欧州では合法の国も!! 路上駐車は日本でも認められるべき? 15年前に激減した訳


 緊急事態宣言下で公営駐車場のほとんどが閉鎖状態となっているため、最近は路上駐車する車両を多く見かけるようになった。しかし都市部では、交通巡視員はもちろん、民間の違法駐車監視員などが目を光らせており、長時間路上駐車をすることは難しくなっている。

 欧州では路上駐車が法的に認められている国もあるなか、日本では逆に、約15年前にその規制が厳しくなっている。

 では、現在の状況を鑑みて、日本でも路上駐車は認められるべきか? 欧州と日本の状況を比べながらその是非を考えてみたい。

文/清水草一 写真/フォッケウルフ メイン写真/Satoshi-Stock.Adobe.com

【画像ギャラリー】欧州では合法の国も!! 路上駐車は日本でも認められるべき? 15年前に激減した訳


■日本の路上から違法駐車が「消えた」理由

2006年5月まで、日本は違法駐車天国だった!?

 今から15年前の2006年6月1日。道路交通法が改正・施行され、現在の民間委託を含めた違法駐車取り締まりが始まった。

 それまでの日本は、言わば違法駐車天国。駐禁取り締まりは、警察官による現認に依っており、何分間駐車したかタイヤと路面にチョークで印と時間を書き込むなど、煩雑な手順が必要。人手不足もあって、実際に取り締まりを受ける確率は低かった。

 運悪く取り締まりさえ受けなければ停め得だったから、都市部の道路は駐車車両がビッシリ並び、交通渋滞の原因になっていた。

 その状況が、2006年6月1日を境にガラッと変わった。業務委託された交通監視員は、違法駐車の現場を写真に撮り、黄色い駐禁ステッカーをクルマに貼れば、その時点で摘発完了。手続きは猛烈に迅速になった。

06年の道交法改正によって状況が激変した。写真は激変直後の青山通り

 逆にドライバー側は、反則金さえ納めれば、出頭なし・反則点数加算もなしでオッケーとはなったが、なにしろ摘発される確率がケタ外れに上昇した。

 以前が1%程度だったとすると、この日以降、たとえば都内の幹線道路に止めて10分もクルマから離れれば、やられる確率は数十倍になった。運転者がクルマに乗っていれば摘発されないので、乗ったまま路肩に停めているクルマはそれなりにいるが、クルマから離れられないので、長時間止めるケースは少ない。

 とにもかくにも、あの日から、ニッポンの路上から駐車車両がほぼ消滅した! これは世界的に見ても特異な風景である。

■欧州では違法駐車の取り締まりが少ない?

欧米では、路駐が公認されている道路が多い

 欧米では、路肩や副道(大通りの外側に設置された通路)が、公的に認められた駐車スペースになっている。国や都市によって異なるが、駐車場を借りず、路上駐車で自家用車を保管することもできる。

 そのぶん、大都市の中心部では、どこも場所の取り合いは厳しく、なかでもパリでは、少しでもすき間があると無理矢理ねじこみ、パンパーで前後のクルマを物理的に押して、自分のスペースを広げるのが名物だ。

 そのためヨーロッパの都市部では、狭いすき間に止められる全長の短いクルマが重宝され、スマートやiQも、そのニーズから誕生した。路上駐車はカーライフの重要な一幕で、そこで数多くのドラマも生まれてきた。

イタリアの街角で見かけたトヨタiQも、駐車スペース確保に執念を燃やす

 欧米でも、違法駐車の取り締まりは厳しいが、なにしろ駐車禁止場所が限定されている。逆に日本は、駐車が禁止されていない道路などほとんどない。

 欧米では最初から、かなり多くの路肩が駐車スペースになっているが、日本には最初からそういう設計がなく、ほんの一部にパーキングメーターが設置されているだけ。その他の道路はほぼ全面駐車禁止なのだから、実に極端である。

次ページは : ■取り締まり強化の功罪