20代と女性のすごい支持! 常識外の売れ行きを見せるレブル250の販売データに迫る


 2020年、ついにレブル250の販売台数が1万台を超えた。2017年にデビューすると2018年にはベストセラーモデルに躍進。販売台数は右肩上がりで増え続け3年連続でベストセラーを記録しただけでなく、数においても万単位に上り詰めた。

 一体何が起きているのか? 1983年のピーク以来シュリンクし続けてきたバイク市場で、しかもコロナ禍をものともせず売れ続ける秘密に迫るため、ホンダモーターサイクルジャパンに取材を試みた。

文/市本行平、写真/市本行平、HONDA、取材協力/ホンダモーターサイクルジャパン

【画像ギャラリー】ついに1万台を突破した大ヒットレブル250の初公開グラフはこちら


【常識外1】レブル250は販売台数が右肩上がりで増え続けている

 レブル250はホンダの250ccのクルーザーモデル。クルーザーは一般にアメリカンとも呼ばれ、リラックスしたポジションでゆったり走れるジャンルのバイクだ。2017年に500cc版と同時に発売された。

 ホンダによるとレブル250の初年度の販売台数は約3500台。ベストセラーではないが、250ccクラスの中では良い数字で年間計画台数の1500台に対して2.3倍を記録している。だが、この時点でレブル250は特に目立った存在ではない。ニューモデルは、初年度が一番売れて翌年からは販売数が減っていくのが普通なので、そのまま行けばレブル250は中の上という評価だっただろう。

ホンダによる2017年から2020年までのレブルの販売台数の推移。毎年1.5倍程の伸びを見せて増え続けており、常識では考えらない売れ行きを見せる

 ところがこの表を見ても分かる通り、右肩上がりで販売台数が増え続けており、2018年は約5300台、2019年は約8000台、2020年は約13000台を記録している。これについてホンダモーターサイクルジャパン(HMJ)のレブルシリーズを担当する商品企画課の和泉氏(以下、和泉氏)は次のように語る。

 「レブル250は、2017年に発売して2018年に伸びてきたものの、それでも2019年は4500~5000台くらいかなと見ていました。また、モデルチェンジした2020年も最初は手堅く読んでいました。ただ、2019年も蓋を開けてみると台数は毎月伸びているということもあって、2020年に発表したモデルの年間販売台数を9000台と公表しました。これに対してSNSでは”ホンダ強気だな”などというコメントも見受けられましたが、私はいけると考えてました。9000台でも結構多めに立てた計画ですけど実際ここまで売れるとは思わなかったですね」

 ホンダの営業担当者でも想定していない売れ行き。また、通常のモデルでは見られない右肩上がりの推移をしているのもすごい。

20代と女性のすごい支持! 常識外の売れ行きを見せるレブル250の販売データに迫る
2020年にモデルチェンジしたレブル250。2017年型からスタイルを変えず、灯火類をフルLED化するなど装備を充実している。価格は従来から据え置きの59万9500円
2020年に追加されたレブル250 Sエディション。純正パーツを利用したカスタムが施されていてセットでお買い得な仕様。かつ人気色の黒をSのみに設定したことでも販売台数拡大に貢献

【常識外2】年齢別トップは20代、購入層はキレイな右肩下がり

 日本自動車工業会の2019年度調査では、国内でバイクを新車で購入した人の平均年齢は54.7歳となっている。これは年々上昇しており、前年よりも2歳上昇している。二輪マーケットは”おじさん”が支えているというのが常識で、各メーカーも国内では中高年をターゲットに戦略を立てている。一方同時進行で将来を見込んで若者層の取り込みも進めるが、なかなか実を結ばないのが実情だ。

 ところがレブル250は、20代の間で最も売れている。次いで30代、40代、50代と続き、60代と10代はほぼ同じ比率という年齢構成だ。こんなにキレイな右肩下がりの年齢構成は普通見られない。ここでもレブル250は常識外の存在となった。

1980年代か? と思わせるレブル250購入者の年齢別構成比。さすがに10代がバイクに乗ることは現代では少ないが、20代の存在感がすごい

 「20代を中心にした年齢構成になっていまして、若い方にどんどん入ってきていただいている状態です。傾向としては、初めてバイクに乗るお客様にレブル250を選んでいただいているということが実際起こっていますね」(和泉氏)というように、若いライダーのバイクデビューに選ばれている様子が分かる。

次ページは : 【常識外3】女性比率が桁外れに高く、男性よりも平均年齢も若い

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ