サーキット走行のハードルが檄下がり!! 最新シェアサービス「HC SHARING」


 クルマの性能を存分に引き出せるサーキット走行は、クルマ趣味の王道のひとつ。自分でも挑戦してみたいと思うクルマ好きも、きっと多いはずだ。しかしながら、サーキット走行を楽しむには、安全装備やメンテナンスなどの多額のコストが必要となる。

 また愛車がサーキット走行に適さないというケースもあるだろう。とにかく、誰にも気軽にとはいえず、多くの人にとってはハードルが高いという現実がある。

 そんな常識を打ち破るシェアカーサービス「HC SHARING(エイチシーシェアリング)」が誕生。なんと月額会費と利用時の費用の負担だけで、サーキット走行が楽しめるのだ。

 しかも、シェアカーに使われるのは、人気FRスポーツカーの「トヨタ86」だ。気になる料金自体も、かなりリーズナブルなのだ。この画期的なシェアカーサービスを実際に利用してみて、その魅力に迫った。

文・写真/大音安弘

【画像ギャラリー】最新カーシェアサービス「HC SHARING」を実際に体験してみた! 画像はコチラ


■サーキット専用のシェアカーが誕生!

サーキット走行のハードルが檄下がり!! 最新シェアサービス「HC SHARING」
「HCシェアリング」の公式サイト

HCシェアリング公式サイト

 一般的にサーキット走行を楽しむには、サーキット走行に適した愛車に加え、安全装備の装着が必須。さらに走行毎に、ハイグリップタイヤやオイル、サーキット用ブレーキパッドなどの部品代と整備費に加え、当日のサーキット走行料なども必要となる。

 これらの費用は、決して安いものではないため、サーキット走行は限られた人の楽しみとなっているのが現実だ。

 そのハードルを下げることで多くの人に、クルマの自在に走らせる喜びを知って欲しいと挑んだのが、HCギャラリー代表の佐野順平さんだ。自身も、大のクルマ好きでサーキット走行やレースを経験し、モータースポーツの魅力も良く知っている。

 その一方で、モータースポーツやサーキット走行へのハードルの高さを実感しており、もっと多くの人、特に若い人にサーキット走行を楽しむ機会を提供できないかと考えたのが、このシェアカーサービスなのだ。

■価格破壊といっても加減ではない!?

 シェアカーの費用は、月額3,300円の管理費と利用毎のサーキット走行整備費のみ。例えば、富士スピードウェイで30分間のスポーツ走行を楽しむ場合、整備費とタイヤ負担分の17.000円+FSWスポーツ走行枠走行料金の6,600円の計3万円以下で済んでしまうというというから驚きだ。

 しかし、それでもサーキット走行となれば、アクシデントの心配もある。しかも他の走行車による原因による事故であっても、サーキットは全て自己責任。負った損害は、全て自身で負担しなくてはならない。もちろん、通常の車両保険では適用外となる。

 そこでHCシェアリングでは、もしものアクシデントに備え、免責保険制度も用意。わずかな負担金で、どんな事故でも車両の修理費を最大20万円の免責負担のみとした。

サーキット走行のハードルが檄下がり!! 最新シェアサービス「HC SHARING」
サーキット走行に適した、安全装備が施された車両が貸し出されるので安心。ドラテクの向上にもピッタリ

 サーキット走行のためのシェアカーで、高額な負担の可能性もある車両修理費を抑えたというのは、かなり画期的。これもサーキットへのハードルをぐっと下げるためのHCシェアリングの「こだわり」のひとつなのだ。

次ページは : ■新車同様の86がシェアカーに

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ