『頭文字D』名勝負列伝06 どちらのエンジンが上か!! ハチロク対ハチロク編


 クルママンガの金字塔、『頭文字D』(しげの秀一著)を彩る名勝負を紹介していく本連載、今回は、ハチロク同士が争う注目のバトルを紹介します。

 主人公の愛車がエンジン載せ替え! という号外的ニュースに、チューニングの方向性が真逆な2台の勝負、さらに親友・イツキの恋までもが、同時進行しながら複雑に絡み合い、最後にまとめてすべての決着がつくという、韓国ドラマもビックリの「ザ・ドラマ」を紹介しよう。
(第13巻 Vol.134「彩の国 埼玉(意味不明)」~Vol.143「予期せぬ幕切れ!!」より)。
文:安藤修也 マンガ:しげの秀一

■連載第1回 激闘の「vs.RX-7(FD3S)編
■連載第2回 ハンデ戦「vs.シビック(EG6)編」
■連載第3回 至高の存在「vs.RX-7(FC3D)編」
■連載第4回 因縁の「vs.ランエボIV編」
■連載第5回 高橋涼介大活躍 「RX-7対ランエボIII編」

【登場車種】

■先行:トヨタ・カローラレビン(AE86型)
→ドライバーは秋山渉。お、今度のライバルはルックスも中身も素敵なお兄さんかぁ……と思いきや、愛するハチロクのこととなると「ちょ、待てよ!」と言わずにはいられないタイプ。愛車のレビンはターボチューンで280馬力(連載当時の国産自主規制値!)を発揮し、「群馬エリアにはオレが探してる何かが確実にある……!!」と、見えない力に引き寄せられて群馬に来た

■後追い:トヨタ・スプリンタートレノ(AE86型)
→ドライバーは藤原拓海。先だって行われたランエボⅣとのバトルでエンジンをぶち壊してしまい、涙にくれた。父・文太の手により、ついに新エンジンが搭載されたものの、「乗りにくい」「パワーがない」と走る前からネガティブ発言を連発し、先行き不安……。

【バトルまでのあらすじ】

 愛車ハチロクの新エンジンの正体が掴めずに悶々としていた拓海だが、渉から「こいつは本格的なレース用のエンジン」、「回転を上げて馬力を絞り出す高回転型のエンジンなんだ」と丁寧なご解説をいただく。結果、「運転の技術がすごくても……おまえには走り屋として大事なものがポッカリと欠けているぜ!」と渉の怒りを買う羽目に(笑)。どうも渉さん、拓海の神業テクニックの片鱗を目の当たりにして頭に血が昇っちゃた様子だ。

 早速、高回転用のタコメーター(回転計)をつけることにした拓海だが、実質、取付作業をしてくれた池谷先輩(←超いいヤツ)から、「上限の回転数を把握してなけりゃエンジンを壊す」とトラウマを突きつけられる。意を決した拓海の表情を見た文太はひと言、「一万一千回転までキッチリ回せ!!」。全読者が文太の親心に感涙させられた名シーンである。準備が整ったところで、はるばる埼玉までエンヤコラ。

次ページは : 【バトル考察】

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ