新型ランクル300に1000万円のGR-S新設定&レクサスLX 最新情報をお届け


 当初は2021年5月に発表されると言われていた新型ランドクルーザー300。コロナ禍の影響で発表、発売時期が延期されていたが、デビュー時期がほぼ確定した。

 そして、ディーラーにもようやく情報が出回り、エクステリアの情報をはじめ、グレードや搭載されるエンジンなどが判明した。

 さて、新型ランドクルーザーはどんなモデルなのか? さらに兄弟車となる、レクサスLXの新情報も合わせて紹介していこう。

文/遠藤徹
写真/トヨタ
CGイラスト/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型ランクル・レクサス予想CGと現行型を画像でチェック!


新型ランクル300の発売は2021年8月上旬!

1000万円のGR-S新設定! 新型ランクル300、レクサスLX今わかっていることすべて
2021年3月に生産終了した現行ランドクルーザー200
1000万円のGR-S新設定! 新型ランクル300、レクサスLX今わかっていることすべて
ベストカーが製作した新型ランドクルーザーの予想CGイラスト。リークされた写真に近いが3本の横のバーの上、トヨタのロゴの上にも1本のバー形状のものが入る。U字型のグリルフレームも似ているが、ヘッドランプ下の部分はもっと太く、4本のスリットが入る。U字型グリルフレームの下にも細長いエアアウトレットが入る。樹脂製のフェンダーアーチモールもボディ同色

 新型ランドクルーザー300は2021年8月上旬、レクサスLXが2021年末に相次いでビッグチェンジし、次世代モデルのデビューが確定的となった。

 新型ランドクルーザー300はこのほど、トヨタ販売店に第1弾としてアウトラインを提示した商品内容が伝えられている。

 残念ながら写真はデータで管理され、タブレットでもまだ見ることはできないが、リークされた写真を見ると、グリルは台形でベストカーが製作したCGのように太い3本のバーがあるが、トヨタのロゴの上の部分には3本の横バーとは違う1本のバーが入る。

 3連ヘッドランプから延びるU字型グリルフレームは、予想CGイラストよりも太く、4本のフィンが入る。

 またグリル下、ナンバープレートの少し上あたりに細長いエアインテークが設けられている。この予想CGイラストと実車写真は、そう大きくは変わらない。

 また下位グレードはU字型グリルフレームではなく、グリル一体型のデザインとなる。

 投入スケジュールは発表、発売が8月上旬で販売店の発表展示会は8月下旬を予定している。

 7月上旬には詳細な商品内容がネット配信され、先行予約をスタートさせる見込みである。なお、生産開始はガソリンエンジン車が7月1日、クリーンディーゼル車とGR-Sが7月19日となっている。

 新型ランドクルーザー300はもちろん、ラダーフレーム構造が継承され、TNGAボディによって200kgの軽量化が図られている。

 標準タイプのボディサイズは全長4950×全幅1980×全高1870mmで現行ランドクルーザー200の全長4950×全幅1980×全高1870mmに比べると同じでホイールベースの2850mm、最小回転半径の5.9mも同じ。

 ただ新たに加わる最上級のGR-S(GRスポーツ)はグリル、バンパー、ホイールアーチ、タイヤサイズの関係で全長35mm、全幅15mm、全高10mmサイズアップする。

 パワーユニットは従来の4.6LガソリンNAから、ガソリンが3.5L、V6ターボと3.3L、V6ディーゼルツインターボを搭載する。これに10速ATを組み合わせる。

新グレードGR-S含む5つのグレード構成

1000万円のGR-S新設定! 新型ランクル300、レクサスLX今わかっていることすべて
現行の4グレードからランドクルーザー初のGRグレード、GR-Sが新設定(CGイラストはベストカーが製作したもの)


■GR-S 予想価格/1000万円弱
・エンジン、乗車定員:V6ガソリンターボ7人乗り/V6ディーゼルターボ5人乗り
・駆動系:スタビライザー=新世代KDSS、ディファレンシャル=F:標準、デフロック、R:標準、デフロック
・アルミホイール:18インチ(マットグレー)
・ヘッドランプ:LED
・グリル&バンパー:GR-S専用デザイン(TOYOTAロゴ)
・バックドア:パワーバックドア
・ディスプレイオーディオ:標準9インチ、12インチメーカーオプション
・指紋認証標準

■ZX 予想価格/800万~850万円
・エンジン、乗車定員:V6ガソリンターボ7人乗り/V6ディーゼルターボ5人乗り
・駆動系:車両統合制御(VDIM)、スタビライザー=リニアソレイドAVS、ディファレンシャル=F:ノーマル、R:標準LSD、デフロックはメーカーオプション
・アルミホイール:20インチ(高輝度塗装)
・ヘッドランプ:LED・シーケンシャルターンランプ(F/R)
・グリル&バンパー:ZX専用デザイン(グリル&バンパー差別化)
・バックドア:パワーバックドア+キックセンサー
・ディスプレイオーディオ:標準9インチ、12インチメーカーオプション
・指紋認証標準

■VX 予想価格:700万円
・エンジン、乗車定員:V6ガソリンターボ7人乗り
・駆動系:スタビライザー=ノーマル、ディファレンシャル=F:ノーマル、R:標準ノーマル、デフロックはメーカーオプション
・アルミホイール:18インチ(高輝度塗装)
・ヘッドランプ:LED
・グリル&バンパー:メッキ、外鈑色共色
・バックドア:標準=一枚ドア、パワーバックドア+キックセンサーはメーカーオプション
・ディスプレイオーディオ:標準9インチ、10インチメーカーオプション
・指紋認証標準


■AX 予想価格:580万円
・エンジン、乗車定員:V6ガソリンターボ7人乗り
・駆動系:スタビライザー=ノーマル、ディファレンシャル=F:ノーマル、R:標準ノーマル、デフロックはメーカーオプション
・アルミホイール:18インチ
・ヘッドランプ:LED
・グリル&バンパー:メッキ、外鈑色共色
・バックドア:標準=一枚ドア
・ディスプレイオーディオ:標準9インチ、10インチメーカーオプション
・指紋認証標準


■GX 予想価格:530万円
・エンジン:V6ガソリンターボ7人乗り
・駆動系:スタビライザー=ノーマル、ディファレンシャル=F:ノーマル、R:標準ノーマル、デフロックはメーカーオプション
・アルミホイール:18インチ
・ヘッドランプ:LED
・グリル&バンパー:メッキ、外板色共色
・バックドア:標準=一枚ドア、パワーバックドア+キックセンサーはメーカーオプション
・ディスプレイオーディオ:標準9インチ、10インチメーカーオプション
・指紋認証なし

1000万円のGR-S新設定! 新型ランクル300、レクサスLX今わかっていることすべて
10速ATを組み合わされる3.5L、V6ツインターボエンジン。写真はLS500のもの(422ps/61.2kgm)

 ラインナップは、GR-Sと最上級のZXに、V6ガソリンターボとディーゼルターボの両方が用意され、VX、AX、GXはV6ガソリンターボが用意される。

 グレードによる外観や装備の違いはLEDヘッドランプが全車共通だがZXはシーケンシャルターンランプが付く。グリル&バンパーはGR-SとZXがそれぞれ専用の意匠で、ほかの3グレードは共通のメッキ外板色と3つの顔に分けている。

 オフロード走行の肝になる4WD性能も進化。ディファレンシャルはリアデフロックに加えて、フロントデフロックを標準装備。

 電子制御により前後のサスペンションのスタビライザーを制御し、路面状況に応じてスタビライザー効果を変化させることでオフロードでの走破性と乗り心地と安全性を両立させた、世界初のE-KDSSはGR-Sに標準装備される。

 最上級グレードのZXには、電子制御でショックアブソーバの減衰力を路面状況などに応じて調整し、コーナリングのロールや荒れた路面などでもフラットな乗り心地を実現する、リニアソレイドAVSと、車両統合制御システム(VDIM)を採用。

 シート配列は、現行モデルは3列シート8人乗りと2列シート5人乗りの組み合わせであったが、新型では3列シート8人乗りがなくなり、3列シートはすべて7人乗りになる。

 2列目が従来の3人掛けベンチシートから2人掛けのより上級感のあるキャプテンシートに切り替えるためである。

 3列目のシートの格納方法は、現行の跳ね上げ式からフロアへ格納する方法に変更され、荷室は70Lのキャリアケースが5個格納可能。3列目シートは幅が990mmで25mm拡大し、フラットな荷室空間を実現する。

 安心、安全パッケージの「トヨタセーフティセンス」はアルファード、クラウン以上の最新デバイスを標準装備する。またパノラミックビューモニター、ブラインドスポットモニター、インテリジェントクリアランスソナーを全車標準装備。

 ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャインをはじめ、プレシャスホワイト、グレーメタリック、ブラックメタリック、ダークレッドマイカメタリック、アヴァンギャルドブロンズメタリックの6色でグレードによって設定を分ける。

 車両本体価格は現行ランドクルーザー200の482万6800~697万4000円からおよそ50万~100万円アップの530万~850万円程度が予想される。新たに加わるGR-Sは1000万円弱になる見込み。

1000万円のGR-S新設定! 新型ランクル300、レクサスLX今わかっていることすべて
テールランプも直線基調のデザインとなるようだ。このCGイラストもリークされた写真に近い(CGイラストはベストカーが製作したもの)

次ページは : 新型レクサスLXはどうなる?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ