早くも3万台突破か 受注絶好調トヨタ新型ヤリスクロスが爆売れ中

 ついに2020年9月1日から発売が開始されたトヨタ「ヤリスクロス」。登場前から話題を集めたトヨタの自信作だが、ライバルひしめく「コンパクトSUV」という激戦区に殴り込んだ注目モデルのスタートダッシュはどうなっているのか!?

 気になる最新の受注状況(人気グレード、駆動方式など)や、購入を検討している人が気になる最新の値引きや納期情報を、現場取材をもとに一挙お届けする。

文/遠藤徹
写真/TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】スタートダッシュは成功! 注目のコンパクトSUV「ヤリスクロス」を詳しくチェック!!


■滑り出しは好調! 気になる納期は3カ月待ちから

 トヨタの新型コンパクトSUVである「ヤリスクロス」が2020年8月31日発表、9月1日から発売開始している。

 7月末には価格を決めて事前予約をスタートさせた。月販目標を4100台に設定したのに対して、9月上旬現在の納期は3カ月待ちの12月上旬となっている。推定受注累計は1万5000台であり、9月末までには3万台を突破する見通しである。

2020年8月31日発表、9月1日に発売されたトヨタ「ヤリスクロス」。全長4180×全幅1765×全高1560mmというC-HRよりもやや小さいサイズで、取り回しやすさもポイントだ

 首都圏にある扱い店各社の営業担当者によると「滑り出しのお客さんの反応はヤリスを上回る勢いを感じる。生産が軌道に乗れば当初のピーク時には月販1万台突破は確実の状況にある」と一様にコメントしている。

 売れ筋は70%程度が最上級グレードの「Z」で、25%が中間の「G」、標準の「X」は5%となっている。駆動方式だと80%がFF、4WDは20%だが、地域によるばらつきがある。約60%がハイブリッドで占めている。

 ボディカラーは、モノトーンだとホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、ブラックマイカの3色に人気が集中しているが、センシュアルレッドマイカや訴求カラーのプラスゴールドメタリックも人気3色に次いで目立つ。ツートーンは20%程度にとどまっており、納期はモノトーンより2週間程度余計に待たされる。

プラスゴールドメタリックをまとったヤリスクロス。最新のGA-Bプラットフォームを採用し、単にヤリスのSUVにしたというだけではない作り込みで、SUVらしからぬ走りをみせる

 9月上旬現在でまだ実車はまだ十分にデリバリーされておらず、簡易パンフレットとパソコン画面による説明だけで売れている状況だから、実際に試乗車やデモカーが展示されるようになれば、受注ピッチにさらに加速がつくのは必至の情勢となっている。

 9月26日、27日の両日には、扱う全国トヨタ系列店の展示発表会を開催し、これを起点に本格的な増販攻勢をかける構えである。

 新型ヤリスクロスは、車両本体価格が179万8000~281万5000円で、トヨタのコンパクトSUVでは「ライズ」の167万9000~228万2200円、「C-HR」の236万7000~309万5000円のほぼ中間に設定している。

 グレードによってはかなり重なる部分もあるので、一部は食い合い、ライズとC-HRの販売が頭打ちになる可能性もある。ライズはダイハツからのOEM供給車であり、ヤリスクロスはトヨタのオリジナルモデルであるから、ユーザーが両モデルのチョイスで迷った場合は、リセールバリューで優位なヤリスクロスのほうを勧めるケースが生じることになる傾向が強まるかも知れない。

コチラも大人気となっているトヨタ「ライズ」。ダイハツのOEMということで、リセールバリューはヤリスクロスに分がある

 現在のところは、ヤリスクロスに代替えするユーザーは20代から40代までの比較的若い層で男性が多いが女性も目立つ。車種は軽自動車、コンパクトハッチ、同クラスSUV、コンパクトミニバンなどでコンパクトクラスからの乗り換えはトヨタ車が70%程度を占める。

 系列店別の動向だと、これまでコンパクトクラスを多く扱って来たネッツ店とカローラ店がほかの2系列店よりも多数の代替え母体を抱えていることもあり、受注実績は高い傾向がある。

 小型車や高級車主力のトヨタ店、トヨペット店は家族のセカンドカー、サードカーとして選ぶ傾向もある。ファーストカーはハイブリッド、セカンドカー、サードカーはガソリン車といった、ユーザーが分けられている印象もある。

 対抗するライバル車としては他銘柄だと日産「キックス」を筆頭に、ホンダ「ヴェゼル」、マツダ「CX-3」、スバル「XV」などが上げられる。なかでも「キックス」は発売後間もない人気モデルであるから、お互いが強く意識しており、競合するケースは多い。

 ただどちらもバックオーダーを多数抱え、強気の商売をしているから、商品性の高さを強調して競い合い、値引き競争に走るようなケースはまだそれほど多く発生していないのが現状である。

2020年6月30日に発売された日産「キックス」。8月上旬時点で、人気色の納期は2020年11~12月、数の出ない外板色は2021年度にまでずれ込んでいた

■販売現場は強気? 値引きはいくら期待できる!?

 購入する場合の条件はどうなっているか。「Z」FF・ハイブリッド車(車両本体価格=258万4000円)に、有料ボディカラーのホワイトパールクリスタルシャイン、パノラミックビューモニター、ブラインドスポットモニターなどのメーカーオプション、それにフロアマット、ボディコート、サイドバイザー、前後ドライブレコーダー、ETC2.0、Tコネクトナビキット、CD・DVDデッキなどのディーラーオプションを合わせて40万円強分を装備して弾いて貰うと法定、法定外費用を含めて315万円程度となった。

 値引きは人気の高い新型車なので、ガードは固く、車両本体から7万円、メーカーオプションは定価の3%、ディーラーオプションは同10%、合計15万円程度を提示するケースが多い。

リアスタイルは新型ハリアーのような雰囲気も持ち合わせおり、ミニハリアーのような需要もありそうだ

 ただトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店のスタンスにはかなりの温度差がある。

 新型ヤリスクロスは人気が抜群に高く、新型車であるから販売する際は値引き幅を極端に縮小し、ガードの固い強気の商売をしているが、トヨタ系列店同士は競争関係にあり、競合の仕方によっては強気だけだとスムーズに販売できないといった不安を抱きながら販売活動をしている側面もあるので、トヨタ系列店同士とライバル車との対抗を組み合わせながら、粘り強く交渉すれば好条件を引き出すことも可能になっている。

【画像ギャラリー】スタートダッシュは成功! 注目のコンパクトSUV「ヤリスクロス」を詳しくチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ