(特に日産・ルノーは他メーカーよりも厳しいことで有名)、それを黒塗りにするというのは珍しい話。少なくとも正規ディーラー等の販売店が特別仕様でやっていいことではない。

 しかしルノーのF1チームが乗っているということは、ルノーのオフィシャルカーであることは間違いなし。

 とはいえこれまでのカングーに、この仕様のモデルは見当たらない……。

 よく見ると黒塗りのアルミホイール、サイドには「フォーミュラエディション」というステッカーが貼ってある。

 今年はルノーのF1参戦40周年記念イヤーであることを考えると、近い将来発売される、ルノーカングーの特別仕様車であることは間違いなさそう。

【ルノーF1参戦記念動画(なかなかグッと来ます)】

 未発売の特別仕様車をF1チームの送迎に使うとは、なるほどプロモーション戦略として考えたなーーと膝を叩きました(サーキットのドライバー用パーキング出入り口にはファンが大勢「出待ち」してカメラを構えている)。

 発売したあかつきには、キッチリあらためて記事にいたします。

関係者用駐車場で発見したルノーカングーの見慣れる仕様。近々発表される特別仕様車のようです。このブラックエンブレムかっこいいなーー!
ルノーチームのエースドライバー、ニコ・ヒュルケンベルグが鈴鹿サーキットに到着した際のショット。見慣れるカングーに乗っています

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ