トップ独白!! 三菱はどこへ向かう?? PHEVとSUV、コンパクトカーとEV戦略を深堀り調査!!


 三菱自動車は12月4日、クロスオーバーSUVの新型「エクリプスクロス」の発表会と、自動車メディアを対象としたラウンドテーブルインタビューをオンラインで行った。

ラウンドテーブルインタビューに出席した加藤 隆雄CEO (写真右)、長岡 宏Co-COO兼 開発担当(写真左)

 出席したのは、2020年8月に就任した加藤 隆雄CEO 、そして長岡 宏Co-COO兼 開発担当という三菱自動車のトップのふたりで、そのインタビューの中では三菱自動車が持つPHEV技術を活かした電動化戦略についてさまざまなことが語られた。

 三菱自動車が考えている、注目の次代の電動化戦略について迫っていく。

文/ベストカーWeb編集部
写真/編集部、MITUBISHI

【画像ギャラリー】受注の8割がPHEV!! スタートダッシュ成功の新型エクリプスクロスのすべてをチェック!!


■電動化の主役はPHEV&EVに

 2020年12月3日に、「政府が、2030年半ばに純ガソリン車の新車販売が禁止とする方針を、年内の公表に向けて最終調整に入った」という報道が大手メディアが報じた。

 世界的に環境規制が厳しくなり、電動化が必要になる今後において、三菱自動車の中期経営計画のなかでも次世代PHEVを開発することが明言されている。またエクリプスクロスPHEVの発表会で、2030年までに電動車を50%とすると目標を語られている。

 三菱自動車として、今後のPHEV戦略をどのように考えているのだろうか?

長岡Co-COO「現在はPHEVシステムはエクリプスクロスとアウトランダーに搭載しています。このPHEVシステムは、次のアウトランダーに向けて大きく刷新することを計画しています。次期型アウトランダーでは、新たな進化したPHEVシステムの姿を見せることができる思います」

2022年の登場が予想されている次期型アウトランダー(画像はベストカーによる予想CG)。このモデルには、さらに進化したPHEVシステムが搭載されることになる

「そのシステムをどのように使って広げていくかというと、中期経営計画でも語られていますが、PHEV技術を活用しHV化も検討しています。HV化をすることでコンポーネント化し、より安い価格でお客様に提供が可能になると考える。こちらをアセアンに投入することを考えています」

「世の中のカーボンニュートラルの動きのなかで、2030年代を越えていくと、EVやPHEVのふたつを軸に、環境にやさしいクルマを増やしていくことが必要になると考えています」

 そうなると今後の電動化の中心はピュアEVになるのか? それともPHEVとなるのか? 三菱としてはどのように考えているのだろうか。

長岡Co-COO「ゼロエミッションであるピュアEVが大きな方向性であることは間違いありません。一方で、ライフサイクルアセスメントで製造時にかかるエネルギー、または電気ということを考えると、エネルギーを化石燃料で作っている国においては、EVはCO2を最も減らす技術ではないという議論もあります」

「またバイオフューエルなどのようなものを考えると、そういったものを組み合わせたPHEVはピュアEVと同じように、今後それ以上の価値を持ったシステムになることを考えています。PHEVだけでなく、ピュアEVも視野に入れて、環境対応のために開発を進めていきたいと考えています」

初期受注の8割がPHEVモデルという「新型エクリプスクロス」。魅力あるパワートレーンだが、そのさらなる展開はどうなるのか!?

 PHEVシステムは、現状アウトランダーとエクリプスクロスというミドルクラス以上に搭載されているが、小型化し、小型車などに展開することがあるのか気になるところだろう。

 その点については、「小型車のPHEVの可能性については、PHEVというよりは、PHEVシステムをベースとしたHV化が導入されると思います。ただ将来的には、PHEV化も可能ですし、さらに将来必要であればそれをベースにピュアEV化もできることになる。なので、小型車はまずはEV化から入っていくのが妥当だと考えています」と展望を語っていた。

■国内市場ではディーゼルからPHEVにシフトが本格化

 新型エクリプスクロスの発表で注目された点がある。それは2019年に投入したクリーンディーゼルモデルの廃止だ。そのまま行けば、ガソリン、ディーゼル、PHEVという3つのパワートレーンを揃えることができたはずだが、なぜディーゼルモデルは廃止になったのか!? その答えもわかった。

長岡Co-COO「ディーゼルに関しては正直悩みました。もともと環境対応でクリーンディーゼルを登場させましたが、環境へのやさしさという部分を考えるとクリーンディーゼルとPHEVは重なる部分があった。また、ディーゼルの魅力はトルクでしたが、PHEVもしっかりとトルクを出すことができているので、同じような商品を2つ持つよりは、販売をしっかりできることを重要視したためクリーンディーゼルモデルは廃止するという決定に至りました」

2019年6月に登場した従来型エクリプスクロスのクリーンディーゼルモデル。デリカD:5に積まれているのと同じ直4、2.2L DOHCディーゼルターボ(145ps/38.7kgm)を搭載していた

「クリーンディーゼルは今後、乗用車用にディーゼルエンジンを開発するというよりは、PHEVに置き換えていくことになります。一方でアセアンもしくはオセアニアで、フレームベースのトラックなどのSUVを製造していますが、そういったモデルは根強くディーゼルの要求があるため、新しいエンジンを起してでもしっかり対応していきたいと考えています」

「ただ、そういった国でも燃費規制などが厳しくなっていった場合、電動化の必要性ですが、予想としては2025年以降にはそういった雰囲気になっていくと考えています。そうした場合、ディーゼルにモーターを付けて電動化するのか、保有しているPHEVシステムをフレーム車用に改良することで対応することも考えています」

と、クリーンディーゼルエンジンの今後について明かされた。

 今後国内市場においては、クリーンディーゼルを搭載した新モデルが登場することはなさそうだ。

次ページは : ■EVはアライアンスで共同開発! バッテリー問題は課題あり

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ