e-POWERの進化で満足度高し!! 「キックス」乗ってわかったその魅力

 日産が2020年6月24日発表、30日から発売した新型コンパクトSUVの「キックス」。日産で最後に登場した新型車が「リーフ」で、デビューしたのが2017年10月だから、実に2年8カ月ぶりとなるのだ。

 発表から1カ月の2020年7月末の時点で、1万台を超える受注を抱えた注目車「キックス」に国沢光宏氏が試乗。ライバルと比較しながら、その走りなどを徹底解剖していく!

※本稿は2020年8月のものです
文/国沢光宏
写真/中里慎一郎
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号

【画像ギャラリー】大幅進化したe-POWERが魅力!! 販売好調の「キックス」の詳細をチェック


■進化したe-POWERは快適! 後席空間の広さも納得

 やはり人気はSUVということなんだろう。新型コロナ禍のなか、ニューモデルが続々と登場している。いずれも人気上々。

 今回試乗した日産「キックス」も、すでに1万台を超える受注があり、年内納車は難しい状況とのこと。収益を考えたら増産したいところながら、タイ工場製のうえ、いろんな国から部品を調達しているためすぐに増産ということも難しいそうな。逆に考えると今からオーダーしたらラインが安定した頃の生産になるので安心して買える?

日本ではすでに生産中止となっているジュークの後継モデルとして投入された「キックス」。ジュークのようなアクの強さはなく、オーソドックスで万人受けするデザインだ

 実車チェック&試乗といきましょう。まずタイ工場製ということで気になるクォリティだけれど、結論から書くと「シートの質感のみ、少し日本製より落ちるかもしれませんね」といった程度。

 シートはサイドサポートのスポンジ感や、生地、縫製など含め、難しい表現ながら、バンコクのスワンナプーム空港で「おっ! 新車のアルティス(タイで販売されているカローラセダン)だ!」と喜んで乗ったタクシーと同じ日本車の雰囲気を持つ。実車で確認を!

 インテリアボリュームは必要にして充分! 車格からすればトヨタ「ヤリスクロス」と同じBセグメントながら、キックスの場合、新興国仕様のBセグ。欧州などのBセグは2人乗車を基本と考えているが、新興国になると完全なファミリーカーユースです。したがって充分なスペースのリアシート+ラゲッジスペースを持つ。リアシートの居住性を重視するなら、新興国Bセグの「キックス」やホンダ「ヴェゼル」を選ぶべき。

ツートーンインテリアエディションを選ぶとオレンジ/ブラックのコントラストが鮮やかな内装になる。9インチモニターのナビはオプション。インパネは表皮やプラスチック部なども触れた時の質感は高く、満足度は高い
大柄な国沢さんが、前席で適正ドラポジを取った状態で、後席に座ってもこのとおり充分な余裕がある

 起動ボタン押す。普通のハイブリッド車と同じくエンジンはかからない。Dレンジをセレクトしてアクセル踏むと、モーターで発進。タイヤが3〜4転がりしたあと、エンジンがかかる。ここからはエンジンで発電した電力を使って走ります。

 追い越しなどでアクセル強く踏むと、電池から引き出す電力+エンジンで発電した電力の両方を使う。その時に発生する最高出力は129ps。BセグとしてはTOPクラスのパワーである。

 実際、アクセル全開加速してみたら、なかなかパワフル。日本のようにアベレージ速度の低い交通環境だと走行用電池を使い果たすこともないだろうから(走行用電池の残量によって異なるがアクセル全開だと129ps出るのは1〜2分だと思う)、ヤリスクロスのハイブリッドや、116psのディーゼルを搭載するマツダ「CX-3」より元気! スペックで優位なヴェゼルはアクセルレスポンスが厳しい。キックス楽しいです。

e-POWERはノートより出力アップされ、モーターは129ps/26.5kgm。制御を見直し、エンジンが作動する時間を極力少なくしている

 また、同じBセグに属す日産「ノート」のe-POWERと比べエンジン音が明らかに静か。おそらく遮音をキッチリ行っているんだと思う。ノートだとエンジンがかかった瞬間、静かなモーター走行モードとの違いに「あらま!」と感じるが、キックスは違和感なし。

 このあたり、エンジンがかかった時の静粛性を向上させた新世代のハイブリッドを採用してきたヤリスクロスと似てます。街中から高速走行まで快適な走りを楽しめる。

■しっかりとしたシャシー性能

 足回りはどうか? 新型車を試す時の基準が2つあります。コーナリング中に大きなギャップを通過し、サスペンションが「ぐわしっ!」と底付きしてバンプラバーに当たった時の挙動と、高速コーナーのバランス。いずれも安心や安全を考えると最低限必要な”奥行き”だと思う。キックスで試してみたら、さすが日産。しっかり対応できている。このあたり、タイ製であってもまったく不安なし! むしろよい仕上がりです。

 おそらく基本設計が道の悪い新興国を想定しているんだと思う。確かにタイやブラジルといった新興国で新車を買うようなお金持ちはガンガン飛ばすし、そのいっぽうで道路状況悪い。厳しい道で鍛えられているのだろう。日本で出会うような「悪条件」などヘソでお茶を沸かすようなモンかもしれません。ハーシュネスや路面の継ぎ目の通過時に代表される乗り心地の質感こそ平均的なBセグながら、奥ゆきあると思う。

後部荷室は後席使用状態で900mmの奥行きがあり、Mサイズスーツケースを縦に押し込める

 最後にバイヤーズガイドを。キックスはハイブリッドだけしか設定されていないため、比較対象をヤリスクロスとヴェゼルもハイブリッドとする。まずヴェゼルだけれど、絶対的なパワーで届かないことを除けば、街中のドライバビリティでキックス圧勝! とにかく素直で乗りやすい。さらに自動ブレーキ性能は2ランクくらい違う。ヤリスクロスに対する優位点を挙げるとリアシートです。自動ブレーキ性能はヤリスクロス優位。実用燃費で負け。

 ここまで読んで「キックスいいね!」と思ったことだろう。私の期待値を上回りました。ただ絶対的な価格が厳しい。今回試乗したツートンインテリア仕様を選ぶと286万9900円。ボディカラーも5万5000円のオプション。ナビ30万円! 総支払い額で350万円コースか。

 すでに1万台以上の受注となっているというが、皆さんお金持ち。さらに台数を上乗せしたいなら、200万円の1500ccなど追加したらいかがか。

キックスと、ライバルSUVとのスペック比較表

【画像ギャラリー】大幅進化したe-POWERが魅力!! 販売好調の「キックス」の詳細をチェック

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ