エクストレイル&セレナ e-POWERに一本化? ヴェゼル好調!! 業界最新情報取って出し!!!


■今秋投入の次期型エクストレイルもe-POWER車へ一本化???

 日産は今秋の9月にもエクストレイルのフルモデルチェンジを実施する方向でスケジュール調整を進めています。

 三菱自動車の次期型アウトランダーとプラットフォーム&基本コンポーネントを共用する姉妹車として開発を進めていると言われています。

 気になるのはパワーユニットです。現行は2LガソリンNAと2Lの1モーター2クラッチ方式のストロングハイブリッドですが、ストロングハイブリッドは1.2Lのe-POWERに置き換わることは間違いなさそうです。

 2LガソリンNAはセレナに搭載しているマイルドハイブリッドに切り替えられるというのが濃厚ですが、日産の販売店筋によると、「ストロングハイブリッド同様にマイルドハイブリッドも廃止になる可能性がある」といいます。

 つまりこちらもノートやキックス同様にe-POWERに一本化される見込みです。

 1年後あたりには三菱自動車からPHEVのユニット供給を受けるので、将来的にはこれらふたつのパワーユニット態勢で仕立てられることになります。

 ほかのモデルと異なる新型エクストレイル独自の制御技術のe-POWERが使われているようです。

上海モーターショーで披露された新型エクストレイル

■新型ヴェゼル好調! 納期が早くも7月以降にずれ込む!

 ホンダは新型ヴェゼルを4月23日に発売しました。3月上旬に開始した先行予約が好調で、納期は立ち上がり時に5月下旬だったのが、直近では7月以降にずれ込んでいます。

 初期先行予約分の80%以上がハイブリッド車で、大半は上級グレードのZとなっているようです。

 ボディと同色のフロントグリルが新型の特徴ですが、好き嫌いのはっきりするマスクであり、これに代えて従来タイプのブラックのグリルをオプションで希望するユーザーもかなりいるようです。

 1.9%の超低金利残価設定クレジット利用者が大半を占めています。

 一部に伝えられている姉妹車モデルの投入についての情報は販売店筋にはまだほとんど流れていない状況です。

 ホンダは今夏に新型シビックを発売しますが、量販が期待できるのはこの新型ヴェゼルのみであり、販売店ではこちらに絞った販売促進攻勢をかけつつあります。

発表当初は物議を醸したエクステリアも「見慣れてみるといい」という声が出てきだした。このまま波にのれるか!?

次ページは : ■ダイハツが軽自動車ラインナップの再編を断行!ムーヴまさかの生産中止!!?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ