鍵はレンジエクステンダー!? マツダの新星MX-30はCX-30と棲み分けられるのか

 10月8日にマツダから「ミドルクラスでは小さめ」のボディサイズとなる、スペシャリティなクロスオーバーであるMX-30が発売された。

 MX-30はパワートレーンこそ2Lガソリンに超小型モーターを組み合わせたマイルドハイブリッド(e-SKYACTIV G)のみでのスタートとなったが、2019年に同社から登場したCX-30とボディサイズはほぼ同じ、クルマの土台となるプラットホームも共通と、非常に近いモデルにも見える。

 こうした背景もあり、本稿では「CX-30と棲み分けできるのか?」というテーマのもと、さっそくMX-30に試乗した印象も含めて考察してみたい。

文/永田恵一、写真/MAZDA

【画像ギャラリー】今秋発表されたスペシャリティクロスオーバーマツダ MX-30! CX-30との棲み分けはできるのか?


■CX-30は手頃なサイズのクロスオーバーSUVとして人気堅調

マツダ CX-30。新型MX-30と共通点が多い

 CX-30はマツダ3から採用が始まったマツダ新世代のFFプラットホームを活用、「クーペルックのスタイルなどスペシャリティな雰囲気を持つ、ミドルクラスでは小さめのクロスオーバー寄りSUV」として2019年9月に登場した。

 パワートレーンは、2Lガソリン、1.8Lディーゼルターボ、ガソリン燃料を使いガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を融合した2L「SKYACTIV-X」の3つで、トランスミッションは6速ATを中心に、2LガソリンとSKYACTIV-Xには6速MTも設定される。

 CX-30は乗ってみると「2Lガソリンは強い特徴なし、1.8Lディーゼルターボは実用域では力強いけれど追い越し加速時などの速さに欠ける、SKYACTIV-Xは可能性を感じるものの約330万円からという価格の割に得られるものは多くなく、全体的には普通」という印象だ。

 しかし、CX-30はエクステリアや質感の高いインテリアが好みに合えばそれだけでも魅力的なのも事実で、2020年1~9月までの販売台数は2万2426台(=月平均約2500台)と、新型コロナ禍の中でも登場当初の月間販売目標台数をクリア、堅調に売れている。なお、価格は239万2500円からだ。

■CX-30と共通点多い新型MX-30の立ち位置は?

CX-30をベースに、よりスペシャリティかつ個性的になったのがMX-30だ

 MX-30はCX-30をベースにした、よりスペシャリティかつ個性的なクロスオーバーである。

 CX-30と大きく違うのがエクステリアとインテリアだ。

 エクステリアは、ボディ後方のDピラーの傾斜をより大きくしたクーペルックを進め、キャビンも小さく見える。それでもリアシートへの乗降性を確保する意味も含めて、現状では世界最後のロータリーエンジン搭載車となる同社のRX-8以来となるフリースタイルドアと呼ばれる観音開きのドアを採用。

 インテリアもダッシュボードとセンターコンソールを切り離したフローティングコンソールやソファのような形状と座り心地を持つリアシート、コンソールトレイとドアグリップに採用したコルクを使ったパネルを採用。

ダッシュボードから切り離されたセンターコンソールが未来的な印象だ

 ほかにもシート地も衣類のツイードを思わせるファブリックと人工皮革を設定するなど、居心地のいい雰囲気を持つ。

 パワートレーンは、前述したように現状では2Lガソリンエンジン+マイルドハイブリッドに6速ATのみの組み合わせだが、すでに欧州では東京モーターショー2019出展の電気自動車が発売されており、日本でも2021年1月に発売予定だ。

 さらに、技術発表されているロータリーエンジンを発電機に使ったレンジエクステンダーも、2022年前半に市場投入されることが発表されている。

 なおMX-30はワングレードでパッケージオプションを加えて自分好みの仕様を造っていくという形で、ベース価格はFF車=242万円、4WD=265万6500円である。

 もちろんパッケージオプション次第で価格は変わるのだが、それでもMX-30がCX-30に対しニッチなモデルとなるのを考えると、CX-30に対し20万円は高い価格が予想されていたこともあり、MX-30の価格がCX-30とそう変わらない点は意外だった。

■実際MX-30はどうなのか? 乗って感じたCX-30との明確な差別化

フリースタイルドアの採用によりボディ剛性が上がり、乗り心地もよくなっている

 MX-30は乗ってみると、CX-30に対し車重がフリースタイルドアに伴い60kg重いこともあり動力性能はごく普通だ。

 ハンドリングは目立つところはないけれど、ここ数年のマツダ車らしく操作に対しクルマが思い通りに動いてくれ、ごく自然で運転しやすい。

 乗り心地もフリースタイルドアの採用によりボディ剛性が強化されている好影響なのかCX-30に対し良化しており、全体的に飽きなどを感じることがなさそうな、日常的に長期間使うには向いた乗り味だった。

 使い勝手に関しては、まずATの「P」レンジが「R」レンジの右側となるシフトパターンはロックボタンを解除しないと「P」に入らないこともある。

 そのため、Rのままエンジンを止めてしまったり、操作に戸惑うこともしばしばあり、Pレンジは独立したボタンにするべきと思った。

フロントドアを開けないとリアドアが開かないのは不便だが、使い勝手がよくなった2ドアと捉えることもできる

 フリースタイルドアは、フロントドアを開けないとリアドアが開かないので両方開けないとリアシートにアクセスできない点(リアシートに座った子供が不意に飛び出す心配がないともいえるが)は不便だ。

 さらにリアドアが閉まっていないとフロントドアを閉められないのを誤ってリアドアを後から閉めようとすると、リアドアに付いているフロントシート用のシートベルト金具でフロントドアを傷つける恐れがあることなど、問題点は否めない。

 そのため4ドア車と考えれば不便さもあるが、MX-30を「スペシャリティな2ドアに近い4ドア車」と考えれば、リアシートにアクセスしやすく、リアシートとラゲッジスペースの広さもCX-30とそれほど変わらずと、2ドア車よりは使いやすい。

 こうした点を総合すると、MX-30はクルマのジャンルはあまり気にせず「欲しいクルマ、自分に合うクルマがこれだった」という選び方をする層や個性派には面白いクルマなのは事実で、CX-30との差別化は明確にできていると断言できる。

*   *   *

 MX-30は面白いクルマではあるが、そのぶん普遍性も薄いため電気自動車版やレンジエクステンダー版が加わったからといって、価格によるところもあるにせよ「販売が大きく伸びるのか?」という懸念はある。

 しかし、その点MX-30はマツダで新しいジャンル、実験的ともいえるモデルに命名されるMXを使っているだけに「市場に出してこそのフィードバック」を多く得られれば、それで充分な存在意義があるのかもしれない。

【画像ギャラリー】今秋発表されたスペシャリティクロスオーバーマツダ MX-30! CX-30との棲み分けはできるのか?