セレナ&エクストレイルもe-POWER一本化? ヴェゼル好調!! ムーヴ生産中止!!? 業界最新情報取って出し!!!


 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、ノート同様、セレナ・エクストレイルもe-POWERに一本化か? という話題から。事実ならインパクトは大きそうだ。

 ヴェゼルが好調。気になるその売れ筋は? そしてダイハツ ムーヴが生産中止に? という衝撃的なニュースまで。注目車たちの最新動向に迫る!

※本稿は2021年4月のものです
文/遠藤 徹 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年5月10日号

【画像ギャラリー】好調御礼!!! ヴェゼルの新公式画像をギャラリーでチェック!!!


■日産セレナは2022年秋に世代交代でe-POWERに一本化??

 日産は2022年秋(9月頃)にも主力ミニバンであるセレナをフルモデルチェンジする方向で開発を進めています。現行モデルの登場が2016年8月24日ですから、6年ぶりの世代交代となります。

 2Lマイルドハイブリッドと1.2Lのe-POWER搭載は引き継ぎますが、e-POWERは従来のFFに加えて4WD車も設定する方向で開発を進めています。

 近い将来には2Lのマイルドハイブリッドをやめ、e-POWER車に一本化する方向にあり、次期型で先行して踏み切る可能性もあります。e-POWER車の販売構成比は最近までに着実に上昇しており、発売当初40%程度だったのが、現在は60%以上にアップしています。

日産 セレナ(現行型・ハイウェイスター)。ノートに続きe-POWER専用車になる?

■2022年にトヨタ、日産、ホンダのミディアムミニバンが世代交代で真っ向から激突!

 前述のとおり、日産は秋(9月頃)にセレナをフルモデルチェンジする予定でスケジュール調整を進めていますが、それに対しライバルは先手を打ってきます。

 トヨタが2022年1月ノア/ヴォクシー/エスクワイアを新型ノアに一本化して世代交代、ホンダは4月にステップワゴンを刷新します。

トヨタ ノア(現行型)。一本化で中身も変わる?
現行ではライバルに対し販売面で苦戦を強いられているステップワゴンは、原点回帰により走りを磨いて反撃!(画像はベストカー編集部による予想CG)

 3社共通の開発テーマはハイブリッドモデルの主軸化、走りのポテンシャルアップ、使い勝手の向上、安全対策のさらなる強化などです。

 ハイブリッド車はこれまで3モデルとも2WD車のみだったのを4WD車も設定することで、商品ラインナップを強化。これにより従来シリーズの30~40%の販売構成比から70%以上に倍増させる方向で開発を進めています。

 よって100%ガソリンNA車は相対的に販売台数を抑えたポジションに後退します。2030年代半ばまでに100%ガソリン車をなくすといった国の方針に沿った戦略にも合致させる動きとなっています。

 3姉妹車を一本化するトヨタが優位に駒を進めそうですが、日産、ホンダ陣営も次世代モデルの出来によっては、形勢逆転の可能性も充分に予想されます。

次ページは : ■今秋投入の次期型エクストレイルもe-POWER車へ一本化???

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ