SUV全盛期だけど四駆は求められていないのか…2WDのほうが売れるSUV軍団の事情

 SUVが再びブームとなってから久しい。

 現在のSUV人気はセダンやハッチバックに対しプラス20~30万円程度というそれほど高くない価格で、セダンやハッチバックにはない非日常を毎日楽しめるスタイルや着座位置の高さによる運転のしやすさ、高い最低地上高を生かした雪道や悪路への強さ(セダンやハッチバックとそれほど変わらないものもあるが)などが手に入るのを考えれば、それもよくわかる。

 現在販売されるSUVを見ると2WDがあるのは当たり前で、日本車では日産「キックス」と、2Lガソリンエンジンを搭載するレクサス「UX200」が2WDのみ、輸入車ではFFのみのSUVも珍しくない。

 という現状を踏まえながら、後述する車種ごとの販売統計を見るとSUVでも2WDのほうが人気というモデルが多く、当記事ではその理由を考えてみた。

文/永田恵一
写真/TOYOTA、NISSAN、編集部

【画像ギャラリー】求められるのは悪路走破性だけにあらず FFが売れているSUVモデル&ニューモデル


■日本車で4WDしかないSUVはどのくらいある?

 日本車では4WDしかないSUVのほうが珍しいので、挙げてみると

・トヨタ「ランドクルーザー」「ランドクルーザープラド」&レクサス「LX」
・トヨタ「RAV4 PHV」
・三菱「アウトランダーPHEV」
・スバル「XV」「アウトバック」「フォレスター」
・スズキ「ジムニー」「エスクード」

くらいだ。

 4WDしかないSUVを見ると、ヘビーなSUVとなるランドクルーザーファミリーとジムニー、プラグインハイブリッドのRAV4 PHVとアウトランダーPHEV、「スバル=4WD」というイメージが強いスバルのSUV、販売台数が少ないこともありラインナップを絞っているエスクードという具合だ。

 では「そのほかのSUVが2WDを設定する理由」を考えてみると、それは現代のSUVに求められる悪路走破性というのが大きい。

 現代のSUVに必要な悪路走破性に対し、ほとんどの人が「雪道と河原のような若干の悪路に対応できれば十分」と考えている。ということもあり、現代のSUVのほとんどはランドクルーザーファミリーやジムニーのようなヘビーなもの以外はセダンやハッチバックが使うクルマの土台となるプラットホームを使った乗用車ベースで、最低地上高を高めるなどするという成り立ちだ。

 つまり、「SUVだからといって、悪路を走ることは少ない」というユーザーも多く、この点を頭に置けば考えれば4WDには後述するデメリットもあり、「2WDが必要なSUVのほうが多い」というのもよくわかる。

以前は「SUV=悪路に強い」というイメージが強かったが、現在のユーザーはそこまでの性能を求めていない傾向が強い。ヘビーデューティーなクロカンSUVのほうが希少になってきている

■2WDのあるSUVはどのくらい売れている?

 コンパクトクラスからトヨタ「ライズ」とホンダ「ヴェゼル」。ミドルクラスからトヨタ「RAV4」と「ハリアー」(ハリアーは登場したばかりで状況が落ち着いてないこともあり、2020年6月まで販売されていた先代モデルのデータ。現行モデルも時間が経てば、先代モデルとそう変わらなくなるだろう)の2WDと4WDの比率を調べてみた。

・トヨタ「ライズ」   2WD 75%:4WD 25%
・ホンダ「ヴェゼル」  2WD 80%:4WD 20%

・トヨタ「RAV4ガソリン」   2WD 11%:4WD 89%
・トヨタ「RAV4ハイブリッド」 2WD 15%:4WD 85%
・RAV4全体          2WD 12%:4WD 88%

・トヨタ「先代ハリアー ガソリン」   2WD 85%:4WD 25%
・トヨタ「先代ハリアーハイブリッド」  2WD 30%:4WD 70%
・先代ハリアー全体           2WD 73%:4WD 27%

と、RAV4と先代ハリアーハイブリッド以外は2WDの比率が圧倒的だ。また2020年に入ってから、コンパクトクラス以下のほかのSUVの2WDと4WDの比率を調べたことがあるが、2WDのほうが売れているモデルばかりだった。

先代ハリアー。都会派SUVの筆頭ともいえるモデルだが、ガソリンとハイブリッドで異なる傾向を見せた。ハイブリッドはE-Four(4WD)を搭載したモデルの比率のほうが高い
大人気となっているコンパクトSUVのトヨタ「ライズ」。4WDも用意されているが、75%の購入者が2WDを選択している
トヨタ「ライズ」よりも2WD比率が高いホンダ「ヴェセル」。テレビコマーシャルもそうだが、都会的なイメージを前面に押し出している

 このなかでは、RAV4だけ4WD比率が高いことが目に付く。これはRAV4が乗用車ベースのSUVのなかではワイルドなキャラクターもあり、フォレスターのように悪路で使われることが多く想定され、それに伴い2WDのグレードはひとつしかないためというのも大きいのではないだろうか。

 ハリアーは先代モデルも含め、RAV4とは対照的なシティ派SUVというキャラクターと後述する理由に合致するところが多いのもあり、全体的には2WDが圧倒的に多く売れていると予想される。

■なぜ2WDのほうが売れているSUVが多いのか?

●「悪路に強いから」という理由でSUVを買っているユーザーは意外に少ない

 上記のようなユーザーがSUVを選ぶ具体的な理由としては前述したものもあるが、

・SUVの「スタイルや高い着座位置に代表される全体的な雰囲気が好き」
・「SUVはセダンやハッチバックよりリアシートやラゲッジスペースが広いことが多い」など実用性の高さ

といったことが浮かぶ。つまりそういったユーザーにとってSUVはセダンやハッチバックのスタイルが変わったものともいえ、そういう選び方であれば4WDの必要性は薄い。

SUV=悪路に強いということで購入している人は意外に少ない。アイポイントが高く安心感が高いや、リアシートやラゲッジスペースが広いことを重視することのほうが多いのだ

●2WDでも技術の進歩で、雪道に相当対応できるようになってきた

 ミドルクラスまでのSUVの2WDは、ほぼすべてが前からクルマを引っ張るFF(=前輪駆動)ということもあり、もともと雪道に弱くはない。

 さらに近年はスタッドレスタイヤや横滑り防止装置の義務化といったクルマ周辺の雪道対応が著しく進歩していることもあり、「最低地上高が高いSUVなら2WDで問題ない」という考えも十分成り立つ。

●4WDのデメリットも否めない

 乗り心地に代表されるクルマ自体の仕上がりは、車種によって異なるケースもある。ただ、昔に比べれば改善されているにせよ、4WD化に伴う重量増による動力性能や燃費の悪化は否めない。

 また2WDと4WDの価格差も、コンパクトクラスとミドルクラスのSUVでは20万円から25万円が相場だ。

 そのため、中心価格帯が200万から250万円のコンパクトクラスと中心価格帯が300万円台となるミドルクラスでは差額に対する感じ方が変わってくることもあり、特にコンパクトクラスでは2WDが人気となることもよくわかる。

 ただ、コンパクトクロスオーバーのスズキ「クロスビー」は2WDと4WDの価格差が約15万5000円と小さく、少々古いデータながら4WD比率は40%と200万円以下のコンパクトクラスとしては高いのも理解できる。

■SUVの2WD人気に関してディーラーはどう考えている?

 この点に関し、それぞれの首都圏のライズ、RAV4、ハリアーを販売するトヨタディーラー、ヴェゼルを販売するホンダディーラーに話を聞くと、筆者の分析と概ね共通の認識だった。

 現時点ではFFしかない日産「キックス」に関しては、首都圏の日産ディーラーは「4WDがないことにそれほど大きな問題は感じてません」という意見だった。

 しかし、豪雪地帯の日本海側の日産ディーラーは「こちらでは4WDがないのを大きな理由に選んでもらえないことも少なくなく、早急に4WDを追加して欲しいです」との弁だった。

 日本車のSUVであれば2WD中心なのは構わないが、何らかの4WDは必要というのをキックスが象徴しているようにも感じた。

ライバルのトヨタ「ヤリスクロス」が4WDを設定しているのに対して、2WD(FF)のみと割り切った日産「キックス」。都市部の販売店は問題ないようだが、降雪地域では顧客ニーズとマッチしていないことがあるようだ

■まとめ

 SUVといっても、必要性が薄いユーザーであれば価格や燃費などを主な理由に2WDを選ぶのは基本的に賢い選択だ。

 しかし、雪道などを走る際には当然ながら4WDのメリットは絶大だ。そのため「冬場に雪道を走ることがそれなりにある」など迷っているなら、処分する際の査定で差額を相当回収できることもあり、きちんとしたスタッドレスタイヤを履くことを前提にSUVを買う際には4WDを選ぶのを薦めたい。

【画像ギャラリー】求められるのは悪路走破性だけにあらず FFが売れているSUVモデル&ニューモデル

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ