セローはなくともこいつがある! 国産最後の250ccオフロードのCRF250Lに迫る

セローはなくともこいつがある! 国産最後の250ccオフロードのCRF250Lに迫る

 ホンダのCRF250Lは、ヤマハのセロー250が2020年に生産終了したことで、国内で唯一の250ccフルスケールのオフロードモデルになった。これが、8年ぶりのフルモデルチェンジを果たしABS装着義務化にも対応。今後も販売が可能になることから、セローの不在はCRFがカバーしていくことになる。

 ここでは、新型CRF250Lシリーズの試乗インプレッションをお届けするとともに、生産終了となったセローに対してCRFがより進化を果たして存続することができた背景も探る。

文/市本行平、写真/長谷川徹、HONDA

【画像ギャラリー】超絶アグレッシブに大進化!! LEDヘッドライト採用で激進化したCRF250Lを見逃すな


オンロード寄りの従来型からオンロード5割、オフロード5割へ

 CRF250Lの2021年モデルに乗って特に気に入ったのは、エンジンの粘り強さ。これがオフロードバイクにマッチしており、未舗装路での安心感がかなり高いのだ。なぜこれを第一印象として語るかというと、少し回りくどい説明が必要になる。

 2012年にデビューしたCRF250Lは、非常にレアなオンロードモデルがベースのオフロードバイクで、エンジンは2011年に登場したCBR250Rの水冷単気筒を受け継いでいた。CBRのエンジンは、当時ライバルだった2気筒モデルに対抗するために高回転までスムーズに伸び上がるように意図されていたものだ。

 高回転指向は、オフロードバイクにとっては路面を掴みづらい特性になってしまうのだが、初代CRFはこれを吸排気などのチューニングで対応。新型CRFは、これをさらに発展させて専用のカムプロファイルや6速ミッションを新設計しエンジン本体にも改良を加えている。

 これにらの変更によりオンロード寄りと評価されていた従来のCRFを「オンロード5割/オフロード5割」(開発者インタビューより)という、本来の公道オフロードモデルの比率に最適化することができている。これが、冒頭の第一印象に繋がったのだ。

2020年12月に発売された新型CRF250L<S>。エンジンだけでなくシャーシやスタイルも刷新されABSが標準装備された。価格は59万9500円
2020年12月に発売された新型CRF250L<S>。エンジンだけでなくシャーシやスタイルも刷新されABSが標準装備された。価格は59万9500円
オンロードと共用だったエンジンをオフロード用に最適化。ミッションは1~5速をショートに6速をロングにレシオを変更。オイルドレンボルトの位置変更で最低地上高が30mmアップした
オンロードと共用だったエンジンをオフロード用に最適化。ミッションは1~5速をショートに6速をロングにレシオを変更。オイルドレンボルトの位置変更で最低地上高が30mmアップした

次ページは : 新型CRF250Lにはポストセローの地位も掌中に納める優しさがある

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ