おぉ、マジか!! 名車CB400SFがSR400に続き生産終了の危機に

おぉ、マジか!! 名車CB400SFがSR400に続き生産終了の危機に

 ホンダのCB400スーパーフォアが生産終了になるかも知れないというショッキングな情報が入ってきた。1992年にデビューし、来年30周年のロングセラーモデルは本当に終わってしまうのか? ヤマハのセロー250やSR400と同じように規制に対応しない場合、CB400SFの生産可能期間は残り2年を切っている。

 CB400シリーズは、400ccクラスで長年トップセールスを誇ってきた絶対的な人気モデルだけに、存続させることはできないのか。その可能性も探ってみたい。

文/市本行平(Webike)、写真/HONDA、YAMAHA

【画像ギャラリー】みんなこれで免許を取った!? CB400スーパーフォアはライダーを育てる名機だ


CB400スーパーフォアの場合は令和2年排出ガス規制が関門に

 CB400スーパーフォア及びカウル付きのスーパーボルドール(以下CB400SF/SB)は、令和2年排出ガス規制に対応しない場合は、2022年11月以降は生産することができなくなってしまうのだ。

 最近話題となった生産終了モデルは、2020年1月発売のセロー250ファイルエディションと2021年3月発売のSR400ファイルエディションで、ともにヤマハのモデルだ。メーカーは公言していないが、セローは灯火器の規制、SR400はABSの義務化が適用時期に差し迫ったことが、ファイナルになった背景と推測される。

 また、セローやSR400はともに灯火器やABSを対策したとしても、2022年11月までに令和2年排出ガス規制に対応する必要があり、技術面やコスト面のハードルが高かったのは間違いない。両車ともそれを見越した上でのファイルエディション発売だったと思われる。

こちらはCB400スーパーボルドール。2005年に登場したハーフカウル付き仕様でツーリングユースに人気のタイプ。CB400スーパーフォアとともに排ガス規制への適合が必要だ
こちらはCB400スーパーボルドール。2005年に登場したハーフカウル付き仕様でツーリングユースに人気のタイプ。CB400スーパーフォアとともに排ガス規制への適合が必要だ
1985年にデビューしたセロー250は2020年7月の灯火器の規制が生産終了の要因に。写真のファイルエディションは、例年の3倍に迫る6000台以上を販売した
1985年にデビューしたセロー250は2020年7月の灯火器の規制が生産終了の要因に。写真のファイルエディションは、例年の3倍に迫る6000台以上を販売した
1978年にデビューしたSR400は、2021年10月のABS義務化が生産終了の要因に。写真のファイルエディションリミテッドは1000台限定が瞬時に予約完売。非限定車にも5000台の受注が殺到した
1978年にデビューしたSR400は、2021年10月のABS義務化が生産終了の要因に。写真のファイルエディションリミテッドは1000台限定が瞬時に予約完売。非限定車にも5000台の受注が殺到した

次ページは : CB400SF/SBは排ガス規制に対応すると100万円を大オーバーに!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!