セローはなくともこいつがある! 国産最後の250ccオフロードのCRF250Lに迫る


 ホンダのCRF250Lは、ヤマハのセロー250が2020年に生産終了したことで、国内で唯一の250ccフルスケールのオフロードモデルになった。これが、8年ぶりのフルモデルチェンジを果たしABS装着義務化にも対応。今後も販売が可能になることから、セローの不在はCRFがカバーしていくことになる。

 ここでは、新型CRF250Lシリーズの試乗インプレッションをお届けするとともに、生産終了となったセローに対してCRFがより進化を果たして存続することができた背景も探る。

文/市本行平、写真/長谷川徹、HONDA

【画像ギャラリー】超絶アグレッシブに大進化!! LEDヘッドライト採用で激進化したCRF250Lを見逃すな


オンロード寄りの従来型からオンロード5割、オフロード5割へ

 CRF250Lの2021年モデルに乗って特に気に入ったのは、エンジンの粘り強さ。これがオフロードバイクにマッチしており、未舗装路での安心感がかなり高いのだ。なぜこれを第一印象として語るかというと、少し回りくどい説明が必要になる。

 2012年にデビューしたCRF250Lは、非常にレアなオンロードモデルがベースのオフロードバイクで、エンジンは2011年に登場したCBR250Rの水冷単気筒を受け継いでいた。CBRのエンジンは、当時ライバルだった2気筒モデルに対抗するために高回転までスムーズに伸び上がるように意図されていたものだ。

 高回転指向は、オフロードバイクにとっては路面を掴みづらい特性になってしまうのだが、初代CRFはこれを吸排気などのチューニングで対応。新型CRFは、これをさらに発展させて専用のカムプロファイルや6速ミッションを新設計しエンジン本体にも改良を加えている。

 これにらの変更によりオンロード寄りと評価されていた従来のCRFを「オンロード5割/オフロード5割」(開発者インタビューより)という、本来の公道オフロードモデルの比率に最適化することができている。これが、冒頭の第一印象に繋がったのだ。

2020年12月に発売された新型CRF250L<S>。エンジンだけでなくシャーシやスタイルも刷新されABSが標準装備された。価格は59万9500円
オンロードと共用だったエンジンをオフロード用に最適化。ミッションは1~5速をショートに6速をロングにレシオを変更。オイルドレンボルトの位置変更で最低地上高が30mmアップした

新型CRF250Lにはポストセローの地位も掌中に納める優しさがある

 オフロードモデル専用に作り変えられたエンジンのおかげで、CRF250Lのフィーリングには優しさも感じられるようになった。これが、セロー250的な”トコトコ”走ることが楽しめるフィーリングに似た味わいになっている。未舗装路ではアイドリング以降の領域でトコトコと、そしてオンロードでは4000~5000rpm付近の”ビヨーン”とゴムに引っ張られるような粘り強さが心地よい。

 車体はABSを追加した上で4kg軽量化されたこともあるが、ヘッドライトが薄型LEDになりハンドルのボトムブリッジを鉄からアルミ製として重心から離れた位置での軽量化が追求されており、重さを感じさせない。フロントの倒立サスペンションもゴツい見た目の印象と裏腹にとても柔らかくライダーに対する当たりは総じてソフト。これらも優しさを感じさせる要因だ。

 つまりセローじゃん。と思う向きもあるだろうが、新型CRFの真骨頂は従来よりも円を大きくして守備範囲を広げたことにあり、セロー的な部分もほぼ網羅しているというのが実際のところだ。オンロードでの限界性能や車体剛性面はセローよりCRFが上なので、より幅広い使い勝手に対応できるだろう。

 逆にセロー250の強みが活きるマウンテンフィールドでは、セローよりも7kg重いCRFでは付いて行けない場面もあるだろう。たが、セロー250の人気の理由は一般的に日常使いでの扱いやすさにあり、低シート版のCRF250Lを選べばそのニーズはほぼ満たせるはずだ。

ヤマハのセロー250ファイナルエディション。2020年に生産終了し新車は流通在庫のみ存在。人気モデルだったが諸規制に対応しないことからラストになった
新型CRF250ラリー。新型Lに準じた変更に加えタンク容量が従来の10L→12Lに増量されたツーリング仕様。低シート版も選べる。価格は74万1400円

次ページは : なぜセローは生産終了でCRFは進化継続ができたのか?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ