レクサスLFA 生産開始10年!!! 伝説の国産V10スポーツは販売も超別格だった!!?


 2010年12月から2年間、限定500台のスーパーカーとして生産されたのがLFAだ。販売終了した現在でも、レクサスのウェブサイトには、LFAを紹介するページが残されている。LFAは、レクサスのスポーツモデル「F」の頂点に君臨するクルマである。

 レクサス販売店にとって、高額な500台(日本国内165台)限定車の取り扱いは、一大イベントであった。LFAは、レクサス販売店にどのように受け止められたのか、販売時や販売後には、どのようなことが起こったのだろうか。レクサス販売店で営業活動に従事していた筆者が、LFAにまつわる話を紹介していく。

文/佐々木亘 写真/LEXUS

【画像ギャラリー】今から10年前、レクサスが世に送り出した伝説のスーパーカー LFAを見る


■LFAは「触れるのに覚悟がいるクルマ」

LS600hLの1510万円を上回る3750万円から販売されたレクサス LFA

 当時、レクサスラインナップのなかで最高額のクルマは、1510万円のLS600hL後席セパレートパッケージだった。

 LFAは、これを大きく上回る3750万円(ニュルブルクリンクパッケージは4450万円)。これほど高額なクルマは、誰も扱った経験がない。注文を受けるにも、クルマを納めるにも、営業マンにとっては初めてづくしの活動になる。

 LFAを購入するための予約期間は、2009年10月21日のお披露目から、半年間の予定だった。しかし、購入希望者が多く、半年を予定していた予約期間は4か月で締め切られる。2010年4月に抽選を行い、国内でLFAを手にするオーナーが決められた。

 筆者がLFAに初めて触れたのは、レクサスの新規配属者研修の時である。富士スピードウェイ内にある「富士レクサスカレッジ」には、当時真っ赤なLFAが展示してあった。スーパーカーとしてのオーラは感じたが、あまりに身近すぎて凄みを感じるほどではなかったのを覚えている。

 しかし、実際に販売店で点検整備を受けるLFAを目にしたとき、筆者はLFAに圧倒された。

 展示車両とは違い、実際のオーナーが所有するLFAは、もはや触れることの許されない、結界を纏っているように見えたのだ。販売店内で点検整備のために、クルマを動かす際も、店全体に緊張が走る。LFAの乾いた咆哮が聞こえるたびに、背筋が伸びた。

 レクサススタッフにとってLFAは、神々しさをも感じられる、特別なクルマである。

■特別な商談のために専用ミニカーも用意

点検整備のためにクルマを動かす時も、店全体に緊張が走るほどのオーラに包まれた車だった

 LFAは販売方法も特別である。特にレクサスの旗艦店、レクサス高輪では、車両仕様を決める打ち合わせを、LFA専用の商談ルームでおこなっていた。打ち合わせ後には食事を振舞い、その後は試乗、そして契約書への捺印が行われる。

 ボディカラーは標準色が10色でオプション色が20色、ステアリンググリップやシート、ドアトリムやセンターコンソールは各12色、ホイールは3種類、ブレーキキャリパーは6色など、内外装の組み合わせだけで、途方もない数の組み合わせになる。

 まさに、世界に一つだけのLFAを作るべく、綿密な打ち合わせが続けられるわけだが、仕様が決まるまでには頭を悩ませるオーナーも多かったことだろう。注文書に記載された色や素材に間違いがないか、販売店でも入念な確認作業がおこなわれた。

 通常のラインナップでも、内外装の仕様を決める際には、ラインナップごとに用意された、シート表皮やオーナメントパネルのサンプルを使用する。レクサスの商談では、実際の素材に触れてもらいながら、クルマの仕様を決めていくのが常だ。

 しかし、LFAではさらに上をいく。レクサス高輪では、1/6の精巧に作られたミニカーが準備された。これは、プラモデルのように、シートやブレーキキャリパーなどは取り外すことができ、オーダー通りに組み上げると、その場でクルマの完成イメージを見ることができる。

 LFAは、車両本体だけでなく、商談や打ち合わせにも、特別なこだわりを感じるクルマだった。

次ページは : ■レクサスが世界で存在感を示すためにいまLFAが「必要」

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ