トーヨータイヤが挑む2度目の「ニュル24時間」! 今年こそ表彰台をゲットだぜ!


 トーヨータイヤは、「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」(2021年6月5~6日/ドイツ)に今年も挑戦する。10年ぶりに復帰した昨年に引き続き、コロナ禍での開催となる本レース。

 思うように戦えない状況は前回同様だが、前哨戦である「2021年ニュルブルクリンク耐久シリーズ(ドイツ)」では、トーヨータイヤがサポートするTOYOTAスープラGT4が第2戦でクラス2位入賞、レクサス RC Fが第3戦でクラス優勝するなど、幸先の良い成績を残しており、表彰台への期待は高い!

文/ベストカー編集部 写真/TOYOタイヤ

【画像ギャラリー】難攻不落のニュルに挑め TOYOタイヤが挑むニュル24時間


前哨戦では優勝&2位入賞! 期待が高まるニュル24時間!

「ニュルブルクリンク耐久シリーズ(ドイツ)」第3戦でクラス優勝したレクサスRC F

 トーヨータイヤは、世界で最も過酷な耐久レースのひとつといわれる「ニュルブルクリンク24時間耐久レース(正式名称:49th ADAC TOTAL 24h-Rennen)」に参戦する。昨年、10年ぶりに本レースに復帰したトーヨータイヤ。着実にデータを蓄積し、挑む今年のニュル24時間レース。NOVELレーシング(岐阜県)×Ringレーシング(ドイツ)とジョイントしたチーム「Novel Racing with TOYO TIRES & Ring Racing」での挑戦だ。

 同体制で挑んだ昨年は、SP10クラスに参戦した37号車GRスープラGT4がクラス3位/総合39位でフィニッシュするも、すべてのドライバーが15周を周回していないことから完走扱いとならず、54号車レクサス RC Fは残り4時間30分で戦線離脱、リタイアとなった。

「ニュルブルクリンク耐久シリーズ(ドイツ)」第2戦でクラス2位をゲットしたTOYOTAスープラGT4

 トーヨータイヤがモータースポーツ活動を行うのは、過酷な条件下での走行から得られるデータや経験を商品開発に活用し、高品質、高機能なタイヤづくりに生かすため。

 とはいえ、レースである以上、勝つことが至上命題だ。ニュル24時間レースの前哨戦にあたる、2021年度「ニュルブルクリンク耐久シリーズ(ドイツ)」において、トーヨータイヤがサポートするTOYOTAスープラGT4が第2戦でクラス2位に、レクサスRC Fが第3戦でクラス1位に入賞するなど、ニュル24時間レースにおいても表彰台が期待される。

「ニュルブルクリンク」ってなに?

「ニュルブルクリンク」は、ドイツ北西部、ライラント・プファルツ州ニュルブルクにある全長約25kmのサーキットコースのこと。GPコースと呼ばれる通常コースと300mの高低差に加えて170ヵ所を超える変化に富んだコーナーが出現する北コース(ノルドシュライフェ)で構成され、山間部特有の急な天候変化に見舞われやすい世界有数の難関コースとしても有名。

 メーカーの開発テストがよく行われているのも、この過酷さゆえ、自動車やタイヤの総合的な性能を追求する場として活用されているからだ。そんなコースを24時間走り続ける本レース。いかに過酷かが想像できるだろう。

次ページは : 「Novel Racing with TOYO TIRES & Ring Racing」のチーム体制はこちら!