装着させるのはドライバーの義務!! 死をまねくシートベルト未装着の危険性

 シートベルト未装着による車外放出による死亡事故があとを絶たない。

 JAF(日本自動車連盟)が2019年11月に、警察庁と共同で行った「シートベルト着用状況全国調査」によると、運転席が一般道=98.8%、高速道路=99.6%、助手席も一般道=95.9%、高速道路=98.3%と100%に近かったのに対して、後席のシートベルトの装着率は、一般道=39.2%、高速道路=74.1%と非常に低い装着率となっていた。

 シートベルトの装着は、後席も含めて全席義務化となっていることはもちろん、事故時に身を守る最大かつ手軽な装備である。それにもかかわらず、いまだに装着率には課題が残る。

 今回は、死亡事故や重大な後遺症を受けることがないように、シートベルト装着の重要性についていま一度理解いただきたいと思う。

文/高根英幸
写真/Adobe Stock(Chaipong@Adobe Stock)、JAF

【画像ギャラリー】一番高いのはどこ? 都道府県別のシートベルト着用率は!?


■日々進歩するクルマの安全性への過信 誤った判断が一生の後悔に

 ご存知だろうか、国内の交通事故死者は大幅に減少したが、交通事故自体はそこまで減っていないということを。未だ国内では年間40万件以上の交通事故が起こっている。にも関わらず交通事故死者は3000人を切っているのは、ひとえにクルマの安全性が飛躍的に向上したから、である。

 クルマの安全性をアピールするTVCMの影響もあってか、ドライバーや乗員はクルマに乗っていれば安全と過信している傾向にあるように感じる。

 さすがに携帯電話同様、街中でも非着用は取り締まりを受けるために、前席のシートベルト着用率は非常に高い。それでも100%ではなく、さらに後述する抜け道のような着用法をしているケースもあるようなのだ。

前席のシートベルト装着率は向上しているが、いまだに多くのクルマで写真のような後席のシートベルト未装着が認められる(metamorworks@Adobe Stock)

 交通事故総合分析センター(通称ITARDA)の調査によれば、シートベルトを着用しないドライバーにその理由をアンケートしたところ「面倒、窮屈だから」というのが5割、「習慣にないから」、「近くだから、事故を起こさないから」というのが合わせて4割と、全体の9割は自己中心的な我がままとも言えるものだったのだ。

 そしてシートベルトをしているドライバーや乗員のなかでも、腰を支えるラップベルトを背中側に回し、ショルダーベルトのみ着用している不届き者がいるらしい。

 これは前述の「窮屈だから」というのが理由のようだが、ショルダーベルトだけ着用していれば外から見ればキチンと着用しているのと見分けがつかないことから、交通違反の取り締まり対策として行なっているようだ。

 この「警察の取り締まりさえ受けなければいい」というのは、前述の「ちょっとやそっとでは死なない」という思い込みからくる勝手な解釈であり、非常に危険な考えなのだ。

 ショルダーベルトだけを着用した状態でも一見、拘束力はあるように思える。しかし下半身はまるでホールドされていないため、ショルダーベルトを支点に身体がねじれやすく、前傾しながらねじれることでショルダーベルトから身体が抜け落ちてしまうこともあるのだ。

 高速道路でシートベルトをしていても車外放出されてしまったというケースは、極めてまれだ。それくらいシートベルトは、正しく装着すれば拘束力は高い。

 シートベルトを着用していながら車外放出で死亡しているのは、着用者による事故の1%に過ぎない。その1%の車外放出についても、事故後の検証では果たしてシートベルトを正しく装着していたかは証明が難しい。つまりそれらはショルダーベルトだけを装着して走行していた可能性も高いのだ。

 一方JAFの調査によれば、後席シートベルトの着用率は高速道路でも74%、一般道では39%ほどと4割を切るほど低い。これは従来、着用が義務化されていなかったという習慣と、後席の乗員の法知識や遵守意識の低さ、ドライバーが着用を促さないのが理由だ。

 さらに義務化されても罰則は緩く(高速道路上での1点減点のみ)、後席の乗員は前席のシートバックによって守られているという誤解が起こりやすいことも後席のシートベルト着用が進まない背景ではないだろうか。

 そして、高速道路での交通事故による車外放出でさらに悲しい事故は、前席の保護者がシートベルトをしていたため助かり、後席の子供がチャイルドシートやシートベルトを非着用だったために車外放出で死亡する、というケースだ。

 事故の原因は相手のクルマにあったのかもしれないが、自分たちは助かり子供が亡くなってしまったのはキチンとシートベルトやチャイルドシートを着用させていなかったから、ということであれば、一生悔やんでも悔やみ切れない。

JAFユーザーテストの様子。後席のダミー人形は手前側がベルト未着用で、前に投げ出されている。後席乗員が前席にぶつかることで、運転手にも被害がおよぶ

■チャイルドシート非着用は子供を見殺しにしかねない行為

 そう、シートベルト非着用の危険性と同じことが、チャイルドシートにも言えるのだ。道交法では6歳未満の児童をクルマに乗車させる際にはチャイルドシートを使うことが義務付けられている。ところが、チャイルドシートに座っていないどころか、大人用のシートベルトも装着しておらず、ひどいケースではシートにすら座っておらず、ドライバーの横や後ろで立ったまま乗車している光景を見かけることも珍しくない。

 チャイルドシートを使用しない保護者は「近所だから」、「ゆっくり走っているから」、「子供が嫌がるから」という理由を挙げる人が大半だ。クルマや交通の仕組みを知らない子供がチャイルドシートを嫌がるのは自然な行動である。しかし、どんなに手間がかかろうと子供を説得し、キチンと乗車させて子供を守るのが愛情というものではないだろうか。

シートベルトを嫌がる小さい子供は多い。子どもがぐずるので、抱っこして乗るという人もいるが、事故の衝撃力は想像以上に強く、腕の力だけで子どもを守ることは不可能だ(shirohige@Adobe Stock)

 厳しい言い方をさせてもらうと、これは子供を思っての行動ではなく、「子供を説得するのが面倒だから」「子供に嫌われたくないから」選択しているに過ぎない。

 6歳未満の幼児を自転車に乗車させる時にはヘルメットをかぶせる努力義務があるが、これも同様の理由で非着用が多く、結果として自転車乗車中の死傷者の6割は児童と幼児が占める(ITARDA調べ)という悲惨な状況を生み出しているのだ。

 ここで筆者の経験を少し語らせてもらおう。筆者には二人の息子がいるが、現在大学生の長男は生後数カ月からクルマに乗ることを好み、チャイルドシートもまったく嫌がることなく、自分から率先してシートベルトを装着したほどだった。

 しかし、高校生の次男はチャイルドシートを嫌がり、乗車させてシートベルトを締めると泣き叫んでいた。だから家族で出かける時には本当に大変で、チャイルドシートに乗せるのはひと苦労。しかし、泣き叫ぶ次男の様子を気にしながらもグッと堪えて最低30分はそのまま走行した。そして30分ごとに休憩を取り、その間はチャイルドシートから下ろして抱っこする、これを繰り返しながら移動したのだ。

 すると数カ月後にはクルマで移動する際には、チャイルドシートに乗せられることを理解したのか、黙って収まっているようになった。さらに言葉を話すようになると、筆者がエンジンを始動させた時点で自分でシートベルトを装着出来ていない時などは「まって、まってチートベルト!」と発進を待つようお願いするようになった(もちろんシートベルトの着用を筆者が確認してから発進している)。

 現在では虐待とも思われかねない行動かもしれないが、結果として次男は自らシートベルトを進んで装着するようになり、クルマで出かけることが好きになった。

 シートベルトについてもまったく同じことが言える。例えば「シートベルトを締めないとお巡りさんに怒られる」というのは、子供にとってはベルト着用の動機付けにはならない。

 クルマは、自分の足で走るより速く移動する大きくて重い機械、シートベルトをしないと軽い接触事故でも大怪我になりかねない。急ブレーキだけでもケガをする可能性があることを教え、「大事な○○ちゃんを守ろうね」と、キチンと座りシートベルトを装着させることを徹底するべきなのだ。

■エアバッグがあるから安心、という誤解がベルト非着用を増やす?

 これは筆者の個人的な印象だが、クルマにエアバッグが装備されるようになってから、街を走るドライバーの運転が雑になってきたと感じる。ちょうどバブルも崩壊し、不景気になっていって気持ちが荒んでいったり余裕がないことも影響しているのかもしれないが、「エアバッグが守ってくれるから、簡単には死なない」という妙な安心感が生まれてきていたように感じる。

 しかし、念のため申し上げるが正式にはSRSエアバッグと言うだけにSRS(補助拘束装置)であり、シートベルトをキチンと着用して、はじめて効果を発揮するものだ。ベルトにたるみがあったり、正しい乗車姿勢をとっていなかったりしても、シートベルトの拘束力は大きく損なわれる。

エアバッグは、シートベルトが正しく装着されていることで、その性能を発揮する。エアバッグだけでは乗員を支えることができず、激しくフロントガラスに衝突してしまう(phonlamaiphoto@Adobe Stock)

 シートベルトやチャイルドシートを正しく使い、無謀な運転をしなければ、現代のクルマの安全性は極めて高い。クルマの安全性能を余すことなく享受しなければ、折角手に入れたクルマももったいないし、自分たちの命や身体を守り切れない。

 シートベルトは自由や快適さを奪う拘束具ではなく、身体を守ってくれる防具なのだということを、家族全員で再認識するべきだろう。

【画像ギャラリー】一番高いのはどこ? 都道府県別のシートベルト着用率は!?

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ